注目スイーツを手土産に!都内の絶品お持ち帰りプリン4選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ スイーツ プリン 手土産 テイクアウトフード
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

いま人気急上昇中の注目スイーツ、プリン。ひとえにプリンといっても味や固さはさまざまで、お店ごとにこだわりを感じられますよね。今回は、都内にある絶品プリンのテイクアウト専門店を4つご紹介!人気のプリンを手土産にすれば、喜ばれること間違いなし。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Summary

プリンの概念が変わる!濃密&濃厚「ミラノプリン」

麻布十番駅から歩いて5分ほど、人通りは少ないけれど知る人ぞ知るグルメな店が点在する東麻布エリアに「Milano Dolce Tre Spade」はあります。

オーナーの川邊信治シェフは、地元の宮崎県で26年間イタリア料理店を営んでいましたが一念発起。料理の修行先だった北イタリアを再訪してプリン作りを学び、2015年東京に「ミラノプリン」の専門店をオープンしました。

こちらが看板商品「ミラノプリン プレーン(バニラ風味)」(469円)。北イタリアの伝統的なプリンをベースに、川邊シェフが日本人の繊細な口に合うようにレシピを独自にアレンジ。最近日本で流行っている“とろとろプリン”とは真逆の新食感に仕上げたことで、スイーツマニアが大注目!

スプーンを入れるだけでわかるプリン生地の濃密さときめ細やかさ。まったり濃厚なクリームが口の中にまとわりついたと思ったら、さらーっと消えていくのが不思議!

「ミラノプリン」はプレーン以外にも種類が豊富に揃っています。通年販売している人気商品はローストしたピスタチオの風味が香る「シチリアピスタチオ」(486円)、まろやかな「ボネ(チョコレート)」、さわやかな香りの「リモーネ(レモン)」、苦みがたった「ジャポーネ(抹茶)」、軽やかな酸味の「アランチャ(オレンジ)」(ともに469円)など。 夏には桃やマンゴー味、秋はマロン味、春はいちご味など、季節限定の味が登場します。おもに通販で扱っている「糖質制限ミラノプリン きな粉」(500円)も発見しました!

定番商品は通販でも買えますが、店頭でしか出合えない限定プリンや川邊シェフご夫妻とのおしゃべりも楽しいので、ぜひ行ってみてください!

■参考記事:厚さ2cmなのに自立する!? プリンの概念が変わる濃密&濃厚「ミラノプリン」(配信日:2018.08.05)

ふわふわとろける!「FLIPPER’S STAND」のスフレパンケーキプリン

奇跡のスフレパンケーキプリン プレーン 540円
奇跡のスフレパンケーキプリン プレーン 540円

下北沢などで人気のとろけるスフレパンケーキのお店「FLIPPER’S(フリッパーズ)」が、原宿にテイクアウトスタイルのスイーツ専門店「FLIPPER’S STAND(フリッパーズスタンド)」をオープン!看板メニューの「奇跡のスフレパンケーキプリン」は、スフレパンケーキとプリンがコラボレートした新スタイルのスイーツです。

メープルシロップと香り高い発酵バターを煮詰めたメープルバタークリームをフィリングしたスフレパンケーキは、スプーンが抵抗なく入っていくきめ細かさに期待度アップ!その下では卵黄をたっぷり使ったカスタードプリンが待っています。

スフレパンケーキは「フリッパーズ」と同じく、小麦粉も牛乳も国産にこだわり、徹底した温度管理で仕上げられ、厚みがあるのにフワフワと軽い口どけです。

フワフワ食感で優しい口どけの「スフレパンケーキプリン」は1個で異なる食感と素材を楽しめるスイーツ。自分へのごほうびにはもちろん、女子会の差し入れとしても絶対に喜ばれる1品です。

■参考記事:「FLIPPER’S STAND」のスフレパンケーキプリンがふわとろすぎてとろける!(配信日:2018.10.18)

とろける口溶け!プリン好き必食の「浅草シルクプリン」

浅草にある「浅草シルクプリン」のお店は雷門近辺に2軒、駒形に1軒あり、2017年には浅草の新名所として人気の商業施設「浅草まるごとにっぽん」にもオープンしました。

これが「浅草シルクプリン(プレーン)」(390円)。プレーン以外にコーヒー、いちご、抹茶、チーズなど10種以上の味がありますが、初めて食べるならこの定番から!スプーンですくった感じはしっかりしていますが、口に入れると卵の香りとともにさらーっとなくなる軽やかさ!上品な甘さのプリンの味を苦めのカラメルが引き締めています。

誕生した背景を聞くと、もともと駒形の小さなイタリア料理店「テスタロッサ」(現在はカフェ)のデザートだったプリンが評判を呼び、専門店を開くまでになったのだとか。今でも最上質の材料を選び、丁寧な仕事にこだわっているそうです。

前出の「浅草シルクプリン」とともに人気急上昇しているのが「プレミアムシルク」(580円)です。「浅草シルクプリン」にも使われている“奥久慈卵”は銀座の超有名寿司店も使っているブランド卵なのですが、この「プレミアムシルク」に使われるのはなんと卵黄だけ! 卵の濃厚さがしっかり出ていて、口当たりがふわっとやわらか。もちろん絹の口溶けは健在です。

2018年6月には浅草を飛び出して、銀座の博品館にもオープンした「浅草シルクプリン」。今後、ますます人気が出そうですから、ぜひ食べてみてくださいね!

■参考記事:舌がとろける口溶け!プリン好きが感動するおいしさ「浅草シルクプリン」(配信日:2018.07.05)

食べると”うれしく”なっちゃう⁉目黒川沿いの濃厚プリン

目黒川沿いにある、黄色い看板が目印の「うれしいプリン屋さんマハカラ」。もともとは隣にある「イカ玉焼きと串カツ マハカラ」のデザートとして出していたそうですが、お客さんの「いつでもこのプリンが食べたい」という声に応えて、お店を始めたそうです。

「うれしいプリン」という名前は、「プリンを食べると誰でも思わず”うれしい”顔になってしまう」ことからつけられたとのこと。定番のプリン2種類に、ひと月ごとにフレーバーが替わる季節のプリンが常時1・2種類ラインナップしています。

こちらは一番人気の看板商品「うれしいプリン」と、二番目に人気の「白プリン」。プリンは、オーナーの地元・兵庫県の‟日本一のこだわり卵”を使って、卵の味わいを生かした製法で作られているんだとか!

カスタード味の「うれしいプリン」は、卵黄をたっぷり使った濃厚蒸しプリンで、卵本来のおいしさを感じられます。
「白プリン」は卵白をたくさん使って作っているので、あっさりした味わい。プリンとコーヒーカラメルの相性もバッチリ!

ぜひこのプリンを食べて、”うれしい”顔になってくださいね。

■参考記事:目黒川沿いのかわいいプリン屋さん♡【マイメロディの中目黒さんぽ3】(配信日:2019.04.02)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 東原妙子 東原妙子
  • mini_minor mini_minor
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • 絶景travelers 絶景travelers
  • もえのあずき もえのあずき
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ