佐賀・吉野ケ里

佐賀・吉野ケ里

県の中心都市・佐賀は、鍋島藩三十六万石の城下町。北部には山林や清流があり、各所に温泉が湧く。中心部は近代化を歩む明治の日本をリードした歴史遺産の町で、旧長崎街道沿いに武家屋敷や古い商家が残る。北東部に広がる吉野ケ里は、日本最大級の環壕集落遺跡。弥生時代のすべての時期の遺構・遺物が発見され、学術的価値が高い。「吉野ケ里歴史公園」では、勾玉作りや火おこしなどを通じて弥生時代を体験できる。

該当する記事:0件

ページトップへ戻る ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください