絶対に外さない!大人のためのハイセンスな贅沢手土産9選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 ショッピング 手土産 おもたせ スイーツ 大人向け
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

手土産にいつも悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。特に目上の方や特別なシーンで渡す手土産は慎重に選びたいもの。今回は、そんな方におすすめしたい、大人の贅沢を楽しめるハイセンスな手土産を9つご紹介します。どれも都内で買えるものばかりです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Summary

まるで宝石なミニャルディーズ専門店「UN GRAIN」(表参道)

ミニャルディーズ専門店の「UN GRAIN(アン グラン)」は、シガールで有名な老舗洋菓子屋「ヨックモック」の新ブランドです。表参道駅から15分ほど歩くと、緑とお花に囲まれた隠れ家的なお店が現れます。

「ミニャルディーズ」とは、フランス語で「上品さ、可憐さ」という意味。その名の通り、宝石のように美しくかわいらしい、ひとつまみサイズのスイーツです。

「UN GRAIN」の「ミニャルディーズ」は、通常よりちょっと大きめで直径4~5cmほど。芸術作品のような精巧さは、このサイズだからこそ表現できるのです。

商品はなんと約40種類(生菓子・半生菓子約20種、焼き菓子約20種)。種類も豊富なので、いろいろ選べる楽しみがありますね。どれにしようか迷ってしまうほど、美しいものばかりです。しかも、季節によっていろいろな「ミニャルディーズ」を展開しているので、いつでも新たな味に出会えるのもうれしいポイントです。

今回はシェフ・パティシエの昆布智成さんにオススメ商品をピックアップしてもらいました。

写真左が「アンジュ」。フランス産のフロマージュブランというチーズを使った純白のレア・チーズケーキ。そのなかにフランボワーズのとろっとしたソースが入っていて、サッパリとした味わいとふんわりした舌触りです。
真ん中が「ヴェール」。人気のピスタチオ商品ですが、春バージョンはさわやかなイメージが特徴。なめらかなクリームにカルダモンのスパイスが効いていて、独特な味わいをつくりあげています。
右が「マカロン・アブリコ」。フランスのプロバンス地域はアプリコットの特産地。ねちっとした食感のアプリコットとさわやかなココナッツのクリーム入り。かろやかな香りのピンクペッパーが味に変化をつけているのがポイントです。

ぜひ足を運んで美しいミニャルディーズの世界を楽しんでみてくださいね!

■参考記事:まるで食べる宝石!ひとつまみサイズのスイーツ専門店(配信日:2019.05.22)

「Lien」でリッチなフォアグラスティック(池尻大橋)

池尻大橋にある大人気のフランス料理レストラン「Lien(リアン)」が、2019年5月30日に自家製パンと食のセレクトショップ~料理人がつくる料理にあう「パン」と「ギフト」のお店~「LʻATELIER de LIEN(ラトリエ・ドゥ・リアン)」を奥中目黒(目黒区青葉台)にオープン。

ちょっと上級なギフトで、目上の方に贈る手土産としておすすめしたいのが「フォアグラアイススティック」(税抜320円/1本)。レストランのアミューズでも大人気です。

5本(税抜1800円)、10本(税抜3500円)入りのギフトBOXもあります。

低温調理したフォアグラにクルミ、アーモンド、キャラメリゼした砂糖を、細かく砕いたものをコーティング。パンやジャム、ワインなどにピッタリの味わい。

高級食材フォアグラを贅沢にスイーツにしたこちらは、グルメな人にこそ喜ばれること間違いなしのギフトです。

■LʻATELIER de LIEN(ラトリエ・ドゥ・リアン)
住所:東京都目黒区青葉台3-13-14 1F
TEL:03-6455-1152
営業時間:11~20時
定休日:月曜

■参考記事:ほめられ手土産の決定版!初販売される大人気レストランのパンは要チェック(配信日:2019.06.13)

お酒のお供に「BELTZ」のバスクチーズケーキ(恵比寿)

バスクチーズケーキの専門店「BELTZ(ベルツ)」で扱うのは、サイズ違いの「バスクチーズケーキ」(Sサイズ 702円、Mサイズ 2592円)のみ。

バスクチーズケーキとは、スペイン・バスク地方にある美食の街、サンセバスチャンにあるバルでお酒のお供として愛される逸品。
「BELTZ」では、オーナーたちが現地に足を運んでリサーチをしながら、レシピから焼き時間や温度などを試行錯誤し、日本人が好むようによりなめらかで繊細な味わいを追求しているのだそう。

表面はこんがり、カラメルのように香ばしく、中身はふわっとしながらも重厚感があり、口の中でとろけるクリーミーな食感、そして味は超濃厚!スフレでもレアでもない新感覚のチーズケーキで、小さな1切れでも十分に満足感を得られます。

「バスクチーズケーキ」はテイクアウトのみの販売。手土産に利用する方も多いのだそう。スイーツと言っても、バルでも親しまれるケーキなのでお酒の席へのお持たせにもぴったりです。

パッケージも抜かりなく、大人女子の心を打つキュートなデザイン!渡したときに「センスがいい」と思われること請け合いです!

■BELTZ
住所:東京都渋谷区広尾2-2-18
TEL:050-7108-1030
営業時間:11~19時
定休日:月曜(祝日の場合は火曜に振替)

■参考記事:一見黒焦げ!?なケーキの中は、とろ〜り濃厚!美食家たちが愛する絶品チーズケーキ(配信日:2018.12.31)

選ぶのも楽しい種類豊富なチーズ専門店「Alpage」(神楽坂)

「Alpage(アルパージュ)」は、地下鉄神楽坂駅から歩いて2~3分の位置にあります。 取材時は平日の夕方だったのですが、お客さんが次々とやってくる人気のお店です。

ショーケースにずらっと並べられたチーズたち。対面販売なので、どれにしようか迷う前に、店員さんが「お探しのものはありますか?」と声をかけてくれるのもうれしいポイント。どのワインやメニューと合わせるのかを言えば、それにマッチしたチーズをピックアップしてくださいます。なかには、ワインボトルを持ってきて「これに合うチーズをください!」なんておっしゃるお客さんもいるそう。

ポップの説明だけ見るだけではなかなかわからないですが、店員さんと話しながらピッタリのものを見つけられるので安心ですね。 予算や、相手がどんな食の好みかなどを言えば、ギフトセットも作っていただけるそうですよ。

ビールに合う!とオススメしていただいたのは「デュオ・デュ・ブリ―(アイユ・エ・フィーヌ・エルブ)」。ブリーチーズに、にんにく、パセリ、シブレット、胡椒がサンドされています。ハーブも香る、豊かな風味が味わえる一品。

とにかく奥が深いチーズの世界。その方の好みや季節のおすすめなど明確に区切ることは正直難しいと森さんは話してくれました。
まずは一歩踏み出して、自分好みのチーズに出合う旅を始めてみませんか?

■Alpage(アルパージュ)
住所:東京都新宿区神楽坂6-22
電話:03-5225-3315
営業時間:11~19時(金・土曜は~20時)
定休日:なし

■参考記事:テーブルチーズ入門~初心者にオススメの種類とその選び方~(配信日:2019.02.12)

「THE GRAND GINZA」で限定20食の幻スイーツ(銀座)

THE GRAND GINZA
THE GRAND GINZA

銀座の大型商業施設GINZA SIXの最上階にあるレストラン「THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)」。GINZA SIXの正面入口からエスカレーターで2階に上がり、右奥の角を左に曲がると南エレベーターがあります。そのエレベーターで13階まで登ると、お目当てのレストランが現れます。

苺のミルフィーユ/THE GRAND GINZA
苺のミルフィーユ/THE GRAND GINZA

このお店では、銀座の名店として親しまれた「マキシム・ド・パリ」の大人気スイーツ「苺のミルフィーユ」が提供されています。「マキシム・ド・パリ」の閉店時には、これを求めるお客さんが殺到したといわれるほど伝説のスイーツ。

「THE GRAND GINZA」で提供されている苺のミルフィーユは、「マキシム・ド・パリ」の元総支配人や元パティシエが監修の元、再現されました。

パリパリのパイ生地の間にコアントローの香りを含んだカスタードクリームと苺をサンド。そしてスライスアーモンドで覆った上にはかわいらしい丸ごと苺。パイ生地、カスタードクリーム、アーモンドスライス、苺の調和が絶妙でまさに1度食べたら忘れられない味!

苺のミルフィーユ/THE GRAND GINZA
苺のミルフィーユ/THE GRAND GINZA

この「苺のミルフィーユ」はテイクアウト可能です。お値段はハーフサイズ(8cm×11cm×12cm)3240円、フルサイズ(16cm×11cm×12cm)6480円。テイクアウトすると、おいしい食べ方や切り方が書いてあるものを頂けます。

テイクアウトは1日限定20食という狭き門のため、事前予約がおすすめ!シェフが予約に合わせて作ってくれるので、できたてをテイクアウトすることが可能。細やかな心配りがうれしいですね。

見た目もとっても可愛らしいので、女子会や家族のお祝いごとにもぴったりですよ。

■THE GRAND GINZA (ザ・グラン銀座)
住所:東京都中央区銀座六丁目10番1号 GINZA SIX 13階
電話:03-6280-6129
営業時間:11〜23時
定休日:不定休※銀座シックスに準ずる

■参考記事:復活していた!GINZA SIXで味わえる伝説の「苺のミルフィーユ」(配信日:2019.05.27)

新感覚スイーツなら「TiMi」の焼きモンブラン(半蔵門)

かっこいいシルバーの看板が目印
かっこいいシルバーの看板が目印

半蔵門駅から徒歩2分の場所にある焼き菓子カフェ「TiMi(ティミ)」。モンブランやティラミスなど生菓子のケーキを、全て“焼き菓子”で表現したオリジナルスイーツ「ベイク」が人気。

カフェを開く前、アイスクリームの移動販売を行っていたというオーナーさん。「冷蔵ケースがない中で、もっと喜んでもらうためにはどうしたらよいか」と考え生まれたのが、生菓子を焼き菓子にするというアイデアだったそう。

一番人気はシリーズで最初に登場した「ベイクドモンブラン」。3種類もの栗が使われています。

土台はクッキー生地とダマンド生地、中には洋酒が香る濃厚なマロンクリームと渋皮栗が丸ごとひとつ隠れています。クリームが絞られるようにトップをケーキ生地で覆って、見た目もしっかりモンブランをイメージ。洋酒の効いた栗の風味がとっても豊かで、焼き菓子なのに正真正銘!モンブランの味わいが口いっぱいに広がります。

「こんなの見つけたよ!」と、誰かに言いたくなる「ティミ」の焼き菓子。ぜひ楽しんでください。

■参考記事:“焼きモンブラン”って何!?センス抜群の褒められ手土産(配信日:2019.04.24)

見た目でときめく「Libre」のまるでアートなスイーツ(白金高輪)

都内でも有数のスイーツ激戦区、白金高輪に彗星のごとく現れたパティスリー「Libre(リーブル)」。
看板メニュー「フリュレ」が新感覚スイーツとして話題なんだとか!

「フリュレ」のフレーバーは、左から「ココ(ココナッツ)」「マンゴー」「ポム(リンゴ)」(各900円)の3種類。※「マンゴー」と「ココ」は通年メニュー。「ポム」は秋限定商品で、季節によってフレーバーが変わります。

一見すると、もいだばかりの新鮮な果物のようですが、実はこれ、果物を模したホワイトチョコレートをベースにしたスイーツなんです!
チョコレートで形づくられた果実の中身はフルーツが香るムース状のクリーム。その奥には、ゴロゴロ果実とフルーツソースが詰まっています。果実の皮にあたるホワイトチョコレートはパリッとした食感です。

クリームのひんやりとした清涼感とゴロゴロ果実の食感のコンビネーションも楽しい!五感全部で楽しめるスイーツですよ。

「フリュレ」はテイクアウトもOK。一個ずつ、スタイリッシュで写真映えする瓶の容器に入れてもらえます。お土産としても喜ばれますよ!

■参考記事:もはや食べるアート!パリッ、ひやっ、とろ〜りな新感覚スイーツ(配信日:2018.12.03)

特別な日には「ホテル椿山荘東京」のケーキを(江戸川橋)

ホテル椿山荘東京の中にある「ペストリー&チーズショップ」。ホテルメイドのパンや、1日1本限定のカナダ産メイプルシュガーをたっぷり使った「メイプルロールケーキ」など、ここでしか手に入らない贅沢な逸品が揃います。

こちらがお目当てのオリジナルスイーツ「フォンド・レザン」(1620円)。日本でもおなじみの、ウィーンの老舗洋菓子店「デメル」と共同で作ったスイーツです。この「デメル」、オーストリア王宮も御用達するほどの名門というから、ますます期待が高まります!

ちなみに、パッケージに描かれているのはウィーンの名物にもなっているデメル本店だそう。

「フォンド・レザン」は、アーモンドがたっぷり使用されたケーキ。ラムシロップがたっぷり染み込んだしっとり生地の上に、バニラ風味のバタークリームとラムレーズンをオン。さらにその上から、サクサクのダックワーズでサンドしています。

老舗ならではのこだわりと、確かなおいしさが詰まった「フォンド・レザン」。ホールサイズなので、ホームパーティーやママ友とのティータイムにもぴったりです。
いつもよりちょっぴり贅沢な大人スイーツで、パーティーを盛り上げてみるのはいかがでしょうか?

■参考記事:特別な日の手土産にしたい!あの「デメル」と「椿山荘」が作った贅沢スイーツ(配信日:2018.12.04)

大人のためのハイセンスなケーキ「EN VEDETTE」(清澄白河)

清澄白河駅から徒歩6分、オリーブの植木が目印のスタイリッシュなお店が「EN VEDETTE(アン ヴデット)」です。店内の色合いはとてもシンプルで、白を基調とした落ち着いた雰囲気。だからこそ、ショーケースに並ぶカラフルなケーキが目を引きます。

「EN VEDETTE」のパティシエ森大祐さんは、なんと2015年イタリア・ミラノ万博のパティシエ世界大会で、日本代表・個人部門で4位入賞した実力派。

ケーキは常時20種類ほど。季節によって旬のフルーツを使ったスイーツが期間限定で登場します。「EN VEDETTE」のケーキはどれも見た目に凝っていて、色合いも美しいモノばかり。どれにしようか迷ってしまいます。

店名を冠するこちらの「EN VEDETTE」(税抜580円)は、サクサク食感のダックワーズ生地の土台の上にふんわりとした舌触りのチョコレートムースがのっていて、添えられたラムレーズンが大人な味を醸し出しています。周りのホワイトチョコレートの装飾がとにかく美しい!

ケーキだけでなく、焼き菓子やゼリー、チョコレートやマカロンなど、品揃えも豊富です。いろいろ組み合わせて、ぜひ手土産にいかがですか?

■EN VEDETTE
住所:東京都江東区三好2-1-3
TEL:03-5809-9402
営業時間:10~19時30分(月・火・木~土曜)、10~19時(日曜)
定休日:水曜

■参考記事:大人の褒められ手土産!清澄白河で評判の宝石のような華やかケーキ(配信日:2019.06.20)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 久野知美 久野知美
  • 絶景travelers 絶景travelers
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • セレイナアン セレイナアン
  • もえのあずき もえのあずき
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ