絶対外せない!京都の最新グルメスポット8選【2019年ニューオープン】

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 食・グルメ パン スイーツ タピオカ チーズケーキ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

秋の紅葉の定番といえば京都。そんな京都にいま、新しいグルメスポットが続々とオープンしていることはご存知でしょうか?今回は、京都に2019年にオープンした最新グルメスポットを、厳選して8軒ご紹介します。紅葉狩りの休憩がてら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

Summary

ここにしかない絶品パン!「&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町」

2019年3月16日(土)、京都のオフィス街、四条烏丸の西に位置する旧京都産業会館の跡地に「京都経済センター」が開業。
そして、地下1階の多彩な人気料理を楽しむことができる飲食エリア「SUINA 室町 FOOD HALL」にあるお店のひとつが、「&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町店」です!

&COFFEEブレンド M350円 L390円/MKブレンド M350円 L390円
&COFFEEブレンド M350円 L390円/MKブレンド M350円 L390円

こだわりのコーヒーは2種類。どちらもオリジナルブレンドです。
“&COFFEEブレンド”は、クロワッサンとの相性を一番に考え、エチオピア産最高級豆G1の豆をブレンド。上品な香りと酸味と苦みのバランスが楽しめます。
もう一方の“MKブレンド”は少し濃い目の大人なフレーバー。フルーティーな口当たりです。

HANJUKU KYOTO(EGG with Onion saute & Bacon Danish)450円(税込)
HANJUKU KYOTO(EGG with Onion saute & Bacon Danish)450円(税込)

おすすめがこちらのSUINA室町限定メニュー。パリNO.1のクロワッサン生地を使った特製デニッシュです!
とろける半熟卵と飴色のオニオンソテー、香ばしいベーコンをクロワッサン生地で包み、チーズを乗せて焼きあげたサクッとろ~の食感がたまらない一品。

四条烏丸の西エリアが、活気付きそうな予感です!

■&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町店
住所:京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 京都経済センターB1
営業時間:8~20時(19時30分LO)
交通:阪急電車「烏丸」駅、市営地下鉄烏丸線「四条」駅から徒歩3分
電話:075-708-5015

■参考記事:京都、四条室町に3月16日開業の「SUINA室町」に、あの、絶品パンcaféの新店オープン!(配信日:2019.03.15)

「koe donuts」で低カロリーなできたてドーナツを

「コエ ドーナツ」は、“life happens,donut helps”をコンセプトにした体験型のドーナツファクトリー。
1年中観光客でにぎわい、修学旅行のマストスポットとしても知られる新京極通に2019年3月21日(木・祝)にオープンしました。

特徴的なのは工場併設型店舗であること。石臼で粉を挽き、ドーナツを揚げ、トッピングするまでの全製造工程を間近に見ながら、作りたてのドーナツがその場で食べられます。

原料は京都産をはじめとする国産素材を使用。「オーガニック」「天然由来」「地産地消」にこだわった日本らしい上質なドーナツです。
写真は新食感のドーナツ ショートケーキ「ストロベリー」850円(税別)。いちごのフレッシュな甘さと和三盆の優しい甘みが口いっぱいに広がります。

ドリンクメニューにはふわふわのチーズムースに厳選した茶葉を使用したお茶とタピオカを合わせたフォトジェニックな新感覚スイーツティーの「チーズタピオカティー」680円~(税別)も。タピオカは小粒でもちもちした食感が美味です。
定番の紅茶や宇治抹茶、ほうじ茶のほか、マンゴーやストロベリー、丹波黒豆茶を使ったメニューもありますよ。

イートインできるのはもちろん、テイクアウトも可能なので、おみやげにもよろこばれそうです!

■ドーナツファクトリー「koe donuts(コエ ドーナツ)」
住所:京都府市中区新極通四条上ル中之町557(新京極四条上がる)
営業時間:8~20時
定休日: 不定休
交通:阪急「河原町」駅から徒歩1分

■参考記事:京都の新京極に、隈研吾デザインの“体験型”ドーナツファクトリーが誕生!(配信日:2019.03.13)

人気店「THE ALLEY 四条店」を京都の街並みで楽しむ

「黒糖タピオカシリーズ」 Mサイズのみ 650円(税抜)
「黒糖タピオカシリーズ」 Mサイズのみ 650円(税抜)

“初めて飲むと驚きを感じ、2回飲むと好きになり、3回飲むと恋しくなる” がコンセプトの「THE ALLEY」。2017年7月に日本初進出して以来、出店するごとに行列のできる人気店です。
そんな「THE ALLEY」が、2019年4月26日(金)、満を持して京都に出店しました。

ミルクと合わせてマイルドに仕上げた"ラテ"と、抹茶の苦みが爽やかな"抹茶ラテ"の2種類には、沖縄産黒糖蜜の中で、ことこと煮込んで仕上げた「THE ALLLEY」のオリジナルの黒糖タピオカを組み合わせてあります。

「盆栽タピオカミルクティー」 Mサイズ 600円(税抜)/ Lサイズ 700円(税抜)
「盆栽タピオカミルクティー」 Mサイズ 600円(税抜)/ Lサイズ 700円(税抜)

ココアチップの“土”にミントの“芽”が生えた「盆栽」は、アッサムタピオカミルクティーに、ココアチップがよいアクセントになっています。
ほかにも、季節や自然、フルーツを取り入れた、ティースタンドならではの美しいお茶やドリンクが揃っています。

また、「THE ALLEY」にはお茶にもぴったりのフードメニューも。
こだわりの茶葉を使用したティーリーフサラダや店内でこんがり焼き上げるグリルドパオなどの小腹を満たしてくれるフードメニューがラインナップ。

「THE ALLEY 四条店」は、京都エリアでは初出店となります。話題のお店に、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

■THE ALLEY 四条店
住所:京都府京都市中京区東洞院通錦小路下る阪東屋町655 TKビル
営業時間:10〜20時
交通:京都市営地下鉄「四条」駅から徒歩7分

■参考記事:京都の街に盆栽タピオカミルクティーが映え! GW目前の京都に「THE ALLEY」初出店(配信日:2019.04.25)

京都の最新手土産!キュートな濃厚プリンの「京 八坂プリン」

「京 八坂プリン」は、いつも多くの観光客で賑わう八坂通りに2019年4月にオープンしました。
八坂の塔で知られる法観寺や、八坂庚申堂などのすぐ近く。坂を登っていくと左手に見える、おいりのソフトクリーム看板と黄色いのれんが目印です。

京 八坂プリン500円
京 八坂プリン500円

看板商品の「京 八坂プリン」は、京都の街を歩く、色鮮やかな着物の女性をイメージしたビジュアルがとってもキュート。下半分はプリンで、上半分には、はちみつレモン味のジュレの中に、カラフルな寒天ボールとマンゴーゼリーボールが入っています。

寒天ボールはなんとも言えないぷりぷりの食感で、マンゴーゼリーボールは噛むとはじけてマンゴジュースの味わいが口の中に広がります。食感と味の変化が楽しいひと品です。

ソフトクリーム ミックス400円+おいりトッピング100円
ソフトクリーム ミックス400円+おいりトッピング100円

プリンと同じ京都産牛乳を100%使ったソフトクリームもあります。しっかりしたコクとミルキーさもありながら、さっぱりと食べられます。
丸口の金型を使うので、ソフトクリームがすき間なくたっぷり絞られ、ボリューミィな仕上がり。見た目もかわいいですよね!
さらにそこに、カラフルなあられの「おいり」をトッピングすれば、ますます写真に撮りたくなっちゃうビジュアルに。

プリンは持ち帰りか、店の外のカウンターテーブルでのイートインが可能です。
保冷バッグや、箱入りにもできるのでおみやげにもおすすめですよ。

■京 八坂プリン
住所:京都市東山区星野町87-4
TEL:075-533-8338
営業時間: 10~18時
定休日:無(定休日を設ける場合はHP「お知らせ」に掲載)

■参考記事:新・京都名物!見ためもカワイイ濃厚プリンをお土産に(配信日:2019.05.17)

「喫茶ゾウ」のレトロな空間でキュートなクリームソーダ

京都地下鉄今出川駅から徒歩約10分のところに、2019年4月にオープンした「喫茶ゾウ」。御所の木々の緑を横目にたどり着いたカフェは、昭和レトロな店構えが印象的です。

長い鼻の上にごはんを載せたゾウのロゴマークが目印の「喫茶ゾウ」は、愛知県西尾市にあるお味噌屋さん「今井醸造」が展開するお店です。

クリームソーダ 各580円(クッキー付は各660円)
クリームソーダ 各580円(クッキー付は各660円)

新店にもかかわらず、レトロな雰囲気の店構えや店内は、京都で40年続いた喫茶店を居抜きで使用しているため。
この雰囲気に合わせたメニューを…と考案したのが、昔ながら喫茶店の定番メニューである「クリームソーダ」です。

「喫茶ゾウ」の「クリームソーダ」は、メロン、ブルーハワイ、ストロベリーの3種類。ソーダに浮かぶアイスの上には、店のロゴにも登場するゾウのクッキーをトッピング。このかわいらしさがたまりません!

あんバタートースト 450円(税別)
あんバタートースト 450円(税別)

小腹を満たしたい人におすすめなのが、パンメニュー。
名古屋のモーニンで人気の「あんバタートースト」は、厚切り食パンにバターとあんをトッピング。「あんバタートースト」は、モーニングタイム(9時~10時30分)なら100円引きになってお得です。

モーニングメニュー以外にも、しっかりとした麺が特徴の味噌煮込みうどん(白味噌、赤味噌から選べる)をはじめ、ランチにぴったりのフードメニューも充実しています。

京都散策のコースにぜひ「喫茶ゾウ」を追加してみてくださいね。

■参考記事:人気店「喫茶ゾウメシ」が京都上陸!カラフルなクリームソーダ、どの色にする?(配信日:2019.06.20)

センス抜群な「LAMARCK」で素材を活かした最新スイーツ!

2019年5月、京都御所の近くにオープンしたパティスリー「LAMARCK(ラマルク)」。ともにパティシエである吉田さんご夫妻が作り出す、こだわり満載のケーキ
が話題のお店です。

「常に素材の新しい組み合わせを考えています」と話すだけあって、マンゴーと白ごま、抹茶にグレープフルーツなど、ありそうでなかった着眼点に膝を打ちます。
また、果物農家を訪問するなど、食材に対する理解も深めています。

エギスアイム 648円
エギスアイム 648円

こちらは、フランスで最も美しい村として有名な、花のあふれる「エギスアイム」から命名したケーキ。バラの香りのクリームとスミレの香りのムースのタルトです。
華やかな香りが鼻から抜け、さわやかな後口。

発酵バターと粗糖使用にこだわった焼き菓子も忘れずにチェック。
ざくっ、ほろっと、ほどける食感のディアマンクッキーやしっとりバター風味が豊かなパウンドケーキ、そして濃いナッツ感のフィナンシェなど、シンプルながら奥行きのある個性を感じる焼き菓子は、手土産にも喜ばれること間違いなしです。

これからも、ハーブを使ったメニューや京都産の食材なども取り入れていく予定とのことで、ますます楽しみが広がりますね。

■LAMARCK
住所:京都市上京区今出川通新町西入弁財天町333-1
TEL:075-496-8548
営業時間:10~19時
定休日:火・水曜(8月は変則的な休みが発生する可能性あり)

■参考記事:京都スイーツ界の新星!オープン直後から大人気のハイクオリティケーキ(配信日:2019.07.29)

文化財のなかで楽しむ大人気パン「パンとエスプレッソと嵐山庭園」

2019年7月7日(日)、「パンとエスプレッソと嵐山庭園」がオープン!
場所は、築210年の京都府指定有形文化財「旧小林家住宅」。しっとりと落ち着いた雰囲気が漂っています。
文化財でもある建物はカフェ、もう1つの古民家はベーカリーになっています。

ブランティーセット「松」2200円(ミニジュース・ドリンク付
ブランティーセット「松」2200円(ミニジュース・ドリンク付

ここでしか食べられない京都限定のランチセットは「松・竹・梅」の3種類。最上級の「松」は、2段のハイティースタンド。
上のプレートにはミニサラダ、ケークサレ、カマンベールチーズなどのパンのお供のほかに、フルーツサンド、カヌレ、抹茶のティラミスなどのデザートがのっていて、なんとも贅沢。下のプレートにはお店で人気の5種類のパンがスタンバイ。

敷地内の別棟にあるベーカリーには、表参道店でも人気の定番食パン「ムー」を始め、さまざまなパンが並びます。
「ムー」は、バターをふんだんに使ったリッチな味わいが人気。買った初日は、まず、スライスしてそのまま食べてみて!

京都で人気の観光地のひとつ“嵐山”に、また新しく話題のスポットが登場しました。趣のある京都府指定有形文化財の雰囲気を味わいつつ、人気のパンを味わってみませんか?

■パンとエスプレッソと嵐山庭園
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45−15
営業時間:8~18時
定休日:無休
電話: 075-366-6850(ベーカリー)
075-432-7940(カフェ)

■参考記事:表参道の人気ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」が京都・嵐山にオープン!(配信日:2019.07.09)

見た目から楽しむフレッシュなチーズケーキ!「清水チーズ工房」

2019年7月13日(土)、京都有数の観光地、清水寺に向かう五条坂にある築100年以上の古民家に、店内に工房を構えるボトルチーズケーキの専門店がオープン。

工房で職人がひとつひとつ手作りされるフレッシュな瓶入りチーズケーキのほかに、チーズソフトクリームやチーズドリンクなどチーズを主役にしたテイクアウト商品も多数並びます。

まず、京都といえば、抹茶。伝統的な京都産の抹茶の中でも、濃厚なチーズ生地との相性のよい味の濃い宇治抹茶を厳選。
チーズの酸味とコク、抹茶の香りが口の中に広がります。

「ボトルチーズケーキ」は全5種類。パッケージもとってもキュートなので、京都みやげとしても、おもたせとしても使えそうですね!

「チーズ本来の旨味を最大限まで表現するべく、店内の工房で一つ一つ丁寧に手作りしています。」という「清水チーズ工房」のボトルチーズケーキ。
京都みやげの新定番になりそうな予感です。

■清水チーズ工房
住所:京都府京都市東山区白糸町569-10
営業時間:11~17時
定休日:不定休
交通:市バス「五条坂」から徒歩2分
電話:075-746-2231

■参考記事:京都・清水にカワイイ、食べ歩き、手土産の3つを叶えるボトルチーズケーキの店オープン(配信日:2019.07.16)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 久野知美 久野知美
  • 東原妙子 東原妙子
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • あや猫 あや猫
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ