鳴門鯛

徳島で絶対食べたい!ご当地グルメ8選。海鮮から個性派グルメまでラインナップ♪

徳島県 ご当地 ご当地グルメ 食・グルメ ラーメン スイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

うず潮で有名な鳴門海峡の激流にもまれ、引き締まった身が特徴の鳴門鯛をはじめ、全国に熱狂的なファンも多い徳島ラーメン、秘境の地・祖谷の郷土料理など、ここでしか味わえない絶品グルメを代表店とともにご紹介します。海鮮料理からご当地麺まで揃っているので、ぜひ、旅の参考にしてみてください!

Summary

プリップリの引き締まった身が特徴の『鳴門鯛』

味処あらし

全国的な知名度を誇るブランド食材・鳴門鯛は、鳴門海峡の激しい激流にもまれることで身が引き締まり、旨みが増します。一年中漁獲はありますが、3~4月と9~11月が旬で、春は桜鯛、秋は紅葉鯛とよばれさらに美味!

味処あらし

注文を受けると生け簀から引き上げて捌くピチピチの鳴門鯛が味わえる『味処あらし』。こちらでは、「天然鳴門鯛刺身定食」2310円や「鯛めし」1320円などの鳴門鯛を使ったメニュー以外にも、鳴門近海や瀬戸内海の地魚を使った定食も充実しており、四季折々の活魚料理が堪能できます。

■味処あらし(あじどころあらし)
住所:鳴門市撫養町大桑島北ノ浜51-1
TEL:088-686-0005
営業時間:11~21時
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)
駐車場:13台
アクセス:JR鳴門駅から車で5分

特徴的な茶色い醬油豚骨スープがクセになる『徳島ラーメン』

中華そば いのたに

戦後に屋台で出された、白濁系スープのラーメンが徳島ラーメンのはじまり。こってりと濃厚な味わいの醤油豚骨のスープは茶系が多いが、黄系・白系の店舗も。トッピングは甘辛く味付けされた豚バラ肉が定番です。濃厚スープとの相性抜群の生卵を絡めて食べてみて♪

中華そば いのたに
「中華そば 肉・ヨード卵入り(大)」850円

新横浜ラーメン博物館への出店により、徳島ラーメンが全国区に知れ渡るきっかけとなった名店『中華そば いのたに 大工町本店』。創業当時から続くモチっとコシのある中細ストレート麺に茶色い甘辛のスープがよく絡み、ヨード卵と濃い目に味付けされた豚バラ肉のトッピングがよく合います。

■中華そば いのたに 大工町本店(ちゅうかそばいのたに だいくまちほんてん)
住所:徳島市西大工町4-25
TEL:088-653-1482
営業時間:10時30分~17時(売切れ次第終了)
定休日:月曜
駐車場:35台
アクセス:JR徳島駅から徒歩15分

徳島タウンで食べられるブランド地鶏『阿波尾鶏』

鳥巣亭

徳島県産のシャモ系地鶏と優良肉鶏を掛け合わせ、80日以上かけて飼育した阿波尾鶏は、適度な弾力の肉質が特徴。低脂肪ながら味わい深く、カリっと焼いたり、親子丼などに使用したりとさまざまな調理法で楽しめます。

鳥巣亭

焼き鳥を中心に刺身や鍋物など多彩な阿波尾鶏のメニューが味わえる鶏料理専門店『鳥巣亭』。こちらの「阿波尾鶏のもも焼き」1000円は、鶏本来の味を引き立てるため味付けはシンプルに塩とコショウのみ。まく(横隔膜)や内軟骨などの希少部位が登場することも。

■鳥巣亭(とすて)
住所:徳島市両国本町2-18
TEL:088-652-1773
営業時間:11時30分~13時、17~22時(昼は平日のみ営業)
定休日:日曜
駐車場:なし
アクセス:JR徳島駅から徒歩7分

お好み焼に金時豆!?徳島県民のソウルフード『まめ玉』

ニュー白馬

徳島でお好み焼のトッピングといえば甘い金時豆が定番です。意外な組み合わせのように感じますが、ホクホクの食感がお好み焼にベストマッチ!目の前でスタッフが焼き上げてくれる臨場感のあるお店もあるので、アツアツを召し上がれ♪

ニュー白馬

JR徳島駅から徒歩5分の場所にある『ニュー白馬』は、ホクホクの自家製金時豆がたっぷりと入った「まめ玉」590円が人気。ほかにも「鳴門金時のお好み焼」850円など、地元食材を使ったオリジナルのメニューが揃っています。

■ニュー白馬(にゅーはくば)
住所:徳島市一番町1-13
TEL:088-623-2251
営業時間:月・火・金・土曜は11~14時、17~21時、木曜は17~21時、日曜、祝日は11~15時、17~21時
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)
駐車場:なし
アクセス:JR徳島駅から徒歩5分

シンプルながら飽きのこない味わいの『鳴ちゅるうどん』

大井食堂

鳴門エリアのご当地麺で、太さが不揃いな細めの麺が特徴です。やさしい味わいのだしに、刻み揚げとネギをトッピング。短くやわらかい麺とあっさりとしただしがどこか懐かしく、大人から子どもまで“ちゅるちゅる”と食べやすくなっています。

大井食堂

創業100年以上の老舗店『大井食堂』は、歴史を感じるレトロな雰囲気が魅力。メニューは「うどん」400円と、玉子入りとちくわ入りの基本3種類のみで、毎朝4時から仕込む細めの手打ち麺はのど越し最高!

■大井食堂(おおいしょくどう)
住所:鳴門市撫養町南浜東浜603
TEL:088-686-4079
営業時間:10時~13時30分(売切れ次第終了)
定休日:不定休
駐車場:5台
アクセス:JR鳴門駅から徒歩5分

甘みも強く味も濃い、スイーツにぴったりの『なると金時』

テラスカフェ オーゲ

「なると金時」は、ミネラルを多く含む良質な海砂で育つサツマイモで、強い甘みとほっくり食感がポイント。表皮が鮮やかな紅色で、料理の素材にはもちろん、スイーツにしても一級品です。もちろんそのままでもおいしく、おみやげにも好評です。

テラスカフェ オーゲ

鳴門市のシーサイドホテル・アオアヲ ナルト リゾート内にある『テラスカフェ オーゲ』は、全面ガラス張りの開放的な空間が魅力。「鳴門金時タルト」550円などなると金時を使ったオリジナルスイーツをはじめ、地産の限定メニューも豊富に揃っています。

■テラスカフェ オーゲ(てらすかふぇ おーげ)
住所:鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛16-45 アオアヲ ナルト リゾート内
TEL:088-687-2580(アオアヲ ナルト リゾート)
営業時間:9~22時(ランチは11~18時)
定休日:無休
駐車場:200台
アクセス:JR鳴門駅から車で13分

抜群の歯ごたえと磯の香りを堪能できる『鳴門わかめ』

うづ乃家

三陸沖に次いで日本で二番目にワカメの生産量が多いとされる鳴門。鳴門海峡の激しい激流にさらされることでシコシコとした嚙み応えのある食感が生まれ、生でも干して食べても味わい深いのが魅力。

うづ乃家

鳴門公園内の千畳敷展望台が目の前にある『うづ乃家』は、鳴門わかめや鳴門鯛を使ったメニューが豊富にラインナップ。鳴門わかめは、人気の「鳴門わかめの刺身」500円以外にも、サラダやお吸い物なども提供しています。

■うづ乃家(うづのや)
住所:鳴門市鳴門町鳴門公園千畳敷
TEL:088-687-0150
営業時間:10~15時
定休日:不定休
駐車場:バス停鳴門公園駐車場利用200台(1日500円、第一駐車場から無料送迎バスあり)
アクセス:バス停鳴門公園から徒歩5分

つなぎを使わずに打つ秘境の名物料理『祖谷そば』

祖谷そば もみじ亭

平家落人伝説の残る祖谷地区で常食だったといわれる祖谷そばは、祖谷の郷土料理の代表格。祖谷産のそば粉を使い、ほとんどつなぎを使わず打つため、太く少し短い麺で、香り高いのが特徴です。

祖谷そば もみじ亭

築200年の古民家食事処『祖谷そば もみじ亭』。上質のそば粉と祖谷の澄んだ水で手打ちした「祖谷そば 山かけぶっかけ」980円などの祖谷そばメニューのほか、旬の山菜や川魚など地場産の食材を使った料理が味わえます。秋には周辺の見事な紅葉も必見です。

■祖谷そば もみじ亭(いやそば もみじてい)
住所:三好市山城町西宇1468-1 リバーステーションWest-West内
TEL:0883-84-1117(リバーステーションWest-West)
営業時間:11~17時
定休日:無休(12~7月は水曜、祝日の場合は翌日)
駐車場:100台(店舗利用者のみ無料)
アクセス:徳島自動車道井川池田ICから車で30分

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は『るるぶ徳島 鳴門 祖谷渓』に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください