京都&大阪へ一人旅…一見さんでも入りやすい穴場バー3選

京都&大阪へ一人旅…一見さんでも入りやすい穴場バー3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
近畿 バー カクテル オリジナルカクテル お酒 ブックカフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都や大阪へ一人旅。旅先での夜は、しっとり一人でお酒を飲むのも風情があってよいですよね。でも、素敵なバーを旅先で見つけるのは難しいもの。今回は、京都や大阪で初めてでも気軽に行けるバーを3軒まとめました。

Summary

“宝物”のような時間を過ごせる祇園のオーセンティックバー

京阪・祇園四条駅から徒歩4分。打ちっ放しのビルの1階、一番奥の扉を開くと現れる落ち着いた空間。京都の有名老舗バー「BAR K6」に8年勤めた大塚さんが、2006年に開いたオーセンティックバー「エル・テソロ」です。

店名の「エル・テソロ」はスペイン語で“宝物”の意味。京都で過ごす一人の時間や大切な人との時間を、宝物のように感じてもらいたいという思いが込められているそう。

祇園という立地やその上質な佇まいから、一見さんやお酒に詳しくない人には、いかにも敷居が高そうに思えますが、「食後の2軒目使いや、夜の甘味処として気軽にどうぞ」と大塚さん。

「エル・テソロ」では、スイーツ好きのマスター・大塚さんがケーキ教室に通って勉強したという自家製スイーツとお酒の新たなマリアージュを提案してくれます。

ポートワイン+シフォンケーキ1500円
ポートワイン+シフォンケーキ1500円

フルーティな香りと甘さで飲みやすいポートワインは、生クリームたっぷりのシフォンケーキに合わせて。三温糖の自然な甘みを感じる生クリームは甘すぎず、ケーキやワインとのバランスが絶妙です。アルコール度数が高いので、お酒に弱い人は飲み過ぎないように注意。

自家製スイーツは毎日3~4種がラインナップ。お酒に詳しくない人は好みのスイーツを選んで、あとは大塚さんにおまかせしてもOK。お酒に詳しくなくても大丈夫!バーを楽しむコツは「好みを伝えること」なのです。

イチゴのフローズンカクテル1500円
イチゴのフローズンカクテル1500円

ラム、生のイチゴ、ライムジュースなどの材料に液体窒素を注ぎ、手早く混ぜて冷やし固めれば、目にも鮮やかなイチゴのフローズンカクテルのできあがり。味はもちろん、演出でも楽しませてくれます。

「お客様に楽しんでもらうため、黒子に徹するのがバーテンダー。ほとんどのお酒を揃えているので、遠慮せずに好みを伝えてください。」と大塚さん。一般的なメニューブックを敢えて置いていないのは、お客さんの希望を聞いた上で、お酒を提案するためなのだとか。バー初体験の人は、ぜひ「エル・テソロ」で素敵なバーデビューを飾ってみて。

■参考記事: 祇園の大人バーは「夜の甘味処」!?お酒にあうスイーツを堪能できます (配信日:2019.01.13)

コンセプトが斬新!リラックスできるアクアリウムバー

大阪・中崎町の商店街「天五中崎商店街(おいでやす通り)」の中でも、ひと際レトロシックな雰囲気で異彩を放つ「近藤熱帯魚店」。窓から漏れる水槽の光があやしげで大人な雰囲気です。

ヒプノトニック 800円
ヒプノトニック 800円

熱帯魚を眺めながらカクテルが楽しめるという、一風変わったコンセプトのこちらのお店。もともと熱帯魚とお酒が好きだったというオーナー・近藤さんが、自宅のようにくつろげるバーを作りたいと、2011年にオープンしました。

水槽で囲まれた店内は、とても幻想的な雰囲気。カウンターの上にも小さな水槽が置かれているので、目の前で熱帯魚たちがたゆたう様子を存分に眺められます。

熱心なアクアリウム好きに愛されるお店ですが、オーナーの「誰にでも気軽に訪れて欲しい」との想いは、雰囲気だけを楽しみたいというお客さんもたくさん引き寄せています。

もちろん、近藤さんが作るカクテルも絶品!材料さえあればメニューにないカクテルにも対応してくれます。軽やかな手さばきを見ながら、できあがるのをゆっくり待ちましょう。

パッソアモーニ 900円
パッソアモーニ 900円

こちらは、パッションフルーツから作られたリキュール「パッソア」をベースに、トニックで割ったロングカクテル「パッソアモーニ」。薄いオレンジ色が水槽の緑に映えています。

ほろ酔い気分で自由に泳ぐ熱帯魚を眺めれば、1日の疲れもどこかへ吹き飛びそう。幻想的な「近藤熱帯魚店」で、癒やしのひと時を過ごしてみては?

■参考記事: 熱帯魚を眺めながらカクテルで乾杯。「近藤熱帯魚店」のコンセプトが斬新 (配信日:2018.10.10)

壁一面にぎっしり本が並ぶ文学カフェ&バー

文学カクテル 各900円
文学カクテル 各900円

大阪・南船場にある文学カフェ&バー「リズール」は、芥川賞作家・玄月(げんげつ)さんがプロデュースするお店。フランス語で“読書人”という意味をもつこの店の特徴は、壁一面にぎっしり並んだ本!
その数は実に2000冊以上。読書好きにはたまらない、小説をイメージしたオリジナルカクテルも豊富です。
オリジナルの「文学カクテル」は、飲みやすく彩りもキレイで、女性客に大人気!写真手前は坂口安吾の短編小説「桜の森の満開の下」、奥は夏目漱石の「吾輩は猫である」をイメージしたもの。

このほかにも、ヘミングウェイの「老人と海」や、中身は飲んでのお楽しみという太宰治の「パンドラの匣」など、小説をイメージした全6種類のカクテルを楽しめます。

原稿用紙を模したメニューも雰囲気抜群!「文学カクテル」のほか、春~夏はイチゴ、秋~冬はリンゴを使った、自家製シロップのオリジナルカクテルも人気です。

さまざまなリキュールが並ぶカウンターの棚にも小説が。マスターの玄月さんにお願いすれば、好きな小説をイメージしたカクテルを作ってもらえるかもしれませんよ。

カウンター席のほか、ゆったりくつろげるソファー席も用意。チャージ不要で、コーヒーや中国茶などのソフトドリンクも豊富なので、お酒が飲めない人も大丈夫!

ぜひ「リズール」で読書とお酒のマリアージュを楽しんでみてください。本好きの方はもちろん、これから読書を趣味にしたいという方にもおすすめのお店です。

■参考記事: 小説好き必見!芥川賞作家がプロデュースする文学バー (配信日:2018.06.24)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 下川友子 下川友子
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • 東原妙子 東原妙子
  • もえのあずき もえのあずき
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ