奈良県のおすすめ初詣スポット、2019年の初詣行事やご利益は?

大神神社

奈良県のおすすめ初詣スポット、2019年の初詣行事やご利益は?

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
奈良県 年末年始におすすめ 初詣 正月 寺社 ご利益
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

奈良県(奈良市、橿原、飛鳥、桜井など)で初詣におすすめの神社や寺院などをご紹介。各寺社の由来や初詣行事、「厄除け、開運、縁結び、商売繁盛…」などの主なご利益、お正月の混雑時間などをチェック。2019年のお正月にお参りしたいスポットを探してみて。

Summary

奈良市街・奈良公園…4件

般若寺(奈良県/奈良市)

聖武天皇が堂塔を建立したと伝わる。鎌倉時代の優美な楼門(国宝)を旧街道に面して構え、境内の中心に鎌倉時代の十三重石塔(重要文化財)が立つ。コスモスでも名高い。

No Image

初詣期間の情報
参拝は9~17時。

  • ご利益:受験合格、就職成就
  • 宗派・ご本尊:真言律宗/文殊菩薩
  • 料金:拝観500円、中・高生200円、小学生100円
  • 駐車場:あり/60台/無料、秋のみ30分100円
  • URL:http://www.hannyaji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

東大寺(奈良県/奈良市)

仏教を中心とする国づくりを進めた、聖武天皇の発願で創建。大仏造立は国を挙げた一大プロジェクトで、天平勝宝4年(752)、大仏開眼法要が盛大に営まれた。治承4年(1180)、平重衡の南都焼き討ちで大半の堂塔を焼失したが、重源上人の勧進で復興。しかし永禄10年(1567)に松永久秀の兵火にかかり、再焼失。江戸中期になって現在の伽藍が整った。広大な境内に、南大門・大仏殿・鐘楼・法華堂・二月堂・転害門(以上すべて国宝)などが散在する。

東大寺

写真提供:奈良市観光協会

初詣期間の情報
1月1日の0~8時までは大仏殿入堂無料。また大仏殿中門(普段は通り抜けできない)より入堂となる。同じ時間に大仏殿の観相窓が開扉され、屋外より大仏様の顔を拝することができる。

初詣行事
● 初詣[二月堂]/2019年1月1日/0時~観音経の読誦

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • 宗派・ご本尊:華厳宗/盧舎那仏(大仏)
  • 混雑時間:1月1~3日とも終日混雑
  • 料金:境内自由(大仏殿・法華堂・戒壇堂は各お堂ごとに入堂料600円)、共通券(大仏殿・ミュージアム1000円))
  • 駐車場:なし
  • URL:http://www.todaiji.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

春日大社(奈良県/奈良市)

奈良時代のはじめに、平城京の守護の為創建されたのが始まり。平安時代には現規模の社殿が整った。皇室の尊崇も篤かったが、庶民の信仰も集め、多くの灯籠が奉納された。本殿や古神宝類が国宝に、若宮神社、南門など多くの社殿と神宝が重要文化財に指定。社殿は式年造替[ぞうたい]といって、20年ごとに造り替えられてきた。

春日大社

初詣期間の情報
開門時間は12月31日6時30分~17時、23時45分~1月1日20時、2・3日6時30分~19時、4・5日6時30分~18時。

初詣行事
● 日供始式並興福寺貫首社参式/2019年1月2日10時~/中門下・若宮神社拝舎にて
● 神楽始式/2019年1月3日11時~/中門前にて
● 御祈祷始式/2019年1月7日10時~/中門前にて

  • ご利益:開運招福全般、交通安全、災難除け、厄除け
  • 祭神:武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神
  • 混雑時間:1月1日0~3時、12~16時 2・3日12~16時
  • 料金:境内自由(御本殿前特別参拝500円)
  • 駐車場:あり/100台/1000円/年末年始は奈良公園周辺で交通規制が予定されている
  • URL:http://www.kasugataisha.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

興福寺(奈良県/奈良市)

京都山科の藤原鎌足[ふじわらかまたり]の私邸に建立された山階[やましな]寺が始まり。飛鳥を経て平城遷都に伴い現在地に移り興福寺と号した。藤原氏の氏寺として隆盛し、平安時代には大和国を支配。僧兵を擁し、比叡山延暦寺とともに南都北嶺[なんとほくれい]と呼ばれ、畏れられた。平家の南都焼討ちで大半の堂塔を焼失したが、鎌倉時代に復興。その後も堂塔は焼失と再建を繰り返したが、寺勢は徐々に衰え、明治の廃仏毀釈では崩壊寸前に追い込まれた。それでも東金堂[とうこんどう](国宝)、五重塔(国宝)、北円堂(国宝)、三重塔(国宝)、南円堂(重要文化財)などが残り、優れた仏像を多数所蔵する。

興福寺

初詣期間の情報
境内自由、国宝館・東金堂・中金堂も通常通り9~17時。

初詣行事
● 新春護摩祈祷/2019年1月1~3日14時~/不動堂にて1月1~3日に護摩の祈祷が行われる
● 春日社参式/2019年1月2日10時~/貫首以下僧侶が春日大社の社頭に参り、神前説教を行う(春日大社:奈良市春日野町160)

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:南円堂:緒願成就、家内安全、交通安全、東金堂:病気平癒、学業成就
  • 宗派・ご本尊:法相宗/釈迦如来
  • 料金:境内自由
  • 駐車場:あり/46台/1回1000円/除夜の鐘に際しては利用不可なので要注意
  • URL:http://www.kohfukuji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

西大寺・西ノ京…3件

唐招提寺(奈良県/奈良市)

聖武天皇に招かれて唐から苦難の末に渡ってきた鑑真[がんじん]和上が、新田部[にいたべ]親王の旧邸跡を賜り、天平宝字3年(759)に建立した。当初は簡素な建物であったが、朝廷などの寄進により徐々に伽藍を整えていった。災禍を免れ、創建時の姿をよく残している。御影堂(重要文化財)の鑑真和上像(国宝)は開山忌に開扉。境内には、『若葉して御眼[おんめ]の雫拭[しずくぬぐ]はばや』の芭蕉句碑が立つ。

No Image

初詣期間の情報
12月31日23時30分~1月1日2時頃まで開門。1月1日8時30分~通常通り。1月1~3日8時30分から金堂にて千手観音守りの授与(数に限りあり)。

初詣行事
● 修正会/2019年1月1日0時~/礼堂にて新年を迎えるにあたって、前の年の行いを振り返って、悔い改めるとともに世の中の平安・五穀豊穣を祈願する法要が行われる
● 修正会・餅談義/2019年1月3日18時~/修正会護摩供の後に、鏡餅をお供えした人の名を読み上げ、全国の餅の名を讃嘆するユーモラスな餅談義が行われる

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:開運招福全般、災難除け、学業成就
  • 宗派・ご本尊:律宗総本山/盧舎那仏
  • 祭神:釈迦如来
  • 混雑時間:1月1日10~13時、15~17時
  • 料金:拝観600円(新宝蔵は別途)
  • 駐車場:あり/140台/500円
  • URL:http://www.toshodaiji.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

薬師寺(奈良県/奈良市)

天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈って発願、藤原京に完成し、平城遷都とともに現在地に移転した。兵火や天災で創建当初の建物は東塔(国宝)を残すのみとなっていたが、金堂再建に始まり、西塔、中門、回廊、大講堂などの白鳳伽藍が次々と復興されている。平成29年(2017)春には食堂が再建された。東塔は平成22年(2010)11月~2020年4月まで解体修理中。

薬師寺

薬師寺

初詣期間の情報
参拝は12月31日22時30分頃~1月1日2時頃。一度閉門後、1月1日からは通常拝観8時30分~17時。

初詣行事
● 修正会法要/2018年12月31日23時45分~/吉祥天のご宝前(金堂)にて吉祥悔過法要を厳修する
● 新春法要/2019年1月1~3日13時~/金堂にて
● 初護摩祈願/2019年1月1~3日10時~16時30分/大講堂前にて

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:開運招福全般、商売繁盛全般 、交通安全全般、災難除け、傷病平癒全般
  • 宗派・ご本尊:法相宗大本山/薬師三尊像/吉祥天画像
  • 混雑時間:12月31日23時30分頃~1月1日1時頃、1月1~3日13~15時
  • 料金:玄奘三蔵院伽藍公開時拝観大人1100円、中・高校生700円、小学生300円、玄奘三蔵院伽藍非公開時大人800円、中・高校生500円、小学生200円
  • 駐車場:あり/100台/500円/12月31日20時~1月1日3時頃までは駐車場無料
  • URL:http://www.nara-yakushiji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

西大寺(奈良県/奈良市)

天平神護元年(765)、称徳天皇[しょうとくてんのう]の発願で東大寺に対する西の大寺として創建された。堂宇100以上の大伽藍を誇ったが、平安遷都や度重なる火災で衰退。鎌倉時代に中興の祖と呼ばれる叡尊[えいそん]が復興した。本堂前の巨大な基壇は東塔跡のもので、往時を偲ばせる。本堂の本尊木造釈迦如来立像(重要文化財)は叡尊が京都嵯峨・清凉寺の釈迦如来像を模刻させたもので、縄状に表現した頭髪と流れるような衣の襞が特徴。四王堂四天王像(重要文化財)の下に踏まれている邪鬼は創建当初のもの。叡尊ゆかりの大茶盛式も行われる。

西大寺

写真提供:奈良市観光協会

初詣期間の情報
本堂拝観は12月31日~1月1日2時までと、8時30分~16時30分、1月2日以降は8時30分~16時30分。

初詣行事
● 新春大茶盛式/2019年1月15日10~15時/拝服料1000円
● 初観音供/2019年1月18日/事前申込が必要、別途会費あり

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:縁結び、厄除け
  • 宗派・ご本尊:真言律宗/釈迦如来
  • 混雑時間:12月31日22時~1月1日2時
  • 料金:境内自由(本堂拝観400円、四王堂・愛染堂・聚宝館拝観各300円)
  • 駐車場:あり/80台/1時間300円/12月31日除夜の鐘の時間帯のみ無料
  • URL:http://www.naranet.co.jp/saidaiji/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

橿原・飛鳥…3件

橿原神宮(奈良県/橿原市)

畝傍山[うねびやま]の麓に位置し、第一代天皇の神武天皇と皇后を祭る。神武天皇は畝傍山東南の橿原宮で即位したという『日本書紀』の記述に基づき、明治23年(1890)に創建。本殿(重要文化財)は京都御所の内侍所[ないしどころ](賢所[かしこどころ])を移築したもので、手前に内拝殿、外拝殿が立つ。神域は53万平方mにおよび、玉砂利を敷き詰めた外拝殿前広場も清々しい。

橿原神宮

初詣期間の情報
新年の幕開けは初太鼓で始まり、大勢の参詣者によって賑わう。参拝時間12月31日6時30分~1月1日22時まで、1月2・3日6時30分~20時。4日6時30分~18時、5日6時30分~18時、6・7日6時30分~18時。

初詣行事
● 初太鼓/2019年1月1日0時~/日本紀元2679年の年頭にあたり大太鼓を打つ
● 歳旦祭/2019年1月1日6時~/新しい年を祝祷し、国の隆昌と皇室の安泰、世界の平和を祈願する
● 開運初神楽祈祷[特別神楽奉納]/2019年1月1~7日9時~日没まで/年頭にあたり厳かな神楽を奉納し開運延寿とともに御家庭の繁栄・無病息災を御祈念する

  • ご利益:国家安泰、開運招福、健康延寿
  • 祭神:神武天皇、媛蹈鞴五十鈴媛皇后[ひめたたらいすずひめのこうごう]
  • 混雑時間:1月1~3日とも終日混雑
  • 料金:無料
  • 駐車場:あり/750台/500円~/正月期間中は臨時駐車場を含め1700台駐車可能
  • URL:http://kashiharajingu.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

岡寺(奈良県/高市郡明日香村)

西国三十三カ所観音霊場第7番札所。奈良時代作の本尊如意輪観音坐像(重要文化財)は高さ4.6m、わが国最大の塑像で、厄除け観音として信仰を集める。草壁皇子の岡宮を義淵[ぎえん]僧正がもらい受け、寺にしたのが始まりというが、当初の伽藍は別の場所にあった。現在は山腹に江戸時代の書院(重要文化財)や仁王門(重要文化財)、本堂がたたずむ。境内はシャクナゲやサツキの名所でもある。

岡寺

初詣期間の情報
1月1~31日まで新春やくよけ祈願祭、近年は、正月休みを利用して若い人もたくさん参拝に訪れる。

初詣行事
● 元旦開帳法要/2019年1月1日0時~/開帳法要 および新春厄除、護摩供法要を本堂で勤修
● 新春やくよけ祈願祭/2019年1月1日~31日まで毎日随時厄除け申し込みを本堂でお願いすることができる

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:厄除け
  • 宗派・ご本尊:真言宗豊山派/如意輪観世音菩薩
  • 混雑時間:1月1~3日とも10~15時
  • 料金:拝観400円
  • 駐車場:なし/近隣に有料駐車場あり/近隣に民営駐車場あり
  • URL:http://www.okadera3307.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

飛鳥寺(奈良県/高市郡明日香村)

蘇我馬子の発願で推古4年(596)に完成した、日本初の本格的寺院。塔を3金堂が囲む大寺だったが、鎌倉時代に伽藍の大半を焼失した。現在の本堂は江戸時代の再建だが、本尊銅造釈迦如来坐像(重要文化財)は創建時の飛鳥時代の作。飛鳥大仏の名で親しまれる。

飛鳥寺

初詣期間の情報
初詣参拝は1月1日10時~16時45分(受付終了)、2日以降は9時~16時45分(受付終了)。

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • 宗派・ご本尊:真言宗豊山派/飛鳥大仏(釈迦如来像)
  • 料金:境内自由(本堂拝観350円、中・高生250円、小学生200円)
  • 駐車場:あり/20台/1回500円/12月31日除夜の鐘の時のみ駐車場無料

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

宇陀・桜井・山の辺の道…5件

聖林寺(奈良県/桜井市)

多武峰山麓の高台にあり、境内からは三輪山や箸墓[はしはか]古墳をはじめ大和盆地を一望できる。和銅5年(712)、藤原鎌足[かまたり]の長男定慧[じょうえ]の創建と伝えられ、和辻哲郎が『古寺巡礼』で気高いその姿を絶賛した十一面観音立像(国宝)は、天平彫刻の傑作としてあまりにも有名。江戸時代作の本尊丈六子安延命地蔵に、安産と子授けの祈願に訪れる人も多い。

聖林寺

初詣期間の情報
1月1日9時~1月3日16時30分、通常拝観、秘仏宝蔵天・弁財天を特別開扉。

初詣行事
● 秘仏宝蔵天・弁財天特別開扉/2019年1月1~3日

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:宝蔵天:財宝金銭充足、五穀豊穣、商売繁盛。弁財天:福徳円満、諸芸上達、弁才・記憶力向上。ご本尊(子安延命地蔵):安産・子授け
  • 宗派・ご本尊:真言宗室生寺派/子安延命地蔵菩薩
  • 料金:拝観400円、11月はマンダラ展開催につき500円
  • 駐車場:あり/20台/300円
  • URL:http://www.shorinji-temple.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

安倍文殊院(奈良県/桜井市)

大化元年(645)創建。本尊の文殊菩薩は鎌倉時代の大仏師・快慶作の国宝で日本最大(7m)。平安時代から魔除け・災難除けの守り神として尊崇されている陰陽師・安倍晴明公ゆかりの寺であり、全国から参拝者が絶たない。境内文殊池中央に浮かぶ金閣浮御堂霊宝館は、魔除け・災難除けの願掛け道場となっており、この御堂の回廊を自分自身が7回廻って、厄・災難を払う『災難除け七参り』を申し込むと「おさめ札と肌守り」が授与され堂内の宝物拝観ができる。

安倍文殊院

(C)安倍文殊院

初詣期間の情報
初詣には毎年多くの参拝者で賑わう。受験生の合格祈祷が多く、近年は魔除け、方位災難除けの祈願も多くみられる。

初詣行事
● 初祈祷会(修正会)/2019年1月1日0時~
● 一願成就絵馬焼き大とんど/2019年1月1日0時~
● 厄除け秘法七まいり初祈祷/2019年1月1日0時~

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:合格祈願、厄除け、魔除、災難除
  • 宗派・ご本尊:華厳宗/文殊菩薩
  • 混雑時間:1月1~3日とも終日混雑
  • 料金:本堂拝観は大人700円、子供500円(抹茶・菓子付き、正月期間は念珠プレゼントに変更の場合あり)、霊宝館拝観は大人700円、子供500円(七まいりおさめ札・お守り付)、本堂と霊宝館共通拝観は大人1200円、子供800円
  • 駐車場:あり/200台/500円、バス2000円
  • URL:http://www.abemonjuin.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

長谷寺(奈良県/桜井市)

西国霊場第8番札所。朱鳥元年(686)、天武天皇のため、道明上人が銅板法華説相図(国宝)を西の岡に安置。神亀4年(727)に徳道上人が聖武天皇の命を受け、東の岡に十一面観音像を安置したことに始まるという。創建以来十数回の火災に遭ったが、朝廷や豊臣秀長らの援助もあって再興。仁王門をくぐると、399段の石段の登廊(重要文化財)が本堂(国宝)に続く。舞台造の本堂は、徳川家光が慶安3年(1650)に再建したもの。室町時代作の本尊十一面観音立像(重要文化財)は高さ10mの巨像。寺宝は宗宝蔵で春と秋に拝観可。約7000株のボタンも有名。

長谷寺

初詣期間の情報
12月31日16時30分~1月3日まで入山料無料。

初詣行事
● 長谷寺観音万燈会/2018年12月31日19時~2019年1月1日5時、2~3日17~20時/願いを灯した燈明、燈籠をお供えする
● 本尊開帳法要/2019年1月1日0時~/新年最初の法要
● 仁王会・修正会/2019年1月1~7日/国家安穏などを祈願する

  • ご利益:開運招福全般、良縁祈願
  • 宗派・ご本尊:真言宗豊山派総本山/十一面観世音菩薩
  • 祭神:十一面観世音菩薩
  • 混雑時間:1月1日前後
  • 料金:12月31日16時30分~1月3日まで入山料無料。
  • 駐車場:あり/70台/500円/1月1~3日は無料
  • URL:http://www.hasedera.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

大神神社(奈良県/桜井市)

日本で最も古い神社といわれている。背後の三輪山を御神体とするため本殿はなく、古代の信仰形態を今に伝える。境内には寛文4年(1664)徳川家綱再建で平成11年(1999)に修復を終えた拝殿(重要文化財)が立ち、その奥に三輪鳥居とも呼ばれる三ツ鳥居(重要文化財)がある。三輪明神とも呼ばれ、信仰も篤い。祭神の大物主大神[おおものぬしのおおかみ]は酒造の神でもあることから、造り酒屋の軒先に吊されている杉玉はここから授与される。春の大神祭[おおみわさい]や後宴能、中秋の観月祭など行事が多い。また、大和の正月はここから始まるともいわれ、毎年元旦には壮大な火の祭典「繞道祭」[にょうどうさい]が催される。

大神神社

初詣期間の情報
参拝は24時間可。

初詣行事
● 繞道祭/2019年1月1日1時~/壮大な火の祭典

  • ご利益:無病息災、厄除け、縁結び、方除け、学業成就、交通安全、ほか諸願成就
  • 祭神:大物主大神、大己貴神、少彦名神
  • 料金:境内自由
  • 駐車場:あり/450台/正月のみ有料
  • URL:http://oomiwa.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

室生寺(奈良県/宇陀市)

奈良時代末、興福寺の僧賢憬が東宮(のちの桓武天皇)の病気平癒の祈祷の行場としたのが始まり。高野山金剛峰寺が女人禁制だったのに対し、室生寺は女人の参詣を許可、女人高野と呼ばれた。山中に柿葺[こけらぶき]の金堂(国宝)や弥勒堂(重要文化財)、檜皮葺[ひわだぶき]の本堂(国宝)などが散在。金堂には中尊釈迦如来立像(国宝)をはじめ、十一面観音(国宝)などを安置。ほかにも弥勒堂の釈迦如来坐像(国宝)など優れた貞観仏が伝わる。高さ16mの五重塔(国宝)は屋外に立つ古塔としては最小。平成10年(1998)の台風で大きく損壊したが、修復されて蘇った。塔の左の道を登れば奥の院へと至る。

室生寺

初詣期間の情報
奥の院参拝者100人に根付けと土鈴か絵馬が進呈される。

初詣行事
● 暁天祈祷/2019年1月1日0時~

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:諸願成就
  • 宗派・ご本尊:真言宗室生寺派/如意輪観音
  • 料金:拝観600円
  • 駐車場:あり/100台/500円/除夜の鐘の時間帯12月31日夜~1月1日3時頃まで無料
  • URL:http://www.murouji.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

五條…1件

金剛寺(奈良県/五條市)

平重盛[たいらのしげもり]によって平安末期に創建されたと伝わる古刹。本堂に藤原時代作の本尊薬師三尊像を安置する。ボタンの名所としても知られ、季節には100種1000株の艶やかな花が咲き誇る。ツツジ、大山レンゲや小菊も美しい。

金剛寺

初詣期間の情報
薬師如来への初詣祈願(除病延寿、家内安全)として、長寿ろうそくが奉納され、毎年多くの人で賑わう。

» このスポットの除夜の鐘の情報

  • ご利益:除病延寿、身心快楽、家内安全
  • 宗派・ご本尊:高野山真言宗/薬師如来
  • 料金:拝観300円(ボタンの時期は350円)
  • 駐車場:あり/40台/ボタン時期は1台300円
  • URL:http://www.e-kongouji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

  • 掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください

るるぶモールのおすすめ特集

るるぶモール ネット予約で行列回避!元旦にランチの予約ができるレストラン

るるぶトラベルのおすすめ特集

るるぶトラベル 年末年始国内旅行特集2018‐2019
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 下川友子 下川友子
  • Masa Masa
  • 6151 6151
  • もえのあずき もえのあずき
  • 山田茜 山田茜
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ