【韓国現地レポ】韓国男子もハマった韓国ドラマ「梨泰院クラス」のメイン撮影地・梨泰院を歩こう!

梨泰院クラスといえば陸橋から見えるソウルタワーのこちらの眺め!

【韓国現地レポ】韓国男子もハマった韓国ドラマ「梨泰院クラス」のメイン撮影地・梨泰院を歩こう!

韓国料理 韓国 散歩 ロケ地 ドラマのロケ地 ロケ地巡り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2020年の韓国ドラマで1番人気を誇ったパク・ソジュン主演の「梨泰院クラス」。日本でもネットフリックスで数か月上位にランクインしていたほどの人気ドラマですが、舞台となったのはソウルの中心地にある多国籍エリアとして知られる梨泰院(イテウォン)。外国人が多く、人気の観光地ですが、ドラマの中で何度も出てきた街並み、路地裏などが梨泰院をお散歩しながら見て回れます!ということで、今日は、梨泰院エリアのロケ地巡りをお散歩でご紹介していきましょう。

Summary

梨泰院クラスとは?

2020年1月から韓国のケーブルテレビJTBCにて放送された韓国ドラマ「梨泰院クラス」は、韓国女子だけではなく、韓国男子もハマったドラマとして大ヒットしました!
韓国男子にも受けた理由は、恋愛だけにとどまらず、主人公パク・ソジュンの飲食店業界でのサクセスストーリーだったから。不況の韓国でも逆境に負けず、這い上がっていく姿は誰もが自分を重ねたといわれています。
ドラマのロケはドラマのタイトルにもなっている梨泰院で撮影されていて、その撮影地はドラマが終了した今でもたくさんの観光客が訪れています。
また梨泰院クラスの原作は、2017年にウェブ漫画として連載されていたチョ・グァンジンの作品。
日本でも人気のパク・ソジュンが主人公を演じていますが、このドラマで彼のファンになった!という方も多いのではないでしょうか?

地下鉄6号線梨泰院駅を降りてすぐ主人公のセロイとイソがデートしてセルカを撮影した場所

1番出口を降りて数分、ハミルトンホテルの裏通りに入っていくと、小さい路地が並びます。この路地にあるのが、セロイとイソがデートして写真を撮った撮影ポイントです。写真の右側の羽に背中を当ててイソが写真を撮っていた場面、思い出しませんか?

パク・ソジュンの最初のお店「タンバム」は実在する!

梨泰院駅からそのまま道なりにノクサピョン(緑莎坪)駅に向かって大通りを約5分ほど進み、緩やかな坂道を上がっていくと、右手にドラマの中で最初にパク・ソジュンが経営していた「タンバム」のお店が見えてきます。現在も営業していますが、ドラマとは関係ないようです。

イソが絡まれた公衆トイレもありました!

上のお店の真下。坂道を上がらないで進むと、ドラマの中でイソが男性に絡まれた公衆トイレもあります。現在は、少しきれいにリニューアルされてしまい、残念ながらドラマで出てきたトイレとはデザインがちょっと変わっていました。

パク・ソジュンさんのサイン♪

先ほど紹介した「タンバム」を背に進んでいくと、GS25という韓国ではお馴染みのコンビニがあります。この店先には、ドラマ撮影中に何度も訪れたパク・ソジュンさんの直筆サインが飾ってありますよ。ファンの方は必見です!

歩いているだけでロケ地に出会えるのが梨泰院エリア

引き続き坂道をゆっくり道なりに歩いていくと、ドラマで何度も登場した路地などを見つけることができます。数十メートルの路地にいくつものあるので、見逃さないようにゆっくり歩いて進んでください。

セロとスアのキスを邪魔した路地
セロイとスアのキスを邪魔した路地
イソがクラブから出てきて歩くシーン
イソがクラブから出てきて歩くシーン

写真スポットとしても有名な梨泰院クラスのベスト撮影スポット!

大通りを左手にしてそのまま坂道を上がると、左側に陸橋につながるようになっています。こちらの陸橋からの景色がベスト撮影スポットといわれている場所。何度もドラマで登場していて、ソウルで成功していく主人公の気持ちを象徴的に表している景色のようです。昼間もオススメですが、ソウルタワーがきれいにライトアップされる夜が特にオススメです。

地下鉄6号線の梨泰院駅を出発して、陸橋までの緑莎坪駅までゆっくり徒歩で歩いたり、立ち止まっても、約30~40分程度。ドラマが大好きだった方はもちろん、ソウルらしい景色が楽しめるコースになっているので、観光地巡りのコースとして回ってみるのもオススメです。


Text: Left to Right
Photo: Left to Right

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください