高遠城址公園 たかとおじょうしこうえん

武田信玄の命により高遠城が改築されたのは、天文16年(1547)のこと。武田流の戦略を考え合わせ、進歩した築城技術で築かれた名城だったが、明治5年(1872)になると民間に払い下げられ、城は撤去された。明治8年(1875)頃から桜が植え始められ、その後次第に拡張して現在の公園となった。5万4000平方mの敷地内に約1500本のタカトオコヒガンザクラが植えられ、4月上旬~中旬の満開の時期を迎えると「天下第一の桜」と賞された桜をひと目見ようと、遠方からも多くの観光客が訪れる。秋になると桜の木に隠れていたカエデが紅葉色に染まる。

紅葉情報

見頃の時期 11月上旬~中旬
主な樹種 カエデ
標高 803m
おすすめ鑑賞法 堀の下からの眺め、池に映りこむ紅葉
紅葉まつり 高遠城址もみじ祭り/期間:2019年11月2~10日/内容:園内にある約250本のカエデの紅葉と地粉を使った「新そばまつり」、「菊花展」などが行われる
所在地 長野県伊那市高遠町東高遠
問合先 0265-78-4111/(一社)伊那市観光協会(代表)
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
交通 交通情報:伊那市駅→JRバス高遠行きで25分、バス停:高遠駅下車、徒歩15分/車:中央道伊那ICから国道361号経由15km30分。または中央道小黒川スマートICから25分
駐車場 あり/2000台/桜まつり期間は1回700円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

高遠城址公園

一緒に訪れたいスポット

このスポット周辺の宿泊施設

  • 仙流荘

    長野県伊那市長谷黒河内1847-2

  • 入野谷

    長野県伊那市長谷市野瀬405-1

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ