川越大師 喜多院 かわごえだいし きたいん

慈覚大師が天長7年(830)に創建した天台宗の名刹。川越大師として親しまれる。徳川家康の信任を得ていた天海僧正が第27世住職になると、幕府の厚い庇護を受け、江戸城から家光誕生の間や春日局化粧の間などが庫裏(重要文化財)、書院(重要文化財)、客殿(重要文化財)として移築された。いずれも見学可能。広い境内に立つ山門、鐘楼門、慈眼堂なども国の重要文化財に指定されている。また境内にある538体の五百羅漢は、天明2年(1782)から50年に渡り建立されたもの。1月3日のだるま市も賑わいをみせる。

初詣情報

初詣情報 本堂参拝1月1~3日7時~16時30分、4日以降9~16時。
所在地 埼玉県川越市小仙波町1-20-1
ご利益 商売繁昌、家内安全、厄除け、縁結び、学業成就、所願成就
祭神 元三大師[がんざんだいし]
宗派・ご本尊 天台宗
初詣行事 初大師だるま市/2019年1月3日/7~17時交通規制あり、公共交通機関の利用を
混雑時間 1月1~3日は10~16時
問合先 049-222-0859
料金 境内自由、客殿・書院・慈恵堂・五百羅漢の拝観料大人400円、小・中学生200円
交通 交通情報:JR川越駅・東武川越駅→小江戸巡回バスで10分、バス停:喜多院下車、徒歩すぐ。または西武鉄道本川越駅→徒歩15分/車:関越道川越ICから国道16号経由4km20分
駐車場 あり/100台/3時間500円、閑散期は1時間200円/1月3日は「初大師だるま市」開催のため交通規制あり、駐車場は休業。初詣時期は終日混雑するため電車・徒歩での参拝がおすすめ

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

川越大師 喜多院

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ