• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • お金をかけずに、ステキな模様替え!おしゃれな暮らしの“プチプラ”インテリア雑貨6選
お金をかけずに、ステキな模様替え!おしゃれな暮らしの“プチプラ”インテリア雑貨6選

お金をかけずに、ステキな模様替え!おしゃれな暮らしの“プチプラ”インテリア雑貨6選

ライフスタイル ライト・ランタン ドライフラワー インテリア・家具 インテリア雑貨 ショッピング
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

気分転換に、お部屋の模様替えなんていかが?お花屋さんやIKEAなどで1000円台で購入できるインテリア雑貨を、インテリアコーディネーターや専門店の店員さんが伝授してくれました。この機会に、お部屋の雰囲気をガラッと変えてリフレッシュしてみては?

Summary

【テンションUPしたい方におすすめ】キラキラ輝くインテリアライト

【イケア】LIVSÅR リーヴソール LEDライトチェーン 全12球 1499円
【イケア】LIVSÅR リーヴソール LEDライトチェーン 全12球 1499円

今回、インテリアコーディネーターの島崎えりこさんがおすすめしてくれたのは、気軽に飾れるインテリアライト。IKEAなどで1000円前後で購入することができます。

どんなお部屋にもマッチする「コットンボールライト」
イケアのコットンボールライトは、シックなカラーでどんなシーンにもマッチします。シンプルな部屋でも、コットンボールライトを飾るだけでインテリアのアクセントになります。

コットンボールを広げず、まとめてガラス瓶に入れるのも手!テーブルの上に置くと、立派なテーブルランプにもなりますよ。

【Tips!】島崎さんのおすすめポイント:
「シックなライトグレーとホワイトのコンビカラーは、特別な時だけでなく普段使いにもぴったり。またどんなテイストのお部屋にも合わせやすいですよ。」

【イケア】VISSVASS ヴィスヴァスLEDライトチェーン 全80球 999円
【イケア】VISSVASS ヴィスヴァスLEDライトチェーン 全80球 999円

②丈夫で扱いやすい「イルミネーションワイヤー」
クリスマスツリーの飾りつけに使われるイルミネーションワイヤーは、普段使いにも最適です。カーテンやベッドフレーム、壁に飾ると一気に雰囲気が変わります。

控えめなライトの明るさはベッド周りにちょうどよく、リラックスタイムにも最適です!

レースのカーテンから明かりが透けて、たちまちロマンチックな雰囲気に。カーテンの色に合わせて、ライトをゴールドやホワイト、虹色などに変えると、また違うイメージになります。

【Tips!】島崎さんのおすすめポイント:
「ソフトなあかりで、ワイヤーが頑丈で柔らかいので、束ねたり、広げたり、アレンジも自由自在です。フックが付いているので、吊るすだけで手軽にイルミネーションを楽しめます。」

■参考記事:自宅でイルミネーションを楽しんで♪簡単にできるキラキラインテリア(配信日:2019.11.29)

【癒しを求める方におすすめ】初心者でも育てやすいグリーン

リラックスできるお部屋にしたい!そんな方におすすめなのが、部屋に置くだけでパッと華やぐ観葉植物。植物を「育てる」と聞くとお手入れが大変そうなイメージですが、今回は一人暮らしでも育てやすい観葉植物をご紹介!水やりは週に1度でOK、日光が当たらない場所でも育てられると聞くと、なんだかチャレンジやすくなりませんか?

③週1のお世話でOK!「モンステラ」
忙しくてなかなかお世話ができない!という方におすすめなのが「モンステラ」。切り込みが入った大きな緑色の葉は存在感があり、お部屋の印象も一気に変わります。

乾燥に強い品種なので、夏場であれば1週間に1度、冬場であれば2週間に1度程度の水やりでOK。これなら平日はお世話できなくても安心!影にも強いので、殺風景になりがちな玄関やキッチンのアクセントに置くのがおすすめです。

④絶対に枯らさない最強の品種「ポトス」
いままで何度も育てるのに失敗している…という方には、最強の品種「ポトス」がおすすめ。影に強く、蛍光灯だけでも育てることができるので、陽が当たらないトイレや洗面台にも彩りをプラスできます。

さらに茎を切って水に浸けておくと1週間ほどで根が生え、新しい芽が生えてくるという脅威の生命力を持ち合わせているので、苗が1つあればどんどん増やすことができます。

■参考記事:日光を避けて吊るすだけ!花のプロが教えるドライフラワーの作り方・簡単インテリア術(配信日:2018.05.15)

【おしゃれ上級者におすすめ】いまどきカフェ風ドライフラワー

初心者でもすぐにチャレンジできるドライフラワーの作り方や飾り方を、花生師の岡本典子さんに教えてもらいました!

花束をもらったり、お花屋さんでお気に入りの花を買ってきたり。生花のままでもとてもきれいですが、ドライフラワーにしたいのであれば、なるべく早く新鮮なうちに水から出して乾かすことが大切です。仕上がりもきれいになりますし、ドライフラワーになってからの寿命が長くなります。

もっとも簡単な乾かし方は、逆さまにして吊るす方法。吊るすときに気をつけることは3つだけ。

1 直射日光を避ける
2 湿気が少ないところを選ぶ
3 衝撃がない場所で静かに

この3つさえ守れば、花にもよりますが2~3週間ほどできれいなドライフラワーができあがります。

花束をそのままドライにする場合は、乾燥すると茎が細くなるため、輪ゴムできつく縛ってから、紐やリボンで結んで吊るしましょう。吊るしているだけでも、素敵インテリアの完成です!

⑤簡単おしゃれ「ドライフラワーを貼る」
窓や壁にテープで留めるだけでも、まるでお店のような仕上がりに。

⑥長持ちおしゃれ「ボトルフラワー」
ガラスの透明な瓶に詰めるだけでも素敵インテリアの完成。花首や葉を外から見えるようにただ積み重ねていくだけ。折れてしまった花首も、有効活用できますよ。

水替えを気にすることもなく、とにかく放っておけばできて、おしゃれインテリアに使えるドライフラワー。この機会にドライフラワーのある生活をぜひ始めてみてくださいね!

■参考記事:日光を避けて吊るすだけ!花のプロが教えるドライフラワーの作り方・簡単インテリア術(配信日:2019.03.02)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

まだある関連記事はこちら!
●部屋をかわいく居心地よく!簡単に取り入れられるプチ模様替えアイデア4選
●「#アートのある暮らし」に憧れる!プロが教えるおしゃれな部屋の作り方
●マネしたくなるおしゃれなお部屋作りガイド!センスのあるインテリアの取り入れ方まで

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
ԃgxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください