夏の京都旅で行きたい!自然をたっぷり感じる“ゆったりカフェ”4選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 食・グルメ カフェ 自然 夏におすすめ 猫カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

7月や8月に夏休みを利用して旅行をする人も多いはず。国内で人気の旅行先といえば京都!京都といえば、おしゃれな雰囲気のカフェが多いことでも有名です。今回は、自然を感じてリフレッシュできるような京都のカフェを4軒ご紹介します。

Summary

伏見稲荷大社近くにある話題の隠れ家カフェ「Vermillion – cafe.」

JR奈良線稲荷駅より徒歩約8分。伏見稲荷大社の帰り道、西側の境外へ抜けた人だけが出会える「Vermillion – cafe.」。
眺望抜群の隠れ家カフェとして、話題になっています。

特等席はもちろん、美しい緑に包まれたウッドデッキのオープンテラス。まるで避暑地の森のなかにいるような贅沢感!
木漏れ日も小鳥のさえずりも心地よく、最高にピースフルな雰囲気です。
この眺望の秘密は、カフェが「伏見稲荷大社」の境内に隣接して立っているから。目に入る木々は、すべて神聖な鎮守の森なんです。
その先には池もあり、ゴイサギやカワセミなどの珍しい野鳥も飛来します。

「バーミリオンプレート」(1620円)は、イングリッシュ・ブレックファーストを独自にアレンジしたもの。
厚切りベーコンや、地元の人気肉屋「いがや」のソーセージを使ったボリューム満点の一皿です。

■参考記事:テラスの奥は鎮守の森!「伏見稲荷大社」帰りに寄りたい絶景カフェ(配信日:2018.07.17)

築100年の猫カフェ「京町家猫カフェ キャットアパートメントコーヒー」

「京町家猫カフェ キャットアパートメントコーヒー」があるのは、京都御所の西、堀川通りと一条通りの交差点を西へ3分ほど歩いたところ。
コーヒーカップの帽子をかぶった猫ちゃんの看板が目印!こちらのイラストを描いたデザイナーの萬野裕美さんが、お店のオーナーです。

2階の扉を開けると、思い思いの姿でくつろぐ猫ちゃんたち。
はやる気持ちを抑えて、まずは手洗いと消毒。ここで荷物も預けます。 大正時代に建てられた、築100年の京町家でのんびり過ごす猫たちの姿は、どこを切り取っても絵になります。

オリジナルデザインのマグ「WALL MAG SLEEK(ウォールマグスリーク)」に入れてもらったコーヒーに興味津々なのは“豆もち”くん。
ぺたんと折れた耳がとってもかわいらしい、スコティッシュフォールドの男の子です。
コーヒーは、関西のスペシャルティコーヒーのパイオニア的存在でもある長岡京市「ウニール」の自家焙煎コーヒーをフレンチプレスで淹れたもの。安定の味わいです。

■参考記事:アイドル猫ちゃんたちに会いに行く!築100年の京町家猫カフェ(配信日:2019.01.16)

入口が目立ちにくい「サロン・ド・ロワイヤル京都」

「サロン・ド・ロワイヤル京都」があるのは、木屋町通と御池通の交差点を北に40mほど歩いたところ。
入口は目立ちにくく、守衛さんが立つビルと緑の屋根の喫茶店の間にある、狭い通路のつきあたり。
入口の屋根には、守り神の鍾馗(しょうき)さんがちょこんと据えてあります。

春は桜の花、夏は川床とともにティータイムができますよ。
よく晴れた日はテラスに出て、外の空気、鳥のさえずり、川のせせらぎを感じましょう。納涼床が始まると、テラス全体がカフェ席になります。

コーヒーなどのドリンクを注文すると、ショーケースに並ぶ高級チョコレートがひとつ付いてきます。チョコレートはお店のおまかせ。日によって違うので、訪問するたびのお楽しみになります。

人気のショコラケーキ「ショコラバニーユ」は、つややかなクーベルチュールでコーティングされた濃厚なムースショコラ。
中にはバニラビーンズをたっぷり使ったアングレーズが入って、まったりとした舌ざわり。濃厚ながら上品な味わいでペロッと食べられます。

■参考記事:春は桜、夏は川床。季節感を楽しめる、京都の老舗ショコラCafe(配信日:2019.04.01)

パワースポットのような山の頂上にあるカフェ「茂庵」

京都にある標高100mほどの吉田山。この山は一帯が吉田神社の境内で、「神様が居られる」の意味をさす「神楽岡」の名で親しまれています。
その頂上にあるカフェ茂庵。もともと大正末期、茶人「茂庵」が開いた庵でした。
まるでパワースポットのような山の緑に囲まれた空間で過ごす時間は、心身ともにすっきりとリフレッシュさせてくれます。

カフェまでは5〜6分ほどの道のりです。カフェ茂庵を開いたのは、茶人茂庵の孫にあたるオーナー。祖父が大正時代に建てた広大な茶苑を後の世に繋げたくて、人が集まるカフェをオープンさせたそうです。

1階を待合室にしてしまうほど人気の茂庵。それでも山の頂きにあるので、季節を外せば人はまばら。
静かに時を過ごしたい人には梅雨の時季がとくにおすすめです。雨に濡れた新緑が光ってぼぉっと浮き上がってくる幻想的な美しさを感じられます。

■参考記事:神宿る山、吉田山山頂でしっとり過ごすカフェ時間(配信日:2018.04.19)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • セレイナアン セレイナアン
  • あや猫 あや猫
  • mini_minor mini_minor
  • 6151 6151
  • もえのあずき もえのあずき
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ