東京のおすすめ"たまごサンド"7選|定番から変わり種まで絶品が勢ぞろい

東京のおすすめ"たまごサンド"7選|定番から変わり種まで絶品が勢ぞろい

食・グルメ サンドイッチ タマゴサンド 東京都 カフェ 喫茶店
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

懐かしさと優しい美味しさでブーム継続中のたまごサンド。素材を生かした素朴なおいしさに、きっとファンも多いはず。そこで今回は東京で食べられる、個性あふれるたまごサンドを7つご紹介します。テイクアウトもOKなお店もありますよ。

Summary

古民家カフェでふわふわ厚焼きたまごサンド「カヤバ珈琲」

大正5年ごろに建てられた町屋型の建物に、レンガの壁とイエローの看板が特徴の「カヤバ珈琲(かやばこーひー)」は、谷根千の喫茶店といえば真っ先に名のあがる名店です。

平日でも多くのお客さんで賑わい、特に近年では外国人観光客にも人気なんだとか。

マストでオーダーしたいのは、カヤバ珈琲の代名詞でもある「たまごサンド」(550円)。しっとりふわふわのパンで厚焼きのたまごがサンドされています。

温かいうちにいただくと、たまごの甘みとマスタードの風味が口の中に広がります。食べごたえがあるので、満足感もたっぷり!

たまごサンドに合わせたいのが、コーヒーとココアをブレンドしたホットドリンク「ルシアン」(500円)です。ココアの甘みの中にコーヒーのほろ苦さがふわっと香ります。

ゆっくりとした時間の流れる空間で、どこか懐かしいたまごサンドを味わってみてくださいね。

■参考記事:レトロ好き必訪。谷中の名喫茶「カヤバ珈琲」でたまごサンドブランチを(配信日:2018.07.17)

味噌専門店ならではのたまごサンド「喫茶パオーン」

愛知県の老舗味噌専門店「今井醸造」が手がける大人気喫茶店「喫茶パオーン(きっさぱおーん)」が、名古屋、京都に続き東京・世田谷にオープン。千歳船橋駅から徒歩1分と、アクセスも良好です。

かわいいステンドグラスが目を引くこの外観が目印。ショーケースには、喫茶店には欠かせないカラフルなクリームソーダが並んでいます。

こちらのたまごサンドは、「みそ屋のたまごサンド」(780円)。運ばれてきた瞬間、とってもいい香りが…、その正体はお味噌!たまごのほかに肉味噌がサンドされています。

お味噌とたまごを組み合わせて食べるという発想は、ほかのお店にはないですよね。

ふんわり焼かれたほんのり甘みのある極厚のたまご焼きに、肉味噌の食感とコクのある味がベストマッチ!

店内では「今井醸造」のお味噌も販売。このお味噌があれば、お家でたまごサンドが再現できちゃうかも!?

ほかにはないこだわりの味は必食です。ぜひレトロな空間で味わってみては?

■参考記事:11月オープンの大注目カフェ!ヒミツが隠された驚きのたまごサンド&プリンが絶品(配信日:2019.11.22)

人気有名店のパンを使ったもっちり玉子サンド「喫茶 ニト」

東京の人気観光地・谷根千にある「喫茶 ニト(きっさ にと)」。店主が1杯1杯丁寧にドリップしたコーヒーと絶品スイーツ、トーストメニューを、昭和レトロな店内で味わえます。

おすすめメニューのひとつ「玉子トーストサンド」(500円)は、浅草で有名な人気ベーカリー「ペリカン」の食パンを使用しています。
「こちらの食パン、もう20年前から大好きなんです。」と店主さんもファンの様子。

トーストしたパンはサクサクもっちりした力強い食感で、ふわふわの玉子ととっても合います。

こちらのお店で有名なラム酒を使用した大人の味「プリン」(300円)もおすすめ。むっちり固めな食感で、口に入れた瞬間ふわ~っと大人な香りが広がります。口当たりも良く、カラメルのコクとプリンの味のバランスが絶妙ですよ。

絶品プリンと玉子トーストサンドで、素敵な午後のひとときを過ごしてみませんか?

■参考記事:ネクストトレンド“谷根千”で発見!玉子トースト&むっちりプリンが絶品なレトロカフェ(配信日:2019.11.30)

和風たまごサンドとクリームソーダで昭和にタイムスリップ「珈琲屋マロコ」

府中駅東口を出て徒歩3分。大きな暖簾がかかった味わい深い木造の建物が、1970年からこの街で親しまれている喫茶店「珈琲屋マロコ」です。

2015年に建物の建て替えに伴い一度は閉店しましたが、2018年7月また府中の街に戻ってきました。

店内はまるで昭和映画の世界。浮世絵や引き冊、世界各国の古時計などの骨董品がたくさん並べられ、レトロ感あふれる空間です。

一番人気の「たまごサンド」(550円)は、「またたくさんのお客さんに楽しんでもらえるように」と、復活オープンに合わせて店長さんが考案したオリジナルサンドイッチなのだそう。

パンは同じ府中のパン屋さん「LPAIN(ラパン)」の食パンを使用し、「サクッと、もっちりしてとっても美味しいんです!」と、店長さん。

サンドされているのは、刻み昆布入りのたまご焼きと海苔!ふわトロたまごのなかからときどき顔を出す、昆布のコリコリとした食感とうま味、そしてふわっと香る海苔の風味が絶妙です。

サンドイッチのお供におすすめなのが「クリームソーダ」(600円)。王道の背の高いグラスにたっぷり注がれ、ますますレトロな雰囲気を盛り上げてくれますよ。

昭和を感じながら、手作り和風たまごサンドを食べてみてくださいね。

■参考記事:人気の‟レトロ喫茶”が復活!クリームソーダ&珍しいたまごサンドが絶品(配信日:2019.07.16)

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください