高台寺 こうだいじ

豊臣秀吉の正室、北政所(ねね)が慶長11年(1606)に秀吉の菩提を弔うために開いた寺。創建当初は徳川家康の援助もあり、広大な寺域をもつ壮麗な寺であったが、度重なる火災に遭っている。桃山様式の創建当時の面影を残すのは、開山堂(重要文化財)と、須弥檀や厨子の高台寺蒔絵で名高い霊屋[おたまや](重要文化財)、伏見城から移した茶室傘亭(重要文化財)と時雨亭(重要文化財)、表門(重要文化財)、観月台(重要文化財)など。東山を借景にした小堀遠州作の庭園(名勝・史跡)も見ごたえがある。小学生が参拝する際は小学生10名に1名大人の引率が必要。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 大般若祈祷会では高台寺の僧侶により大般若経600巻の転読がされ、1年の安寧が祈願される。初詣期間中は通常非公開の勅使門より参詣可能。
所在地 京都府京都市東山区高台寺下河原町526
ご利益 開運、出世、健康長寿、災難厄除、恋愛成就、学問成就、厄除け、無病息災、その他
祭神 境内内の高台寺天満宮、菅原道真公
宗派・ご本尊 臨済宗建仁寺派/釈迦如来
初詣行事 ●大般若祈祷会/2021年1月1日11時
問合先 075-561-9966
料金 拝観大人600円、中・高校生250円
交通 交通情報:京都駅→市バス206系統で15分、バス停:東山安井下車、徒歩7分。または京阪祇園四条駅→徒歩20分/車:名神高速京都東ICから国道1号経由5km15分
駐車場 あり/100台/1時間600円、以降30分毎300円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

高台寺

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください