東寺 とうじ

高さ55mの五重塔(国宝)で知られる東寺の正式名は教王護国寺。平安遷都の際に創建された官寺を弘仁14年(823)に空海が嵯峨天皇より賜り、真言密教の根本道場とした。土一揆で伽藍のほとんどを焼失したが、室町末期~江戸初期にかけて再建。南大門(重要文化財)、金堂(国宝)、講堂(重要文化財)、食堂が一直線に並ぶ伽藍配置は創建当時の特徴を残す。講堂には空海の密教思想を表現し、曼荼羅を立体化した21体の仏像が並ぶ。宝物館は3月20日~5月25日と9月20日~11月25日のみ公開。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 開閉門時間5~17時、(御影堂6~17時)。
所在地 京都府京都市南区九条町1
ご利益 開運招福全般、商売繁盛全般、交通安全全般、学業成就、諸願成就、学業成就、交通安全、商売繁盛、その他
宗派・ご本尊 東寺真言宗/薬師如来
初詣行事 ●新春特別公開[五重塔初層]/2021年1月1~5日、五重塔8~17時(受付終了16時30分)/拝観料:五重塔・金堂・講堂800円●修正会/2021年1月3日13時~/御影堂にて厄除けの御宝印を祈願し参拝者に授ける。500円
問合先 075-691-3325
料金 境内自由(金堂・講堂拝観500円、時期により異なる)、宝物館500円
交通 交通情報:東寺駅→徒歩10分/車:名神高速京都南IC10分
駐車場 あり/50台/2時間600円、ただし毎月21日は駐車不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

東寺

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください