アート空間に泊まる!寝るまで飽きないデザインホテル3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
神奈川県 おでかけ ゲストハウス ホテル アート フォトジェニック
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ここ数年、新しいタイプのホテルが続々とオープンしています。そこで、部屋自体がまるでアート作品かのような、デザイン性溢れる神奈川県にあるホテルを厳選してご紹介。思わず自慢したくなるようなインテリアは、旅行の思い出をさらに素敵にしてくれること間違いなしです!

Summary

1万2000冊が自由に読める!読書三昧が叶う箱根のブックホテル

国内外の良書を集めたブックホテル「箱根本箱」が箱根強羅温泉に2018年8月に開業。ここは書籍や雑誌の流通を手掛ける出版取次会社・日本出版販売株式会社(日販)が所有する保養所を全面リノベーションした施設なんです。

エントランスから入ってまず現れるのは、2階吹き抜けの空間にびっしりと本が並ぶラウンジ。館内には衣・食・住・遊・休・知をジャンルとした本が約1万2000冊もあり、すべての本が自由に読めて、気に入ったものは購入できます。

ラウンジの本棚には腰掛けられる一角や、靴を脱いで棚の中に入れるスペースも
ラウンジの本棚には腰掛けられる一角や、靴を脱いで棚の中に入れるスペースも

階にはオーガニックコーヒーやデトックスウォーターがフリーで飲めるコーナーもあり、読書しながら寛げます。

客室は6タイプ18室で、すべての部屋に温泉露天風呂が備わる贅沢な造り。写真は一番広い客室のマウンテンビューコーナースイートです。

テラスにはハンモックがあり、大文字焼で知られる明星ヶ岳や金時山などの箱根外輪山が望めます。清々しい空気の中で読書するなんて最高のひと時!

こちらは全18室中11室あるスタンダードな客室・マウンテンビューツイン。客室ごとに異なるデザインですが、どの部屋もシンプルで機能的に造られています。

本に囲まれて、箱根の名湯もイタリアンも楽しめるなんて、本の虫にはたまらないブックホテル。新しい本に出合って興味の幅を広げるもよし、静かな空間で物思いにふけるもよし、リフレッシュ旅なら箱根本箱がおすすめですよ。

■参考記事:1万2000冊が自由に読める!読書三昧が叶う箱根のブックホテルが誕生(配信日:2018.09.15)

わざわざ泊まってみたい!横浜のデザイナーズホテル

横浜の中心に位置するデザイナーズホテル「HOTEL PLUMM(ホテル プラム)」は、横浜駅より徒歩5分。“奥横浜”と呼ばれる西口エリアに位置し、買い物や観光の拠点として便利なデザインホテルです。正面エントランスの電球看板もスタイリッシュで素敵。

客室は「スイート」、「スタンダード」、「スーペリア」の3タイプ。“泊まる”ことではなく“暮らす”ことをコンセプトに作られた部屋は、動線に沿って家具をレイアウトしているため、想像していたよりも広さを感じます。写真の部屋は、キース・ヘリングのアートが飾られたスタンダードルームのシングル(7000円~/1室)。

広々とした空間が魅力のスーペリアルームツイン(12000円~/1室)は、ニューヨークのペントハウスをイメージしたデザイン。

ブラックとホワイトを基調にした「マンハッタンスイート」(30000円~/1室)は、スタイリッシュでラグジュアリーな空間が魅力。スイートルームは、この部屋のほかにパリをイメージしたシャビーなインテリアの「パレススイート」(30000円~/1室)があります。

すべての客室にはベッドサイドにコンセントを配したり、加湿機能のあるエアコンを導入したり、常にお客様の要望を活かしてリノベーションを繰り返しています。全室シモンズ製ベッドが採用されているのも嬉しい限り。

眺望が自慢のみなとみらいのホテル群とはひと味違う体験ができる「HOTEL PLUMM」。洗練されたおしゃれな空間を楽しめるのはデザイナーズホテルの醍醐味です。横浜でのプチ贅沢なステイの候補に、いかがでしょうか?

■参考記事:わざわざ泊まってみたい!横浜のデザイナーズホテル「HOTEL PLUMM」(配信日:2018.08.19)

泊まるだけで自慢したくなる、芸術すぎる鎌倉のアーティストホテル

鎌倉駅西口から徒歩3分ほど。築80年以上といわれる古民家を改装した、本格アートが堪能できるゲストハウス「Villa Sacra(ヴィラ サクラ)」。日本画家・消しゴムはんこ作家・現代美術家・写真家…。気鋭のアーティスト4名が生み出す新しい芸術空間に泊まることができます。

扉を開けると真っ先に飛び込んでくる豪華絢爛な壁画に、思わず「わぁ~!」と声が出てしまうほど。赤と黒の壁一面に描かれているのは、色鮮やかな不死鳥や牡丹、桜の花々です。
クイーンサイズの天蓋付きベッドに寝転がりながら壁画アートを楽しめるなんて、贅沢の極みですね。

作者は、日本画家の石田紫織氏。これらの壁画は、日本画の技法を使って描かれているのですが、日本画の顔料をそのまま使うと上手く色がのらないということで、特殊な絵の具を使っているのだそうです。

黄金と漆喰の壁面を優雅に飛ぶ鶴たち。実はこれ、消しゴムで作ったはんこをスタンプしたものなんです。
夕暮れを迎えると、和紙のランプシェイドから漏れる穏やかな明かりと相まって、「鶴の間」には幻想的な雰囲気が広がります。

消しゴムはんこ作家・津久井智子氏の作品は、どれも繊細です。近くで見ると、羽の一枚一枚まで実にリアル。障子に押印されたこの松も、やっぱり消しゴムはんこです。

現代美術家の滝沢達史氏プロデュースの「月の間」は、これまでにない異空間。藍色で表現しているのは、夜の闇と雲。そこに書家による書を張り詰めています。これだけの文字に囲まれて落ち着かないかと思いきや、これが結構癒されます。禅をイメージした書に包まれているからなのでしょうか…。
夜になったら、月の形の調光ライトを最大値にしてみてください。闇夜を照らす満月のような雰囲気が堪能できます。

意外にも、宿泊者には日本人も多いのだとか!今回ご紹介した客室のほか、写真家の作品をテーマにしたものや壁がトラ模様の2段ベッドルームもあります。次の鎌倉観光の拠点に、アートなゲストハウスを活用してみるのもありですね!

■Villa Sacra
住所:神奈川県鎌倉市御成町13-29
TEL:0467-22-5311
営業時間:チェックイン 16時 チェックアウト 12時
定休日:無休
料金:1室2名 素泊り1万円~(朝食券付きの場合は、1室2名1万1000円~)

■参考記事:泊まるだけで自慢したくなる、芸術すぎる鎌倉のアーティストホテルへ(配信日:2018.04.20)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • YURIE YURIE
  • 東原妙子 東原妙子
  • 山田茜 山田茜
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 五島夕夏 五島夕夏
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ