京都「洛中エリア」のおすすめ初詣(2022)北野天満宮、晴明神社など

晴明神社

京都「洛中エリア」のおすすめ初詣(2022)北野天満宮、晴明神社など

年末年始におすすめ 初詣 正月 寺社 ご利益 縁結び
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

北野天満宮、晴明神社など、京都「洛中エリア」で初詣におすすめのスポット7件をご紹介。各寺社の由来や初詣行事、「厄除け、開運、縁結び、商売繁盛…」などの主なご利益、お正月の混雑時間などをチェック。2022年のお正月にお参りしたいスポットを探してみて。※情報確認時期は、2021年11月~12月です。最新情報は各物件へお問い合わせください。

Summary

東寺(教王護国寺)(京都府/京都市南区)

高さ55mの五重塔(国宝)で知られる東寺の正式名は教王護国寺。平安遷都の際に創建された官寺を弘仁14年(823)に空海が嵯峨天皇より賜り、真言密教の根本道場とした。土一揆で伽藍のほとんどを焼失したが、室町末期~江戸初期にかけて再建。南大門(重要文化財)、金堂(国宝)、講堂(重要文化財)、食堂が一直線に並ぶ伽藍配置は創建当時の特徴を残す。講堂には空海の密教思想を表現し、曼荼羅を立体化した21体の仏像が並ぶ。宝物館は3月20日~5月25日と9月20日~11月25日のみ公開。

No Image

初詣期間の情報
開閉門時間5~17時、(御影堂6~17時)。

初詣行事
● 新春特別公開[五重塔初層]/2022年1月1~5日、五重塔8~17時(受付終了16時30分)/拝観料:五重塔・金堂・講堂800円
● 修正会/2022年1月3日13時~/御影堂にて厄除けの御宝印を祈願し参拝者に授ける。500円

  • ご利益:開運招福全般、商売繁盛全般、交通安全全般、学業成就、諸願成就
  • 宗派・ご本尊:東寺真言宗/薬師如来
  • 料金:境内自由(金堂・講堂拝観500円、時期により異なる)、宝物館500円
  • 駐車場:あり/2時間600円、ただし毎月21日は駐車不可/1月1~5日は1時間1000円
  • URL:https://toji.or.jp/

誓願寺(京都府/京都市中京区)

新京極にある飛鳥時代の創建という古刹。もとは奈良にあったが平安遷都で京都へ移り、その後秀吉の区画整理で現在地へ移転した。謡曲『誓願寺』の中で、和泉式部が「歌舞の菩薩」となって現れることから芸道上達祈願のお寺として信仰を集める。また、五十五世住職・安楽庵策伝上人は『醒睡笑[せいすいしょう]』八巻を著したことにより「落語の祖」と称される。門前に「迷子のみちしるべ」と呼ばれる石柱が立つ。

誓願寺

初詣期間の情報
1月1日の参拝は通常通り9~17時。芸道上達のお寺として芸能関係者が多く訪れる。

初詣行事
● 修正会/2022年1月1日0時~/新年最初の法要で人々の隆盛を祈願する

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:芸道上達、恋愛成就
  • 宗派・ご本尊:浄土宗西山深草派/阿弥陀如来
  • 料金:境内自由
  • 駐車場:なし
  • URL:http://www.fukakusa.or.jp/

壬生寺(京都府/京都市中京区)

律宗・壬生寺[りっしゅう みぶでら]は正暦2年(991)に創建された。本尊は延命地蔵菩薩(重文)であり、厄除・開運のご利益が授けられる。700年余の伝統を持つ壬生狂言は、毎年盛大に行われており、庶民大衆の寺として今日に至る。境内にある壬生塚[みぶづか]には、局長・近藤 勇の胸像や、隊士が葬られており、新選組隊士にまつわる逸話も残っている。

壬生寺

初詣期間の情報
1月1日は本堂で、お守、おみくじを授与する。1~3日弁天堂と一夜天神堂の特別開帳ならびに御影札朱印授与。

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:厄除け、延命
  • 宗派・ご本尊:律宗/地蔵菩薩
  • 祭神:一夜天神、弁財天、稲荷大明神
  • 料金:境内自由(壬生塚と壬生寺歴史資料室で300円)
  • 駐車場:なし/近くに民間の有料駐車場あり
  • URL:http://www.mibudera.com/

大報恩寺(千本釈迦堂)(京都府/京都市上京区)

安貞元年(1227)、藤原秀衡の孫である義空上人によって開創され、本尊釈迦如来坐像を安置したことに始まる。正式には大報恩寺というが、創建当初から千本釈迦堂の名で親しまれてきた。応仁の乱で諸堂は焼失したが、残った本堂(国宝)は洛中最古の木造建造物。建造時に夫である棟梁のミスを助けたあと、秘密を守るため自刃した「おかめ伝説」が残り、境内にはおかめ塚やおかめ像がある。霊宝殿には快慶作の十大弟子立像、定慶作の六観音像、千手観音像(いずれも重要文化財)などを安置。12月7・8日の大根焚きは京都の冬の風物詩。※令和3年(2021)の大根焚きは中止。

No Image

初詣期間の情報
ご本尊特別御開扉1月1~3日9~17時、本堂にて。

  • ご利益:開運招福全般、商売繁盛全般、災難除け、厄除け、夫婦和合
  • 宗派・ご本尊:真言宗智山派
  • 料金:境内無料(本堂・霊宝殿600円)
  • 駐車場:あり/特別行事開催時は駐車禁止/年末年始は大型バス3台までは可。無料。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください