津島神社 つしまじんじゃ

須佐之男命[すさのおのみこと]を祀る、全国天王社の総本社。旧暦2月1日夜に行われる開扉祭は、春を迎える火の祭で、直径1m、長さ10mの大松明2本を担ぎ、重要文化財の楼門を潜り抜け拝殿前に整列し、その間を神職が本殿に進み、炎の明かりの下春の訪れを感謝し、災いの無いことを祈る。国の重要無形民俗文化財(ユネスコ無形文化遺産)の尾張津島天王祭は、夏病みに罹る事無く無事夏を過ごす事を祈る。10月第1日曜に行われる秋祭は、11両のからくり人形を飾った山車と3両の石採祭車が神社に集まり、五穀豊穣を感謝する。

初詣情報

初詣情報 参拝は終日。授与所は8~18時(12月31日~1月6日)。厄除祈願と末社の菅原社の学業成就、稲田社の良縁祈願、八柱社の子授安産祈願。
所在地 愛知県津島市神明町1
ご利益 疫病・厄難除け・医療・殖産興業、授福
祭神 建速須佐之男命、大穴牟遅命(大国主命)
初詣行事 ●茅の輪くぐり/2019年1月4~7日/1年の無病息災を祈願する●きのえね祭り/2019年1月10日9~17時/1年の商売繁昌を祈願する●新春車祓/2019年1月2~7日/1年の交通安全を祈願
混雑時間 1月1日は0~1時、10~15時。2・3日は10~15時
問合先 0567-26-3216
料金 拝観自由
交通 交通情報:名鉄津島駅→徒歩15分/車:東名阪道弥富ICから国道155号経由10km15分
駐車場 あり/100台/年末年始は近隣西小学校・天王川公園臨時駐車場約500台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

津島神社

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ