大報恩寺 だいほうおんじ

安貞元年(1227)、藤原秀衡の孫である義空上人によって開創され、本尊釈迦如来坐像を安置したことに始まる。正式には大報恩寺というが、創建当初から千本釈迦堂の名で親しまれてきた。応仁の乱で諸堂は焼失したが、残った本堂(国宝)は洛中最古の木造建造物。建造時に夫である棟梁のミスを助けたあと、秘密を守るため自刃した「おかめ伝説」が残り、境内にはおかめ塚やおかめ像がある。霊宝殿には快慶作の十大弟子立像、定慶作の六観音像、千手観音像(いずれも重要文化財)などを安置。12月7・8日の大根焚きは京都の冬の風物詩。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 ご本尊特別御開扉1月1~3日9~17時、本堂にて。
所在地 京都府京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町1034
ご利益 開運招福全般、商売繁盛全般、災難除け、厄除け、夫婦和合、厄除け、商売繁盛、その他
宗派・ご本尊 真言宗智山派
問合先 075-461-5973
料金 境内無料(本堂・霊宝殿600円)
交通 交通情報:京都駅→市バス50系統で23分、バス停:上七軒下車、徒歩3分。または嵐電北野白梅町駅→徒歩15分/車:名神高速京都南ICから国道1号経由10km30分
駐車場 あり/20台/特別行事開催時は駐車禁止

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

大報恩寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください