おにぎりのニューウェーブ!和食好きな彼といきたいお米がおいしいお店3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ おにぎり 和食 紅茶 老舗
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

老若男女に愛される日本のソウルフード、おにぎり。そんなおにぎりが今、おしゃれに進化しているのをご存知ですか?そこで今回は、和食好きの彼と行きたいおにぎりのお店をご紹介します。新たな定番として、ぜひ次のデートで行ってみてください。

Summary

新しい組み合わせ!おむすび7種と紅茶のペアリング

料理と相性のいいドリンクを合わせて楽しむ“ペアリング”。チーズとワイン、つまみとビール、和食と日本酒などはよくありますが、想像しなかった組み合わせを発見!人気の料理研究家が腕をふるう「はらじゅく畑」では、1口おむすび7種類と紅茶のペアリングがコースで楽しめるんです。

「はらじゅく畑」は千駄ヶ谷と原宿を結ぶ“ダガヤサンドウ”にあります。都会と地方の畑を結ぶアンテナショップとして、長年、日本各地の野菜やお米を紹介してきました。

2016年に店主の“きみママ”が手作りする、ランチやお惣菜が食べられるレストランとしてリニューアル。カウンター6席なので、すべて予約制となっています。
野菜をたっぷり使った家庭料理やおむすびは、シンプルなのに真似ができないおいしさだと大好評。なかでもきみママが作るおむすびは有名で、おむすび弁当のレシピ本の出版や、小学校からはおむすび講習会を依頼されるほどの腕前なんです!

こちらが今回のお目当て「究極のおむすびコース」(2916円・予約制)。1口サイズのキュートなおむすびは、玄米、五分づき&赤米、五分づき&黒米、五分づき、白米、玄米&黒米、もち米&黒米の7種類。おむすびの奥深さを宇宙に見立てて、北斗七星の形に並べているそうです!

このおむすび1つ1つに合わせるのは、「はらじゅく畑」に併設している紅茶専門店「Tea Stand...7(ティースタンド ナナ)」(https://rurubu.jp/andmore/article/2462)の紅茶。“紅茶王子”と呼ばれるオーナーが、独自にブレンドしているフレーバーティー「乙女の紅茶」やロイヤルミルクティーがSNSでも話題になっているお店です。

「究極のおむすびコース」は前菜、焼きもの、スープ、魚、お口直し、肉、デザートのコース仕立てになっています。カウンター越しにきみママが立ち、1つ1つ説明しながら紅茶をいれてくれ、食べ進んでいくスタイルです。

写真はコースのスープに位置づけられている黒豆入りの梅のおむすびで、おしゃれなお茶漬け仕立てにしていただきます。なんとそのお茶がマスカット、パイナップル、マンゴー、白桃などフルーティな香りの温かい紅茶!意外にも梅の爽やかさと相性抜群です。

こちらはコースのメインとなるローストビーフのおむすび。玄米と黒米を混ぜたプチプチした楽しい食感です。

ワイングラスで提供される紅茶は、ぶわっと広がるベリーの香りがものすごいインパクト。思わず「何これ!」と叫んでしまいました。上質な茶葉をたっぷりと使って水出しすることで、うまみがしっかり抽出できるのだそう。

こちらはコース最後のデザートで、もち米&黒米であんこを包んだおはぎ風の1品。合わせるのは「ティースタンド ナナ」の看板ドリンクともいえるロイヤルミルクティー。フレッシュでスキッとした香りは、品格さえ感じるプレミアムなおいしさです。

デザートのあとに本当のシメとして登場するのは、目の前できみママが握ってくれる温かい塩むすび。やっぱり握りたては最高においしい!と実感したところで終了です。
一度にこんなにたくさんの種類のおにぎりを食べるのは初めてなうえに、今まで感じたことがないお米の香りや食感も再発見。紅茶のフレッシュで豊かな香りもすごかった!

ひと口食べるとリピーターになってしまうという今回の「究極のおむすびコース」。開催日はきみママのブログでも紹介していますが、席数が少ないので電話してみるのがおすすめです!

■参考記事:おむすび7種と紅茶のペアリング!前菜からデザートまで味わえるコースが新しい(配信日:2018.12.14)

世界のグルメガイドも認めた!東京で1番古いおにぎり専門店

老若男女に愛される日本のソウルフード、おにぎり。地元浅草の人々に長年愛され続けてきた東京で1番古いおにぎり専門店に、いま注目が集まっています!そのおいしさは海外でも話題になっていて、多くの外国人が訪れるのだそう。そんな、創業64年の老舗おにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」のおいしさの秘密をご紹介します。

今回ご紹介する「おにぎり浅草宿六」があるのは、浅草の顔とも言える雷門で有名な浅草寺本堂の裏通り沿い。創業64年、いつも地元の人や観光客で大盛況なんです。

暖簾をくぐると、カウンターとショーケースが現れて、まるでお寿司屋さんのよう!ケースの中には、日本各地から取り寄せている具材がずらりとならび、壁にはその具材が書かれた札がかかっています。
昔ながらの雰囲気が残る、あたたかな空間は浅草観光の休憩にぴったり。さらに、営業時間はなんと深夜2時まで!浅草で遅くまで飲んだあとは、おにぎりで締めるのもいいですね。

おにぎりはすべて、熟練の職人さんがその場で優しくふっくらと握ってくれます。この日使用されていたのは、新潟県糸魚川産のコシヒカリ。甘みが強く、粒がきれいに揃っているためおにぎりにぴったりなのだそう。海苔は、江戸前のりを使用。味が濃く、豊かな香りがこだわりのお米と相性抜群です。

常時18種類ほど用意されているおにぎりの具材は、定番の鮭や梅、いくら、そして塩辛や福神漬などの変わり種まで、バラエティー豊富でどれにしようか迷ってしまいますね!素材選びは一切妥協なし。厳選された紀州南高梅や北海道産鮭などは、創業当初からずっと使用しているというから驚きです!

ぷりっと艶やかな「いくら」(690円)のおにぎりをオーダー。できたてのおにぎりをカウンター越しに受け取り、パクリといただきます。
江戸前のりの香りが鼻に抜け、噛みしめるごとにお米ひと粒ひと粒の旨みが広がります。そして、プチプチと甘くはじけるいくら。この、海苔とお米、具材という至極の三位一体の味わいは、虜になること間違いなしです!

こだわり抜いた食材を使用し、職人の熟練の技で握られる「おにぎり浅草宿六」のおにぎり。老舗専門店ならではの味わいでありながら、どこか懐かしく、ホッと心をあたためてくれますよ。古きよき日本の味を堪能しに、ぜひ足を運んでみてくださいね!

■参考記事:世界のグルメガイドも認めた!東京で1番古いおにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」(配信日:2018.11.26)

しっかり朝ごはんをおしゃれに楽しめる!おにぎりモーニング

おにぎり朝食セット 540円
おにぎり朝食セット 540円

おいしくてリーズナブルだと聞く朝食を目指して中目黒の「オニギリーカフェ」に向かいます。こちらでいただける「おにぎり朝食セット」(540円)は、8〜11時までのセットメニューです。8時オープンだと出社前に立ち寄れるのが嬉しいですよね。

この朝食セットの人気の理由は、できたてのおにぎりと暖かい味噌汁が中目黒でとってもリーズナブルに食べられること!女子にも食べやすい小ぶりなおにぎりが2つと小鉢、味噌汁、ドリンクまでついて540円と、コスパも大満足のメニューになっています。
そして、リーズナブルだけじゃないのが「オニギリーカフェ」のこだわり。使用しているお米は長野県佐久で作られたコシヒカリ。日本穀物検定協会から最上級の“特Aランク”を獲得しているおいしいお米です。

おにぎり 各110〜280円
おにぎり 各110〜280円

甘くてしっとりと適度な粘りを感じさせるお米を使った、できたておにぎりと味噌汁のコンビネーションは、しっかりと元気がチャージできる“ザ・日本の朝ごはん”です!

朝食セットだけでは物足りないときは、その場でおにぎりを追加購入もできます。シンプルな「塩にぎり」(110円)や「おかか」「テリヤキ風ツナマヨ」(各170円)などの定番メニューから、みそ麹漬けのバラ肉で巻いた「肉巻き」(280円)まで10種類以上のバリエーションに富んだおにぎりが楽しめます。

“ザ・日本の朝ごはん”のようなおにぎりがメインの「オニギリーカフェ」ですが、見た目はヘアサロンのようなおしゃれな雰囲気。丸い「オニギリーカフェ」の看板が目印になっています。

店内はさらにおしゃれ!高い天井と低めのソファ席で、広々とした開放感があります。間接照明が店内を柔らかく照らし、壁に飾られた写真やイラスト、天井から吊り下げられた球体のオブジェなどは、まるでセレクトショップのようです。

こんな居心地のいい空間でリーズナブルに“しっかりとした朝ごはん”をいただけるのなら、毎日でも通いたくなりますね。リピーターが多いというのも納得です。

「オニギリー」は、おにぎりや惣菜などのデリバリーからスタートした会社で、2014年にこのカフェがオープンしたそう。もちろん今でも電話によるデリバリー予約を受け付けているほか、店頭では全品テイクアウトが可能!おにぎり2つと惣菜3種のお得な「テイクアウト限定セット」(648円)なども販売されています。

ランチタイムは15時30分までとなっているので、遅めのランチタイムにも便利です。もちろん飲み物だけの利用も可能なので、カフェとしても利用できます。

セレクトショップようなおしゃれなカフェで、日本の伝統的な“おにぎり”をリーズナブルにいただける「オニギリーカフェ」。女性1人でも気兼ねなく入れて、くつろげる空間です。たまには、ちょっと早起きして中目黒まで“朝ごはん”を食べに行きませんか?

■参考記事:「Onigily Cafe」のおにぎりモーニングで朝から元気をチャージ!(配信日:2018.09.24)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 村上萌 村上萌
  • マイメロディ マイメロディ
  • yui yui
  • 山田茜 山田茜
  • YURIE YURIE
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ