三峯神社 みつみねじんじゃ

日本武尊[やまとたけるのみこと]の創建といわれ、御眷属[ごけんぞく](神の使い)として祀られているのは山犬(狼)。三峯の名は、東方に連なる雲取山、白岩山、妙法ケ岳を指す。本殿は寛文元年(1661)建立の春日造で、伊弉諾尊[いざなぎのみこと]、伊弉册尊[いざなみのみこと]を祀る。古来の正参道を通り、約200年前の仁王門である随身門を抜けると、正面に奥宮を遥拝する遥拝殿があり、左手の小高い丘には高さ5.5mの巨大な日本武尊の銅像が立つ。

初詣情報

初詣情報 パワースポットの社として大勢の初詣参拝者あり。
所在地 埼玉県秩父市三峰298-1
ご利益 厄除け、家内安全、縁結び、諸難除、商売繁盛など
祭神 伊弉諾尊、伊弉册尊
初詣行事 ●開運福引/2019年1月1日0時~16時30分、1月2・3日7時~16時30分●歳旦祭/2019年1月1日6時~
混雑時間 1月1~3日は終日混雑
問合先 0494-55-0241
料金 境内自由
交通 交通情報:西武西武秩父駅→西武観光バス急行三峰神社行きで1時間15分、終点下車、徒歩10分。または車1時間30分/車:関越道花園ICから国道140号経由60km2時間
駐車場 なし/市営駐車場利用、普通車250台、大型19台、1日510円/普通車510円、大型バス1540円、マイクロバス1020円、市営駐車場利用

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

三峯神社

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ