絶品グルメの宝庫!福岡の「隠れた名物グルメ」が食べられるスポット3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
福岡県 食・グルメ カフェ モーニング ジビエ 肉料理
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

福岡のグルメの定番といえば、もつ鍋や博多ラーメンですよね。旅行に行くと定番のものを食べてしまいがちですが、福岡にはほかにもたくさんグルメがそろってます!今回は定番ではないけど、お洒落で美味しい「隠れた名物グルメ」が味わえるスポットを3つご紹介します。

summary

福岡発の新名物!全26種のカラフルポップなつくね専門店

旧大名小学校向かい、姉妹店「肉菜炭火屋ミヤビ」の2階
旧大名小学校向かい、姉妹店「肉菜炭火屋ミヤビ」の2階

水炊きに焼き鳥など、おいしい鶏料理の宝庫・福岡。中でも、2017年に開店して以来、瞬く間に人気となった新名物をご存知ですか?お店の名は「博多ねりもん屋 つくねスタンダード」、略して“ツクスタ”。色も味わいも異なる、カラフルポップな“つくね”を楽しめる、新感覚の専門店です。

グルメやファッションのトレンドがいち早く集まる、福岡市の中心部・大名。「博多ねりもん屋 つくねスタンダード」は、大名のメインストリート・西通りから一本入った路地の先。よく目を凝らして、その入口を見つけてください。

キィッ、と木の扉を開き、細い階段を上った先には、まるでアトリエのようなスタイリッシュな空間が広がっていました。広々とした空間の中央に据えられた、大きなダイニングテーブル。おしゃれなキューブソファを配したテーブル席が、その周りを囲んでいます。

看板メニューのつくねは、タネ作りから焼き上げまで一つ一つ手仕込み。九州産の地鶏と糸島産の新鮮な卵など、厳選に厳選を重ねた良質な素材のおいしさを封じ込めます。

素材の配合やタネをこねる時間、焼き加減など、あらゆる工程で試行錯誤を重ねて完成したつくね。柔らかくなめらかな口当たりとジュワリとあふれ出る肉汁が何よりの自慢です。あまりに柔らかいため串に刺すことができず、このハンバーグのような形に行き着いたのだとか。

専用の鉄板で焼き上げたら、プレートの上で最終仕上げ。地鶏のおいしさをシンプルに伝える「塩つくね」と「たれつくね」(150円)に加え、ソースや薬味などをとりどりにのせた16種の「創作つくね」(180円〜)、野菜をつくねの生地で包んだ「野菜つくね」(250円〜)など、そのバリエーションは実に多彩です。

1人3~4個をオーダーして、さまざまな味をシェアするのが定番の楽しみ方だそう。「お好み焼きつくね」(220円)や、パクチーソースとフレッシュパクチーをのせた「パクチーつくね」(220円)。中華料理を思わせる「桜海老チリつくね」(240円)、トマトソースとバジルが香る「イタリアンつくね」(200円)などなど。どれも個性豊かで迷います。

噛めば鶏の旨味がジュワ〜ッ! ソースの味わい、薬味の食感や香りも相まって、これはお箸が止まらなくなりそう。「全種類、制覇したい!」というファンが多いのにも納得です。

「釜玉つくね」(390円)のみナンコツ入り。時折弾けるコリッとした歯ざわりもたまらない
「釜玉つくね」(390円)のみナンコツ入り。時折弾けるコリッとした歯ざわりもたまらない

つくねは鉄板で焼き上げられますが、1品だけ異なる調理方法のメニューも。それが、茹で上げたホカホカの状態で提供される「釜玉つくね」です。特製のダシ醤油と濃厚な卵黄がとろりと絡み、こちらも美味。

「ツクスタ秘伝のどぶ漬け唐揚げ」(490円)。この唐揚げだけで専門店が開けそう
「ツクスタ秘伝のどぶ漬け唐揚げ」(490円)。この唐揚げだけで専門店が開けそう

また、つくね専門店といえども、そのほかのメニューも侮れません。こちらは「ふりそで(鶏の肩肉)」と呼ばれる希少な部位を使用する「ツクスタ秘伝のどぶ漬け唐揚げ」。揚げたてを特製の甘辛いタレに“ドブッ”とくぐらせてあり、噛むとサクッ、ジュワッ!こちらもヤミツキです。

「ICEレモンサワー」(左・480円)、「ICEレモンハイボール」(右・650円)
「ICEレモンサワー」(左・480円)、「ICEレモンハイボール」(右・650円)

さらに、料理と一緒に楽しみたいサワー(390円〜)や日本酒のソーダ割り(600円〜)といった、“泡系”のアルコールメニューも豊富にそろいます。人気No.1は、氷の代わりに凍らせたレモンがどっさりと入る「ICEレモンハイボール」や、「ICEレモンサワー」。レモンを残したまま、250円で「2杯目お代わり」ができるのも嬉しい限り。

“ツクスタ”には、まだまだご紹介しきれなかった創作つくねや「鶏そぼろひつまぶし風」といった〆のメニューも盛りだくさん。ぜひ、福岡の新たな鶏料理を楽しんでみてくださいね。

■参考記事: 福岡発の新名物!全26種のカラフルつくねに博多っこが夢中(配信日: 2019.01.18)

福岡美人が集う隠れ家!ヘルシー×ワイルドなジビエ料理

脂肪分は少なく、高タンパクで低カロリー。栄養豊富な上に旨味たっぷりのジビエは、おいしく食べてキレイを目指す女性の味方です。
福岡市の中心部、大名にある隠れ家「Nico Appartement(ニコ・アパルトマン)」は、そんなジビエを使った料理をカジュアルに楽しめるビストロ。山小屋をイメージしたという雰囲気抜群の空間で、“美人の素”とも言われる絶品ジビエメニューを堪能できます。

飲食店やおしゃれなセレクトショップが立ち並ぶ福岡の中心地・大名。古いビルや長屋をリノベーションした個性的な店舗も点在しており、知らなければ通り過ぎてしまいそうな、大名内にある紺屋町通りの一角。「餃子のテムジン」のお隣にある細い路地(長屋の通路)と、赤い看板をお見逃しなく。

人一人通るのがやっとの細い通路。お店に入る前からすでに漂っているディープな空気にワクワクです。そっと店内へ入ると、暖色の照明に照らされた雰囲気のあるカウンター席が目に飛び込んできました。

「またぎの山小屋」をイメージしてデザインしたという空間は、ちょっぴりノスタルジックで、隠れ家ムード満点。

1階はカウンター席、2階はテーブル席となっており、シーンに合わせて利用できるのも嬉しい限り。

このお店は、東京で焼きジビエ専門店「罠」や和食、洋食店などを展開する人気の飲食店グループ「夢屋」が手がけるジビエビストロ。本店の名物料理やレシピはそのままに、都外初出店となる福岡店には、糸島野菜など九州の食材を使ったメニューも並んでいます。

ジビエと聞くとお高いイメージがありますが、ハンターと直接契約し取引することで、安全で上質なジビエを年中一定価格で仕入れることに成功。北海道から九州まで国内で狩猟された多彩なジビエを、1品450円からというお手頃価格で楽しめます。

手前左から時計回りに、蝦夷鹿のサラミ、愛知県青首鴨の燻製、秋田県兎のガランティーヌ、スパイス漬け猪のハム、大分県猪のパテ・ド・カンパーニュ
手前左から時計回りに、蝦夷鹿のサラミ、愛知県青首鴨の燻製、秋田県兎のガランティーヌ、スパイス漬け猪のハム、大分県猪のパテ・ド・カンパーニュ

多彩なメニューに目移りしてしまいますが、 まずは必ず食べておきたい「自家製ジビエシャルキュトリー盛合せ」5点1480円をオーダー。いずれも味わい深く、噛むほどに広がる旨味がたまりません。

中でも鴨は別名「ビューティーミート」と呼ばれ、アンチエイジング効果のある栄養素の宝庫です。豊富なビタミンB群や鉄分は美肌、美髪、美爪効果を発揮。血液をサラサラにする不飽和脂肪酸の含有量も多いことから、デトックスにも一役かってくれるのだとか。

続いては、人気No.1の名物料理「蝦夷鹿もも肉のタルタル」880円。63度で30分の低温加熱調理を施した鹿肉のモモ肉は、実に柔らかく、臭みもなし!赤ワインやエシャロットを加えた特製タレの風味もよく、ワインがぐんぐん進みます。

鹿肉は高タンパク、低脂肪、低コレステロールを誇る優秀選手。吸収率の高いヘム鉄が豊富で、脂肪を減少させる働きのあるというDHA(ドコサヘキサエン酸)も含有しているため、ダイエット中も率先して摂りたい良質なヘルシーミートです。

焼きたての熱々で登場したのは「本日のジビエソーセージ」750円。この日は大分県の猪肉のミンチに猪豚の胃袋などを混ぜ合わせた自家製ソーセージでした。噛むほどにじゅわりと広がる旨味と甘味、胃袋の食感もクセになります。

こちらは、大分県の猪を使った「本日のジビエ スジ煮込み」580円。トマトなどの野菜やキジでとった出汁とともに3時間ほど煮込まれた猪のスジは、熱々のとろっとろ。青唐辛子の辛さも絶妙で、ヤミツキのおいしさです。

猪は、高タンパク・低カロリー・低脂肪な上、皮膚の再生や代謝を助けるビタミンB2を豚の2倍量も含んでいる美肌の素。コラーゲン・ミネラル・コエンザイムQ10といった美肌に欠かせいない栄養素も豊富なのだとか。

「福岡には美人が多い」と言われていますが、おいしい料理も美人の秘訣の一つかも!?ぜひ “美人の素”となる絶品ジビエ料理を満喫してくださいね。

■参考記事: 福岡美人が集う隠れ家!ヘルシー×ワイルドなジビエ料理に夢中(配信日:2018.08.16)

最高な1日をスタートできる!人気カフェのヘルシー&カラフルな朝食

せっかく福岡に訪れたなら、朝食にも力を入れて、最高な1日をスタートしませんか?薬院大通駅から徒歩4分、閑静な住宅街の中にある「Saturday . AND READY(サタデードットアンドレディ)」では、野菜もフルーツもたっぷりなメニューがたくさん!疲れを癒やしてくれると話題のカフェです。

すぐ近くに公園や動物園があり、緑豊かな浄水通り。ナチュラルモダンテイストな店内には、テーブル席とソファ席が用意されています。

モーニングにはトースト、たまごサンド、おにぎりがあり、いずれもスープ、サラダ、コーヒーなどのドリンクがセットになっています。たっぷり野菜を食べたい気分だったので、たまごサンドを注文。

特製たまごサンドセット 780円
特製たまごサンドセット 780円

福岡県朝倉産の新鮮な有精卵を使ったたまごサンドセット。ピンクのスープはじゃがいものポタージュで、ピンク色の正体はビーツ!フレッシュな野菜を使ったスープが味わえます。

サンドにもスープにも、ワンプレートに野菜がたっぷりで、普段のビタミン不足も許されてしまいそう。

キウイとブルーベリー 780円
キウイとブルーベリー 780円

ヘルシーながらボリューミーなモーニングセットですが、もしお腹に余裕があれば、ぜひ味わいたいのがスムージー。フルーツをまるごとフリーズさせてハンドミキサーで砕いたカラフルなスムージーに、「果物そのものの色がこんなに美しいなんて!」と感動してしまいました。

サタデーズレモンケーキ 280円
サタデーズレモンケーキ 280円

人気のレモンケーキはおみやげに。しっとりとした生地の中には、たっぷりのレモンピールが入っていて、頬張ると、甘み、酸味、苦味と次々に変わる味。上にかかったアイシングからもレモン果汁が「これでもか!」と主張してきます。

キャンディみたいなパッケージもかわいいので、手土産にもぴったりのスイーツです。

自家製クッキー200円などのお菓子も店舗で販売
自家製クッキー200円などのお菓子も店舗で販売

店名の「. AND READY」は、フランスの生物学者パスツールが残した名言「幸運の女神は準備されたところにやってくる」からヒントを得て、名づけられました。

訪れる人にとって、「日々の流れにピリオド(ドット)をうち、次への準備を整える最良の場」となるよう、考え抜かれた食と空間を演出しています。

■参考記事: 最高の1日をスタートするには?人気カフェのヘルシー&カラフルな朝食 (配信日: 2018.07.30)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 久野知美 久野知美
  • Masa Masa
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • セレイナアン セレイナアン
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ