三次・世羅

三次・世羅

県の中北部に位置する安芸高田は、戦国武将・毛利元就ゆかりの地。元就の本拠地であった郡山城をはじめ、市内各所に元就や戦国時代の足跡をたどれる史跡が残る。郡山合戦では月山富田城の大名・尼子氏を滅ぼし、西日本最強の戦国大名となった。早くから開けた三次には、浅野藩時代に造られた小路や武家・浅野氏の菩提寺、鳳源寺などがあり、夏は馬洗川にて「三次の鵜飼」が行われる。上下町は土蔵や町家が残る石州街道の宿場町。

該当する記事:0件

三次・世羅に関連するタグ

タグをすべて見る
ページトップへ戻る ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ