都内とは思えない!自然を感じてゆっくり過ごせる癒しカフェ7選

都内とは思えない!自然を感じてゆっくり過ごせる癒しカフェ7選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ カフェ オープンテラス テラス席のあるレストラン 自然
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

自然豊かなところでゆっくり休みたい!そう思いながらも、遠くまでお出かけする時間がないという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな多忙な方におすすめの、都心にありながらもゆっくり過ごせる自然豊かなカフェを7つご紹介します。都会の喧騒から離れ、自然のなかでリフレッシュしましょう!

Summary

水辺にある「T.Y.HARBOR」でさわやかなひとときを

「T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)」は、天王洲アイル駅から徒歩5分ほどの場所にある、天王洲アイルの運河に浮かぶブルワリーレストラン。開放感のある店内で、出来たてのクラフトビールやこだわりのお料理をいただける、デートにうってつけのお店です。

広々とした店内には、バー、ダイニング、個室、2階席、水上ラウンジ、そして運河をのぞむテラス席が。天井が高く、開放感のある店内も素敵ですが、晴れた日には運河に吹く風が気持ちいい、テラス席をチョイスしてみてください!夜は、ライトアップされた建物が水面に映ってロマンチック!

こちらは1番人気、「ティー・ワイ・ハーバー バーガー」(1700円〜)。見てください、この圧倒的なボリューム感!!バンズにどっしりとのった170gのパティは、ひと口いただくと、ジュワッと肉汁が溢れ出し、ビールがすすむこと間違いなしのおいしさです。パティは250gも選ぶことができるので、お肉をもっと堪能したい方はぜひ頼んでみてください。

品川からもアクセスがいい天王洲アイル。週末だけでなく、平日夜のデートにも抜群のロケーションです。運河を眺めながらのデートはきっと思い出に残ること間違いなしですよ!

■T.Y.HARBOR
住所:東京都品川区東品川2-1-3

TEL:03-5479-4555
営業時間:11時30分〜14時LO(土・日曜、祝日は~15時LO)、17時30分〜22時LO
定休日:無休

■参考記事:デートにオススメ!運河沿いのレストラン「T.Y.HARBOR」のクラフトビールで乾杯!(配信日:2018.06.10)

シンボルツリーが目印の癒し系カフェ「Les Grands Arbres」

広尾駅を出て徒歩2分ほど、通りを1本裏に入ると見えてくるのは…写真の大きな木!都会の中の癒し系カフェ「Les Grands Arbres(レ・グラン・ザルブル)」です。

植物やドライフラワーを販売する2階フロアを過ぎて3階のカフェへと階段を上っていくと、ウッド調のインテリアで、明かりが優しく灯り落ち着いた雰囲気。さらに、晴れの日には緑いっぱいで開放感あふれるテラス席に座ることもできます。

日中は木もれ陽やグリーンに癒されて、夜はツリーに灯るイルミネーションで幻想的な雰囲気を楽しめ、いつ訪れてもゆっくりと自然に囲まれた時間を過ごすことができます。

カフェには、インナービューティースペシャリストとして数々のメディアでも注目される関口絢子さんがプロデュースするメニューもあり、人気の理由となっています。
「おまかせヘルシーデリプレート」(1250円)は美肌に役立つ栄養がたっぷり。毎朝市場から直送されてくる野菜をメインに、1日に必要な野菜摂取量の1/2分を食べられて、ボリュームも満点。

森の中にいるような花やグリーンに癒されたり、ヘルシーメニューでホッとひと息ついたり。女子なら誰もがときめくこの空間でとっておきの時間を楽しんで下さい。

■参考記事:都会で手軽に自然を感じる!草花に囲まれたシンボルツリーが目印のカフェ(配信日:2018.06.05)

蔵前の「Cafe Cielo y Rio」で隅田川を眺めながらプチ贅沢

「カフェ・シエロイリオ」へは蔵前駅より徒歩2分。
店内は1階と3階の2フロアですが、隅田川の眺めを楽しむなら断然3階がおすすめです。大きなガラス窓から、ゆったりと流れる隅田川の眺めを存分に楽しめます。東京スカイツリーの姿も拝めて、贅沢な気分になること間違いなし!
窓際には1名用の席もあるので、ひとりで時間を忘れて景色に癒やされたいときにもGOODです。

日替わりランチ(鶏もも肉のグリル シャリアピンソース) 900円
日替わりランチ(鶏もも肉のグリル シャリアピンソース) 900円

「カフェ・シエロイリオ」は、店内からの眺めだけでなくランチがおいしいことでも人気。カジュアルなビストロ料理を提供していて、「日替わりランチ」をはじめ、ハンバーグやパスタ(各950円)、1日20食限定のオムライス(950円)など、どれもがボリューミーでおいしいと評判です。

(写真左から)アイスコーヒー 450円、セットの場合は300円  エンゼルフードケーキ バニラキャラメル 560円
(写真左から)アイスコーヒー 450円、セットの場合は300円  エンゼルフードケーキ バニラキャラメル 560円

スイーツやドリンクメニューも充実していますよ。卵白を泡立てて作るお店オリジナルの「エンゼルフードケーキ バニラキャラメル」は、異次元のふわふわ感が楽しめる人気メニュー。
ドリンクは大阪の紅茶専門店「amusu tea(アムシュティー)」の茶葉を使用した紅茶や、オリーブ茶(550円)、砂糖や添加物不使用のヘルシーなスムージー「フルーシュ」(680円)などバリエーション豊富で何度通っても楽しめそうです。

せっかくなので、開放感あふれる3階の窓際の席をリクエストして、隅田川の眺望を楽しみながら優雅なランチをいただいてみては?

■参考記事:隅田川を眺めながらプチ贅沢ランチを! 蔵前のカフェ「Cafe Cielo y Rio」(配信日:2018.08.11)

浅草の景色を堪能!「カフェ・ムルソー」で手作りケーキを

浅草駅から徒歩1分。細い道沿いに緑に囲まれた建物が突如現れます。隅田川沿いという絶好のローケーション!階段を上がりドアを開けると、窓の大きな開放的な空間が広がります。2階と3階のカフェ・スペースは外から光が射し込み、とても明るく暖かい雰囲気。

窓際の席では、隅田川を眺めながらゆっくり過ごすことができておすすめです。目の前には隅田川が広がり、右側には駒形橋。左側にはスカイツリーと吾妻橋を一望できる、絶景の穴場スポットです。
2階も3階もテラス席があるので、天気の良い日はぽかぽかしながら過ごすのも良いですね。

ランチの人気メニューは日替わりキッシュやパスタ、ミートグラタン。今回は「本日のキッシュ(ほうれん草とベーコン)」1100円(税込)をご紹介します。こんがり焼かれたパイ生地の中には、とっても濃厚なキッシュの具材が詰まっています。添えられているパンはカボチャ味。ラスクのようなサクサク食感が特徴です。そのほか、サラダやミニ・スープ、クッキーとドリンクも付いているのでとってもお得!

ゆったりした時間を過ごせる「カフェ・ムルソー」。夜になるとカクテルや外国ビール、ワインも楽しめます。美しくライトアップされたスカイツリーや屋形船を眺めながらのディナーは特別な夜にぴったり。デートにもおすすめですよ。

■カフェ・ムルソー
住所:東京都台東区雷門2-1-5 中村ビル
TEL:03-3843-8008
営業時間:11~23時LO22時30分(平日)、11~22時LO21時30分(土日祝)
定休日:不定休

■参考記事:手作りケーキが絶品!浅草の景色を堪能できるリバーサイドカフェ(配信日:2019.05.15)

都会の喧騒を忘れられる隠れ家カフェ「神楽坂 茶寮 本店」

神楽坂駅より徒歩4分。多くの人で賑わうメインストリートから少し路地に入った、閑静な場所に位置する「神楽坂 茶寮 本店」。隠れ家的な立地ながら連日多くの人が訪れ、長きにわたり愛される人気店です。

これからの季節、天気のいい日に特におすすめなのがこちらのテラス席。静かな通りに面しているので落ち着いた雰囲気で、暖かな陽射しを浴びながらくつろぎのひと時を過ごすことができます。

「神楽坂 茶寮 本店」を訪れたらぜひ味わいたいのが、抹茶を使用した和スイーツ。「お茶香る茶寮の和パフェ」(874円)は、“和素材の集合”がテーマ。抹茶プリンと抹茶ゼリーの上に、ほうじ茶クリームやアイスクリーム、白玉、小豆など和の食材がふんだんに飾られた贅沢な一品です。

開放感あるテラス席で、気の置けない友人と過ごすひと時は至福。さらにおいしい和スイーツで心もお腹も満たされたら、明日への活力が沸いてくるはず。

■参考記事:開放感たっぷりのテラス席!大人の街・神楽坂で味わう本格和スイーツ(配信日:2019.04.29)

京都のような趣のある和カフェ「茶彩 絲」

六本木駅から徒歩5分。にぎやかな通りから脇道に入り、少し歩くと見えてくるのが今回のお目当て「茶彩 絲」。料亭と見間違うほど落ち着きのある店構えですよね。

和カフェということで、この場所でぜひ味わっていただきたいのは、普段では味わうことのできない上質な日本茶。

お茶のメニューの中で特におすすめなのは、京都の宇治抹茶(820円 税抜)。抹茶を提供するお店はそれほど珍しくありませんが、こちらでは実際に自分で抹茶を点てることができます。自分で点てた抹茶は特においしく感じるはず!

一番人気だという「自家製 わらび餅」(740円 税抜)。 わらび餅といっても、普通のわらび餅ではありません。ご覧の通り、“赤い金魚”が泳ぐとってもかわいいわらび餅です!手作りの黒蜜と特製きな粉をお好みでかけていただきます。

上質なわらび粉を使用し、丁寧に練り上げられたわらび餅は、しっとりもちもちの食感。弾力がありながらも、口の中で柔らかくとろけます。

くつろぎとおもてなしの特別な空間で、記憶に刻まれる上質なひとときをお過ごしください。

■茶彩 絲 (チャサイイト)
住所: 東京都港区六本木3-6-1 丹波谷六彩居ビルディング 1階
TEL:03-5545-5627
営業時間: 11時30分〜18時30分(18時LO)
定休日:土曜・日曜・祝日

■参考記事:店内で金魚すくい!?モチモチわらび餅が絶品の六本木の和カフェ(配信日:2019.04.30)

テラス席が最高!「両国テラスカフェ」の豊かな緑でリラックス

美術館や博物館などが点在し、街には下町風情が漂う両国。JR両国駅から6分ほど歩くと、広々としたテラス席が魅力の「両国テラスカフェ」があります。

お店は旧安田庭園に面していて、テラス席からは豊かな緑が。都心にいながら自然を感じて食事ができるなんて、とっても贅沢な気分に!天井は開閉式になっていて、陽ざしの強い日や小雨の日でもテラス席で食事を楽しむことができますよ。

ランチタイムにぜひ楽しみたいのが、アツアツでトロトロの本格的なナポリピッツァ!「両国テラスカフェ」では、専門の職人が薪を使って石窯でピッツァを焼いています。薪で焼くのは経験と技術が必要ですが、表面カリッ、内側ふんわりの食感に仕上げるのに欠かせないのだとか。イタリア産と国産をブレンドした小麦粉と天然酵母を使用することで、モッチモチの食感と甘さを生み出しています。

心地よい陽ざしを感じながら焼き立てのピッツァを頬張れば、日ごろの疲れも吹き飛んでいきそうですね。 疲れがたまっているなと感じたときは、気心知れた友達とテラスでゆっくりランチを楽しんではいかがでしょう。

■両国テラスカフェ
住所:東京都墨田区横網1-12-21
TEL:03-5608-7580
営業時間:
11時30分~15時、17時30分~23時(月~金曜)
11時30分~23時(土・日曜、祝日)
定休⽇:無休

■参考記事:テラス席が最高!東京の下町で見つけた緑あふれる癒しカフェ(配信日:2019.07.08)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • YURIE YURIE
  • あや猫 あや猫
  • 村上萌 村上萌
  • mini_minor mini_minor
  • もろんのん もろんのん
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ