鹽竈神社 しおがまじんじゃ

古くから東北鎮護・陸奥國一宮として信仰を集めてきた。創建は不詳だが、平安時代初期よりすでに重要な社として尊崇厚いものがあった。現在の社殿は、宝永元年(1704)に9年の歳月をかけて仙台藩主伊達氏により造営されたもの。境内にはシオガマザクラ(天然記念物)や葉書の由来とされるタラヨウなど珍しい植物も多い。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 4月中旬~5月上旬
本数 約300本
桜の種類 シオガマザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノほか40種ほど
桜祭り あり/花まつり(神輿渡御)/2020年4月26日(日)
夜桜・ライトアップ あり/開花後の土・日曜、祝日/日没~20時
所在地 宮城県塩竈市一森山1-1
営業・拝観時間 5~20時
問合先 022-367-1611
料金 無料
交通 交通情報:本塩釜駅→徒歩15分/車:三陸道利府中ICから県道271号経由4km10分
駐車場 あり/300台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鹽竈神社

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください