幸手権現堂桜堤(県営権現堂公園) さってごんげんどうさくらつつみ けんえいごんげんどうこうえん

江戸時代、日光街道と日光御成街道の分岐点にあたる宿として栄えた町が現在の幸手市。その北部にある県営権現堂公園内を流れる中川沿いの堤にソメイヨシノによる千本桜のトンネルが約1kmにわたって続き、隣には広大な菜の花畑がひろがる。桜のピンク色と菜の花の黄色のコントラストが美しい。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 3月下旬~4月上旬
本数 約1000本
桜の種類 ソメイヨシノ
夜桜・ライトアップ なし
所在地 埼玉県幸手市大字内国府間887-3
営業・拝観時間 散策自由
問合先 0480-43-1111/幸手市観光協会
料金 無料
定休日 無休
交通 交通情報:幸手駅→朝日バス五霞町役場前行きで15分、バス停:権現堂下車、徒歩1分。桜まつり期間中は臨時シャトルバスで15分、バス停:桜まつり会場下車、徒歩すぐ/車:圏央道幸手IC(ハーフインター)から国道4号経由4km10分
駐車場 あり/400台/無料(8時30分~19時、10~2月は~17時、3月は~18時)、桜まつり期間中は7~22時1000台、有料、バス要予約

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

幸手権現堂桜堤(県営権現堂公園)

幸手市のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください