本当はヒミツにしたい!1人でゆっくりできる京都の癒しカフェ8選【後編】

本当はヒミツにしたい!1人でゆっくりできる京都の癒しカフェ8選【後編】

食・グルメ カフェ 隠れ家カフェ ひとり時間 レトロカフェ 和カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

秋は、紅葉を見るために京都へ観光に行きたいという人も多いですよね。そんな京都には、風情のある、落ち着いた雰囲気の穴場カフェがたくさんあるんです。今回は、1人でゆっくりできる京都のカフェを8軒ご紹介します。観光の合間の休憩に、ぜひ行ってみてくださいね。

Summary

まるで昭和にタイムスリップしたような懐かしい空間「cafe火裏蓮花」

平安時代、碁盤の目状に整備された京都の街。区分された内側の土地を利用するためにできた袋地(通り抜けできない路地)が多いのは、京都の街の特徴でもあります。「cafe火裏蓮花」があるのも、そんな袋地のなか。京町家の特徴である“虫籠窓”も残っていますね。

カフェの建物は、柱や梁などをそのまま残した古民家。奥には小さな庭もあります。カウンター席なので、ひとりでもふらっと入りやすいのが嬉しいです。

珈琲党のための黒糖炭焼き珈琲ゼリーのアイスパフェ 1000円、ミニ珈琲付き 1200円
珈琲党のための黒糖炭焼き珈琲ゼリーのアイスパフェ 1000円、ミニ珈琲付き 1200円

甘いものが苦手な人にも人気なのが「珈琲党のための黒糖炭焼き珈琲ゼリーのアイスパフェ」。生クリームと珈琲ゼリー、アイスクリームのハーモニーに、食べ進めると現れるキャラメリゼされた胡桃がアクセント!

築100年の京町家のゆったり流れる時間のなかで、慌ただしい日常を忘れてみませんか。

■参考記事:知らないとたどりつけない!秘密基地みたいな、京都の路地奥の古民家カフェ(配信日:2018.10.11)

坪庭をみながら優雅にスイーツをいただく「錦一葉」

活気あふれる京都・錦市場の中にある茶寮「錦一葉(にしきいちは)」。
店内は黒を基調とした落ち着いた空間です。
京都らしい坪庭があり、風情のあるお庭を眺めながら料理を楽しむことができます。賑やかな錦市場の一角であることを忘れてしまいそうな、ゆったりとした時間が流れていますよ。

宇治の上質なお抹茶をたっぷり使った「一葉フォンデュ」。お重が引き出しのようになっていて、中には何が入っているのかな?とわくわく!

フルーツ系は、さっぱりした酸味と抹茶チョコが相性抜群。淡泊な味わいの生麩につければ食感が楽しめ、素材それぞれに異なる美味しさが味わえます。
最後にフルーツをおいておくと、さっぱり食べられてよいそうですよ。

■参考記事:京都「錦一葉」のなめらかとろ~り濃厚抹茶フォンデュ。大人な和カフェで贅沢ディップ(配信日:2019.02.07)

伏見神社の帰りに。疲れを癒すカフェ「Vermillion – cafe.」

「訪日外国人に人気の国内観光スポット」として、5年連続で堂々1位に輝いた京都の「伏見稲荷大社」。実は最近、こちらの参拝帰りに出合える「Vermillion – cafe.(バーミリオンカフェ)」も外国人旅行客の間で話題になっているそう。

特等席は、美しい緑に包まれたウッドデッキのオープンテラス。
まるで避暑地の森のなかにいるような贅沢感!木漏れ日も小鳥のさえずりも心地よく、最高にピースフルな雰囲気です。

「伏見稲荷大社」のお山めぐりで疲れた体を癒してくれるのが手作りの食事メニュー。写真はオーツやクランベリー、くるみなどがたっぷり入った「自家製グラノーラ フルーツ添え」(734円)です。
早朝さんぽの後のブランチにもおすすめ。

■参考記事:テラスの奥は鎮守の森!「伏見稲荷大社」帰りに寄りたい絶景カフェ(配信日:2018.07.17)

山の山頂にある緑あふれる空間のカフェ「茂庵」

標高100mほどの吉田山は、一帯が吉田神社の境内で、「神様が居られる」の意味をさす「神楽岡」の名で親しまれています。その頂上にあるカフェ茂庵は、もともと大正末期、茶人「茂庵」が開いた庵でした。

一面の窓からは溢れかえるような緑。遠く京都西山を一望。晴れた日には五山の送り火の船形、左大文字。逆側の窓からは大文字がくっきりと間近に見えます。

みずみずしさが写真から弾けてきそうな野菜たっぷりの「ピタパンサンドセット」(1400円)。この日のスープは春菊です。
ほかにも、地元京都の野菜をたっぷり使った月替わりランチや月替わりのケーキなど朝早くから丁寧に仕込みをしているそうです。

珈琲や紅茶などの飲み物もこだわりのセレクトで、ロケーションだけではない確かな満足感が味わえますよ。

■参考記事:神宿る山、吉田山山頂でしっとり過ごすカフェ時間(配信日:2019.04.19)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください