「メレンゲの気持ち」紹介店も!都内で絶品バスクチーズケーキが買える店5選

「メレンゲの気持ち」紹介店も!都内で絶品バスクチーズケーキが買える店5選

食・グルメ スイーツ チーズ チーズケーキ テレビ 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

いま、コンビニスイーツでも話題沸騰中の「バスクチーズケーキ」。今回は、そんなバスクチーズケーキが食べられる都内のお店を5軒ご紹介!10月12日放送の「メレンゲの気持ち」“石塚 英彦の通りの達人”のコーナーで紹介されたお店もありますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

Summary

「メレンゲの気持ち」で紹介!「GAZTA」

白金に2018年7月にオープンした「GAZTA(ガスタ)」。
スペインにある世界有数の美食の街「サンセバスチャン」の名店のレシピを忠実に再現し、ディスプレイに並ぶのはバスクチーズケーキ1種類のみというこだわりのお店です。

おいしさの秘密は、焼きあがったケーキを置く場所にある“穴”!この穴で熱をじっくり逃がすことで、とろっとした食感のバスクチーズケーキができあがるそう。
「メレンゲの気持ち」では、石塚英彦さんが召し上がって大絶賛していました!

ケーキの大きさは、1人用の8cmサイズ(700円)と大人数用の15cmサイズ(4000円)の2種類。
自分用にはもちろん、おみやげなどに購入する人も多いそうですよ。

■参考記事:世界の美食家が絶賛!感動の食感が味わえる「GAZTA」のバスクチーズケーキ(配信日:2018.10.05)

食べ方はなんと4通り!?「BLOCK BLOCK TOKYO -Roppongi-」

六本木駅から5分ほど歩くと見えてくるのが、バスクチーズケーキ専門店「BLOCK BLOCK TOKYO -Roppongi-(ブロック ブロック トーキョー 六本木)」。
コンパクトでかわいらしい外観のこのお店は、テイクアウト専用。気軽に立ち寄れるスタイルがうれしいですね。

購入できるバスクチーズケーキは3種類。
写真左から、「バスクチーズBB」346円税込、「バスクオレンジBB」367円税込、「ブルーチーズBB」346円税込です。
 
こちらのバスクチーズケーキは、なんと4通りもの食べ方があるんです!
①常温
②冷蔵庫で冷やす
③冷凍庫で冷やす
④トースターで温める

食べ方を変えることでまた表情を変えるので、食べ比べを楽しむのもおすすめです。自分にぴったりな食べ方を見つけてみてください。

■参考記事:4通りの食べ方を楽しめる!?早くも話題の“バスクチーズケーキ”専門店が六本木に(配信日:2019.06.15)

“呑めるカフェ”の大人なスイーツ!「イイジカン」

東京の真ん中ともいえる麹町にオープンした、お酒も呑めるカフェ「イイジカン」。

ぜひオーダーして欲しいのが、今大注目の「バスク風チーズケーキ」(税抜き580円)。

大人のためのスイーツが作りたいというオーナーのこだわりで、優しい味わいのなかに微かにチーズの塩味が感じられるおいしさ。
ぜひワインなどのお酒に合わせて楽しんでほしい一品です。

■参考記事:絶品クラシックプリンに注目!お酒とスイーツのコラボが楽しめるカフェ(配信日:2019.05.18)

食感のバランスが抜群!「CAFÉ BARNEY」

代々木公園駅・代々木八幡駅から徒歩1分ほどの場所にある、“ナチュラルワインと自家製デザート& Good Music”のお店「CAFÉ BARNEY(カフェバルネ)」。

こちらが「バスクチーズケーキ」(800円)。表面に焦げがしっかりついていますが、なかはこんなにクリーミィ!

甘さ控えめで、ギリギリまでしっかり焼かれた表面と内側のクリーミィな部分とのバランスが抜群!大人なおいしさです。

■参考記事:次なるブーム!?絶品バスクチーズケーキが楽しめるおしゃれカフェ(配信日:2019.07.22)

とろ〜りクリーミー!「BELTZ」

バスクチーズケーキの専門店「BELTZ(ベルツ)」。店内は海外の絵本で見るような色使いやアートが施されていて、とてもかわいい空間です。

チーズケーキの表面は真っ黒コゲですが、ナイフを通して断面をのぞくとやわらかな生地がとろ~り…。
ひと目見たら、テンションが上がること間違いなしです。

こちらで扱うのは、サイズ違いの「バスクチーズケーキ」(Sサイズ 702円、Mサイズ 2592円)のみ。
焼き上げる際に側面から熱が伝わるため、Mサイズのほうがバスクチーズケーキのおいしさの特徴でもあるクリーミー部分が、よりたっぷりと多く楽しめますよ。

■参考記事:一見黒焦げ!?なケーキの中は、とろ〜り濃厚!美食家たちが愛する絶品チーズケーキ(配信日:2018.12.31)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください