宇佐神宮 うさじんぐう

全国に4万社余ある八幡社の総本宮で、神亀2年(725)応神天皇の御神霊、八幡大神を祭る本殿の一之御殿が創建されたことが始まりと伝わる。太古からの原生林に囲まれた境内には八幡造の3棟の本殿(国宝)をはじめ、下宮、神橋、呉橋[くれはし]、能楽殿など貴重な建築物が立ち並ぶ。春には約300本のソメイヨシノが咲き誇る。

桜・お花見情報

例年の見ごろ 3月下旬~4月上旬
本数 約300本
桜の種類 ソメイヨシノ
桜祭り なし
夜桜・ライトアップ なし
所在地 大分県宇佐市南宇佐2859
営業・拝観時間 5時30分~19時(10~3月は6時~、宝物館は9~16時)
問合先 0978-37-0001
料金 無料
定休日 無休、宝物館は火曜(臨時休館あり)
交通 交通情報:JR宇佐駅→大分交通バス中津・四日市行きで15分、バス停:宇佐八幡下車、徒歩すぐ/車:宇佐別府道路宇佐ICから県道625号経由7km15分
駐車場 あり/500台/有料/400円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

宇佐神宮

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ