季節の天へぎ(1490円)

【新潟】ソウルフード&郷土グルメ 庶民派勢揃いのご当地グルメ8選!

るるぶ&more.編集部 ご当地グルメ 食・グルメ B級グルメ その他郷土料理 ローカル感満載のお店が好き
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

新潟といえばお米や地酒、海鮮グルメはもちろんのこと、多彩なご当地グルメがいっぱい!謎のフード「カリーナ」「イタリアン」や、一度は食べてみたい「へぎそば」「わっぱ飯」など、枚挙にいとまがありません。今回はアクセスもよい新潟タウンにある、ご当地グルメの名店をご紹介します!

Summary

新潟県民が熱愛する、庶民派が勢揃い
新潟のソウルフード

新潟県民に世代を超えて愛され続けるソウルフードが勢ぞろい!初めてでも懐かしい、魅惑のメニューはこちら。

①「バスセンターのカレー」


約50年以上の歴史を持つ「立ち食いコーナー 万代そば」で、創業時から愛されてきたメニュー。昔ながらの黄色い見た目のルウが特徴で、その人気ぶりからレトルトも販売されています。

●昔懐かしいそば店のカレー「立ち食いコーナー万代そば」
カレーライス(480円)※料金変更の可能性あり
「カレーライス」480円 ※料金変更の可能性あり
立ち食いコーナー万代そば」は万代シテイバスセンター内にある立ち食いそば店。そば店ながら名物は「カレーライス」で、じっくり煮込んだ豚骨スープのベースに、独自調合したスパイスの辛みが後を引きます。売り切れることもあるので早めに訪れるのがおすすめ。ほか、「野菜天そば」390円(料金変更の可能性あり)なども人気です。
立ち食いコーナー万代そば
立ち食いコーナー万代そば

■立ち食いコーナー万代そば
住所:新潟市中央区万代1-6-1 バスセンタービル 1F
交通:JR新潟駅から徒歩10分
営業:8~19時
休み:無休
駐車場:なし

②「カリーナ」


今はなきラーメン店「ラーメンタカノ」が生み出した、カレーミートソースに焼きそばを合わせた驚きのメニュー。思い出の味をもう一度再現するべく、新潟市西蒲区巻地区周辺の店舗が立ち上がり復活させました。

●市民の声で復活したメニューを提供「わんもあ亭」
わんもあ亭カリーナ(650円)
わんもあ亭「カリーナ」650円
「わんもあ亭」は地元に愛されるラーメン店。こちらのカリーナは、ラーメンスープが隠し味で入ったスパイシーなカレーソースを、のど越しのよい中華麺の焼きそばに絡めたもの。程よい辛みのマイルドな味わいで人気を集めています。細打ち麵に豚骨などからとったスープを合わせた「ラーメン」600円や、「マーボーめん」700円も人気です。
わんもあ亭
わんもあ亭
■わんもあ亭
住所:新潟市西蒲区2530-7
交通:新潟駅からJR越後線で42分、巻駅下車、徒歩3分
営業:11時30分~14時30分、17時~21時30分
休み:不定休
駐車場:なし

③「イタリアン」


昭和35年(1960)、古町にて「お嬢さんちょっと変わった焼きそばを始めました」というキャッチコピーとともに誕生。フォークで焼きそばを食べるスタイルがウケて流行したのだとか。

●意外な組み合わせの焼きそばを提供「みかづき 万代店」
イタリアン(380円)
「イタリアン」380円
「みかづき 万代店」は自家製太麺ともやし、キャベツを炒めた焼きそばに、特製ソースを絡めた「イタリアン」発祥の店。トマトの酸味と玉ねぎの甘みが特徴の自家製ミートソースが、ソース味の中華麺に意外にマッチするのです。こちらは定番のミートソース味のほか、約7種類のソースを用意。その日の気分で注文してみるのもいいですね。テイクアウトも可能です。
みかづき 万代店
みかづき 万代店
■みかづき 万代店
住所:新潟市中央区万代1-6-1 バスセンタービル 2F
交通:JR新潟駅から徒歩10分
営業:10~20時
休み:無休
駐車場:なし

④「半身唐揚げ」


「せきとり」先代店主が、当時子どもに人気があったカレー味で半身の鶏肉を揚げたことから誕生した料理です。今では定番化し、新潟市内のさまざまな店舗で個性的な半身唐揚げを提供しています。

●新潟スタイルを味わえる「せきとり 東万代町店」
鶏半身唐揚げ(900円)※変動あり
「鶏半身唐揚げ」900円 ※変動あり
「せきとり 東万代町店」は「半身唐揚げ」発祥の店。皮はパリッと、中はしっとりジューシーに仕上げ、スパイシーなカレー粉で味付けしているのが特徴です。半身をまるごと揚げているため、一品で複数部位を楽しむことができるのもうれしいポイント。ほかに、「蒸し焼き」900円~など鶏肉メニューが豊富です。

せきとり 東万代町店
せきとり 東万代町店
■せきとり 東万代町店
住所:新潟市中央区天明町3-16
交通:JR新潟駅から新潟交通バス臨港線などで6分、東地区総合庁舎前下車すぐ
営業:17~21時(テイクアウト16時30分~)
休み:不定休
駐車場:なし


⑤「タレかつ丼」

「とんかつ太郎」初代店主が、カツレツをヒントに醤油ダレに絡めたカツを生み出したのが始まり。以来、卵でとじずにタレカツをご飯にのせるスタイルが定番になりました。

●新潟カツ丼の定番「とんかつ太郎」
タレかつ丼(1100円)
「タレかつ丼」1100円
きめの細かいパン粉をまぶして揚げ、醤油ベースのタレを絡ませた「とんかつ太郎」のタレかつ丼は、甘辛タレがよく染みたカツで、ご飯が進みます。 自慢のカツはこのメニュー以外にも、「とんかつ定食」1520円や「ヒレカツ丼」1360円、「カツカレー」970円などで味わえます。
とんかつ太郎
とんかつ太郎

■とんかつ太郎
住所:新潟市中央区古町通6-973
交通:バス古町花街入口から徒歩5分
営業:11時30分~14時30分、17時~食材がなくなり次第終了
休み:第3水曜、木曜
駐車場:なし
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください