お正月疲れを癒す!次の3連休で行きたい富士山が見える癒しスポット3選

お正月疲れを癒す!次の3連休で行きたい富士山が見える癒しスポット3選

おでかけ 絶景 癒し 絶景でパワーを充電したい るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

まもなく年末年始休暇が終了する方も多いのではないでしょうか。仕事がスタートすると思うと、少し辛い気持ちになるかもしれませんが、そんな方はこのあとの3連休の存在を思い出してください!今回は、次の3連休で行きたいスポットの中から、休み疲れも癒せそうな富士山が見えるスポットをご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

Summary

気軽に行ける!絶景レストラン

気軽に行けるスポットとしておすすめなのは、横須賀佐島にあるイタリアンレストラン「Marine&Farm SAJIMA(マリン&ファーム サジマ)」。

Marine&Farm SAJIMA
Marine&Farm SAJIMA

オーシャンビューデッキテラスでは、まるでクルージングしているかのような気分が味わえます。
目の前には佐島の海が広がり、遠く富士山を望むこともできますよ。

こちらでは、地産地消にこだわった新鮮な食材を使用したお料理が楽しめます。
写真は人気の「漁港直送鮮魚と三崎マグロのソテー 2種の盛り合わせ」(2400円)と「MARINE & FARMオリジナル野菜ピッツァ」(1950円)。

ディナータイムは唯一予約ができます。海に沈む夕陽を眺めながらのディナーは、忘れられない1日となりそうですね。

■Marine&Farm SAJIMA
住所:神奈川県横須賀市佐島3-8-35
TEL:046-854-9820
営業時間:ランチ 11~14時
     カフェ 14~16時LO15時
     ディナー 17~21時LO20時
     モーニング 9~11時LO10時45分※土日祝日のみ
定休日:木曜(11月~2月)

■参考記事:まるでクルージング!?のんびり優雅な休日を過ごせる絶景テラス席(配信日:2019.11.12)

ちょっと遠出したいならここ!富士山が目の前に広がる絶景日帰り温泉

「木の花の湯」エントランス ※「HOTEL CLAD」とは別の入り口に
「木の花の湯」エントランス ※「HOTEL CLAD」とは別の入り口に

静岡・御殿場の人気スポット「御殿場プレミアム・アウトレット」に、日帰り温泉施設「木の花の湯」がオープン!
ちょっと遠出してアウトレットでお買い物をしたあとに、絶景日帰り温泉に立ち寄るのはいかがでしょう?

富士山が目の前の日帰り温泉、帰りたくなくなってしまう…。
富士山が目の前の日帰り温泉、帰りたくなくなってしまう…。

露天風呂への扉を開けると、目の前には富士山が!
大きなパーテーションがありますが、こちらは視線制御ガラス状になっているので、座った状態でも富士山の景色を堪能することができますよ。

編集部員の写真技術向上が求められる“露天立ち湯”の図(とても快適)
編集部員の写真技術向上が求められる“露天立ち湯”の図(とても快適)

また、露天風呂には富士山の大沢石を使った“露天立ち湯”も併設。

もうすぐ雪が降って真っ白になる富士山
もうすぐ雪が降って真っ白になる富士山

ここから見ると、富士山をほぼ同じ目線から楽しむことができますよ。

利用料金は、バスタオルなどのタオル類もレンタルできて1600円(土・休日は1900円)ととってもおトク!
ぜひ行ってみてくださいね。

■木の花の湯(このはなのゆ)
住所:静岡県御殿場市深沢2839-1
TEL:0550-81-0330(受付時間:10時30分~22時)※2019年12月15日(日)より利用可能
営業時間:10時30分~23時(最終受付:22時/予定)
料金:大人(中学生以上)平日:1600円、土・休日:1900円
※年末年始・2020年のGW・夏期シーズンは休日料金が適用

■参考記事:御殿場プレミアムアウトレット敷地内!富士山もホントに目の前の絶景ホテル&日帰り温泉が新オープン(配信日:2019.12.12)

しっかり休みたい人におすすめ!海辺の一軒家

真正面に富士山を眺める湘南でも稀有の海辺の家/STAYCATION
真正面に富士山を眺める湘南でも稀有の海辺の家/STAYCATION

がっつりゆっくり休むなら、宿泊施設がおすすめ。

神奈川県横須賀市秋谷にある海辺の一軒家「南葉山Seaside Cabin」は、開放的なテラスから真正面に大きな富士山を眺める絶景が自慢。

窓を開けると海風が心地よい1Fのダイニングスペース/STAYCATION
窓を開けると海風が心地よい1Fのダイニングスペース/STAYCATION

1Fにはキッチンとダイニング、広々としたウッドテラスがあり、2Fは大きなソファが置かれたリビング、2Fから続くロフトがベッドルームスペースです。

STAYCATION
STAYCATION

気が向いたら、アウトドアチェアを持ち出して、海を眺めながらぼーっと過ごしたり読書をしたり。SUPやヨガを楽しむのもいいかもしれませんね。

基本的にオンシーズンは1週間単位での利用となるのが「南葉山Seaside Cabin」の特徴。
オフシーズン中は1日から利用可能となるので、なかなか1週間はむずかしいという人はオフシーズンを狙ってみてくださいね。

※ショートステイ(冬季限定(10/1〜3/31)。ただし、年末年始を除く。)
 ・1泊プラン:43780円 /泊
 ・2〜5泊プラン:25410円 /泊

■参考記事:海辺で“暮らす”1週間!喧騒から離れた一軒家で過ごす長期休暇のススメ(配信日:2019.04.23)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください