夏はやっぱり沖縄!初めてでもおすすめな“のんびり涼しげ”絶景スポット12選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
沖縄県 おでかけ 沖縄の離島 絶景 海カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

夏の旅行といえば、やっぱり思い浮かぶのが「沖縄」ですよね。今回は、涼しげな絶景のなかでのんびり過ごせるおすすめスポットを12か所ご紹介します!日ごろの疲れを癒しに、非日常を味わいにいきませんか?

Summary

海辺のカフェ

地元で愛される喫茶店のような空間「BB-Coffee」

「BB-Coffee(ビービ―コーヒー)」があるのは、沖縄市泡瀬の、堤防沿いの道を入ったところ。那覇市街地からは、車で約50分ほどの場所にあります。
濃い青が印象的な四角い建物が、なんだか秘密基地みたいでワクワクしますね!
「BB-Coffee」は、もともと倉庫だったところをリノベーションしたそう。どこかアメリカ西海岸のような雰囲気も感じられる、シンプルでかっこいい外観です。

広いテラス席もあるので、天気がいい日は沖縄の空気を感じながら、ピクニック気分でコーヒーを楽しむのもいいですね。

カフェラテ 540円
カフェラテ 540円

「BB-Coffee」でぜひ注文してほしいのが、なんといっても「カフェラテ」!
こちらのカフェラテは、ただのカフェラテじゃないんです。
カフェラテをはじめ、「BB-Coffee」で使っているコーヒー豆は、同じ沖縄市内にあるコーヒー豆専門店「豆ポレポレ」のもの。カフェラテに合うように、特別に焙煎してもらっているそうです。また、牛乳は、県内の「玉城牧場」のこだわりの牛乳を使用しています。
とくにおすすめはアイスカフェラテ。牛乳の甘みとコーヒー豆のほろ苦さのバランスが絶妙で、何度もリピートしたくなる味です。

観光客も常連さんも、訪れた方がみんな幸せな気持ちになれる癒しのカフェ。ぜひ行ってみてくださいね。

■参考記事:リピート必至!“究極のカフェラテ”が飲める、居心地抜群の海辺カフェ(配信日:2019.02.06)

これぞ理想的な海カフェ「浜辺の茶屋」

店名の通り立地は浜辺。海との距離はほぼゼロというまさに理想的な海カフェです。特等席は海が一望できるカウンター。

自家製パンを使った沖縄フルーツと野菜のカンパーニュサンド594円や琉球花紅茶540円などが楽しめますよ。

■参考記事:沖縄の海カフェをご紹介。オーシャンビューの絶景カフェ4選(配信日:2018.05.10)

海の上の目が覚めるようなオーシャンビュー「海Cafe&Kitchen St.ELMO」

「海Cafe&Kitchen St.ELMO(うみカフェアンドキッチンセントエルモ)」がオープンするのは5~10月の間のみ。石垣島がもっとも煌めく夏のハイシーズンだけを切り取って楽しむことができます。
店内やテラスは船をイメージしていて、特にテラスは船の甲板そのもの。本物のヨットと同じ帆布を使ったテントが海風でふわりと膨らみ、航海しているような気分も。
水平線の先には竹富島や西表島といった離島の島影が見え、南国リゾートならではの景色にテンションMAXです。

島産の野菜やフルーツを中心にした、見た目も鮮やかで健康的なメニューが充実しています。
写真の「シーザーサラダ」1000円は、南国らしいドラゴンフルーツのソースがアクセント。さらにフルーツやナッツをトッピング、甘みや食感のよさをプラスしています。

食後にはやはりデザートも欠かせません。イチオシは、数種類のフルーツがのった「フルーツパンナコッタ」700円。ふるふるっと軟らかなパンナコッタ生地の優しい口当たりがたまりません。

ブルーの海を見渡す絶景とカラフルで栄養満点なフードが楽しめるおしゃれなカフェ、ぜひ大切な人と一緒に訪れて、石垣島での素敵な思い出を作ってくださいね。

■参考記事:オープンは5~10月だけ。石垣島の‘見渡す限り海’なおしゃれカフェ(配信日:2018.07.10)

眺めのいいテラスとバリ風のインテリア「cafe CAHAYA BULAN」

バリ風のインテリアがリゾート感を演出する店内は、どの席からも絶景が楽しめます。なかでも4席あるテラス席に座れば、目の前に伊江島を望む美しい景色が一望のもとに。

ラフテー丼980円に海ぶどう320円をトッピング
ラフテー丼980円に海ぶどう320円をトッピング

フォーをアレンジしたアジアンそば880円や、八角をのせたラフテー丼などアジアンなメニューにも注目です。

■参考記事:沖縄の海カフェをご紹介。オーシャンビューの絶景カフェ4選(配信日:2018.05.10)

ビーチまで30秒!ハイクラスな海の家「Blue Turtle」

宮古島から伊良部大橋を渡っていく伊良部島。伊良部島は、宮古ブルーの海に囲まれた絶景スポット満載の島でもあります。なかでも美景ビーチとして名高い「渡口の浜」の目の前にあるのが白亜の海カフェ「Blue Turtle(ブルータートル)」です。

青い海の色に映える真っ白でスタイリッシュな外観がおしゃれな雰囲気。さながら「ハイクラスな海の家」といったところでしょうか。店横の壁には、店名にもなっているタートルが飾られています。記念写真にもおすすめです。

お店の目の前にある「渡口の浜」はパウダーサンドの砂浜の向こうに澄んだブルーグラデーションの海が広がる島内屈指の美景ビーチ。
店先のテラス席からビーチまでは徒歩わずか30秒ほど。こんな贅沢なロケーション、なかなかありません。ちなみにテラス席は水着で利用可能、無料シャワーやビーチパラソルのレンタルもあり、海水浴とセットで海カフェタイムを楽しむことができます。

外階段から上がれる屋上もテラス席として開放されていて、ここからの眺めが最高!約800m続く真っ白な砂浜に打ち寄せる波、そしてこれぞ「宮古ブルー」という鮮やかで透明感のあるブルーの海…、しばし言葉を忘れてしまうほど美しい景色が広がっています。 ぜひ、満潮の時間帯を目指してベストビューを心ゆくまで楽しんでくださいね。

■Blue Turtle
住所:沖縄県宮古島市伊良部伊良部1352-16
TEL:0980-74-5333
営業時間:11~21時LO
定休日:無休(荒天時を除く)

■参考記事:宮古ブルーの絶景!最高のオーシャンビューが待っている、伊良部島の海カフェ(配信日:2019.07.06)

本格な創作料理を非日常とともに「Transit Café」

抜群のロケーションが自慢のこちらでは、濃厚チーズが絶品なカマンベールチーズ“フォンデュ風”スペシャルミックス1420円など、創作イタリアンが人気。

今週のパスタ・ランチ1320円(写真は魚介の旨みたっぷり!フレッシュトマトのペスカトーレ)
今週のパスタ・ランチ1320円(写真は魚介の旨みたっぷり!フレッシュトマトのペスカトーレ)

ランチ、ディナー、バーと一日中使えるのも魅力的です。ゆったりと非日常を楽しみましょう。

■参考記事:沖縄の海カフェをご紹介。オーシャンビューの絶景カフェ4選(配信日:2018.05.10)

海&ビーチ

無人島で時間を忘れる「ハナリ島」

那覇市内から高速船で約35分の場所に位置する渡嘉敷島。そんな渡嘉敷島を代表するビーチのひとつ「阿波連(あはれん)ビーチ」から約1kmの場所に位置する無人島が、今回ご紹介する「ハナリ島」です。

泳いで行くことは禁止されているので、バナナボート(有料)を使って連れて行ってもらいます。小さな無人島なのでお店は一切ありません。日焼け止めやパラソル、タオルや飲料水などは持参して行きましょう。
※ハナリ島へは、バナナボート以外にも渡し船(有料)などでも行けます。

この写真はボートの上から撮ったもの。実は一切加工をしていません!
肉眼でも魚たちが泳ぐ姿を見ることができるぐらいの透明度なので、シュノーケルセットを持って行って、シュノーケリングを楽しんでもよし!

この色を一目見に、魅力たっぷりの渡嘉敷島へ行ってみませんか?

■渡嘉敷島ホエールウォッチング~とかしきクジランド~(とかしきじまほえーるうぉっちんぐ とかしきくじらんど)
住所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村渡嘉敷1918‐2
電話:070-5691-7472(8~20時。ダイビングサービス月の翼)
営業時間:2019年は2月1日~3月24日に運航予定。阿波連から10時出航(所要約3時間)
定休日:天候により中止の場合あり
料金:1人7000円

■参考記事:渡嘉敷島で憧れのケラマブルーを見よう♡【絶景travelersがみつけた!パワーをもらえる絶景VOL.8】(配信日:2019.01.22)

マリンアクティビティも充実!「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」

パラセールやフィッシング、クルージング、ヨットスクールに加え、近場で沖縄県内有数のポイントがあるダイビングメニュー等、レジャーメニューを豊富に取り揃えています。
ビーチスクールやシュノーケリング体験を含むマリンアクティビティも充実していますよ。

■参考記事:沖縄県のおすすめビーチ・海水浴場【2019年夏】(配信日:2019.07.17)

真っ白な砂浜が広がる!「リザンシーパークビーチ」

リザンシーパークホテル谷茶ベイの目の前に広がる真っ白な砂浜が続くロングビーチ。ビーチでのんびり過ごしたり、マリンスポーツで楽しむこともできます。
ビーチでは気軽に楽しめるアクティビティや本格的なマリンスポーツまで充実したプログラムが用意されているので、ぜひ体験してみて。
また、ホテルには年中楽しめる室内プールもありますよ。

■参考記事:沖縄県のおすすめビーチ・海水浴場【2019年夏】(配信日:2019.07.17)

沖縄屈指の透明度!「サンマリーナビーチ」

環境省より最高ランク「AA」と評価された沖縄県内でも屈指の透明度を誇るビーチです。
豊富なマリンアクティビティは大人気で、1年中楽しむことができますよ!(一部メニュー除く)

■参考記事:沖縄県のおすすめビーチ・海水浴場【2019年夏】(配信日:2019.07.17)

多彩なマリンメニューが揃う!「ルネッサンスビーチ」

ダイビングポイントの真栄田岬を望むルネッサンスビーチは、リゾートエリア恩納村の南端に位置する「ルネッサンス リゾート オキナワ」内のプライベートビーチ。ダイビングやシーウォークのほか、船室が1.2m海中に沈むグラスボードでのクルーズなど40種類以上の多彩なマリンメニューが揃っています。
なお、ホテル内のビーチのため、外来のゲストは施設利用料として大人3000円(税別)、小学生2000円(税別)が必要となります。※幼児は無料
宝探しイベントトレジャーハンティングなどのイベントに参加したり、水上バイクの水圧で海上へ飛び立つフライングジェットボードで上空からの景色を楽しむこともできますよ。

■参考記事:沖縄県のおすすめビーチ・海水浴場【2019年夏】(配信日:2019.07.17)

ホテル

何もしない贅沢「Chillma」

那覇から車で約1時30分ほど。今帰仁村という村に、4室だけの隠れ家的なヴィラ「Chillma」があります。
よく聞く「何もしない贅沢」という言葉。ここへ来てあくせくするのは勿体ない…!と思わずにはいられない極上のプライベート空間です。 

海を一望できるバスルーム。海を独り占めにしたような気分になれます。

夕飯は近所に買い出しに行って、キッチンで作ります。明るいうちにプライベートビーチに降りて遊んだりしながら、のんびりと。

「あれ?私たちここに住んでたっけ?」と思ってしまうような、ゆったりと贅沢な時間を過ごせる沖縄のコンドミニアムです。

■Chillma
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字運天506-1
TEL:050-5810-3978
料金:1泊1部屋あたり2万8000円~8万3000円(消費税、サービス料込。定員は大人2名。+3000円で添い寝の小学生以下の子供1名まで追加可能。消費税、サービス料込。季節やプランにより料金の変動あり)

■参考記事:【村上萌が提案する30歳からの #週末野心 vol.3】暮らすように沖縄を旅したい(配信日:2018.06.11)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • 村上萌 村上萌
  • mini_minor mini_minor
  • あや猫 あや猫
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ