諏訪大社下社秋宮 すわたいしゃしもしゃあきみや

下諏訪宿の近く、旧中山道と甲州街道の分岐点にあり、交通の便のよさから長野県内外を問わず参拝者が多い。幣拝殿・左右片拝殿・神楽殿は重要文化財に指定。本殿はなく、宝殿の奥にある一位[イチイ]の木が御神木。御祭神は上社同様、建御名方神[たけみなかたのかみ]とその妃神の八坂刀売神[やさかとめのかみ]。青銅製の大きな狛犬が境内に立ち、大きなしめ縄の神楽殿は圧巻である。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 授与所は12月31日~1月1日17時頃、2・3日8~17時頃。※※分散参拝にご協力を。
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町5828
ご利益 五穀豊穣、開運招福、商売繁盛、交通安全、厄除け、厄除け、交通安全、商売繁盛、その他
祭神 建御名方神、八坂刀売神(八重事代主神が合祀されている)
混雑時間 1月1~3日は終日混雑
問合先 0266-27-8035
料金 境内自由(宝物殿は500円)
交通 交通情報:下諏訪駅→下諏訪町循環バスあざみ号荻倉・星ケ丘線で3分、バス停:諏訪大社秋宮前下車、徒歩すぐ/車:長野道岡谷ICから国道20号経由5km10分
駐車場 あり/200台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

諏訪大社下社秋宮

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください