しっとりもっちもち!ブームを巻き起こす都内の高級食パン8選【後編】

しっとりもっちもち!ブームを巻き起こす都内の高級食パン8選【後編】

食・グルメ パン テイクアウトフード 食パン 手土産 ふわふわ食パン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ブームはまだまだ続きそうな「食パン」。水や素材にこだわった高級食パン、毎日でも食べたいですよね。そこで今回は、都内で絶品高級食パンが買えるお店を8軒ご紹介。どれも驚くほどしっとりもっちもちの食感で、一度食べたらやみつきになること間違いなしですよ!

Summary


 

噛むほど広がるやさしい甘み!「あずき」

2018年7月に東京・二子玉川にオープンした、“和”をプラスした高級食パン専門店「あずき」。

開発に2年6カ月を要したという「AZUKI食パン」(1枚切り250円~)は、噛むほどに広がるやさしい小豆の甘みと、もっちりとした食感が特徴です。

もちろんシンプルな「SHIRO食パン」(1枚切り200円~)もおすすめ。こだわりの素材や手間暇をかけた製法から生み出された食パンは、噛めば噛むほどその奥深い味わいが楽しめます。

また、「AZUKI食パン」「SHIRO食パン」ともに販売は1枚切りから。2枚切り、3枚切りと1.5斤(AZUKI食パン1200円/SHIRO食パン850円)の好みに合わせて購入ができるので、自分用はもちろん、ちょっとした手みやげに利用してみてはいかが。

■あずき
場所:東京都世田谷区玉川3-9-3 ストリーム タマガワ1階B号室
交通:東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」から徒歩2分
営業時間:10~20時
定休日:なし
問い合わせ先:03-6431-0302

■参考記事:1日売上げ400本!二子玉川で誕生した高級「AZUKI食パン」もう食べた?(配信日:2018.09.17)

究極のデニッシュ食パン!「CAFE&BAKERY MIYABIオランダヒルズ店」

空前の「高級食パンブーム」のなか、高級デニッシュ食パン「MIYABI(ミヤビ)」が、2019年3月12日(火)東京虎ノ門にカフェ&ベーカリーミヤビ(CAFE&BAKERY MIYABI)オランダヒルズ店』をオープン。
和を感じさせる落ち着いた雰囲気の1階は、職人がオープンキッチンで作る焼き立てパンが並びます。

MIYABIは、約35年前に京都祇園のパン職人が「クロワッサン」のようなおいしい食パンができないかと試行錯誤して誕生した高級デニッシュ食パン。芳醇な香りと上品な甘さ、外はサクサク中はしっとりとした食感が一度食べたら忘れられない逸品。

数に限りがあるので、事前に焼き上がり時間をチェックしてお店に行くのがベストです。

■CAFE&BAKERY MIYABI(カフェ&ベーカリー ミヤビ)オランダヒルズ店
住所:東京都港区虎ノ門5丁目11-1オランダヒルズ森タワー1F・2F
時間:7~21時(土曜8~20時)
休み:日曜、祝日
TEL:03-5843-8198

■参考記事:『カフェ&ベーカリーミヤビ』が虎ノ門にオープン!注目は1日20色限定「至福のフレンチトースト」(配信日:2019.03.11)

しっとりクリーミー!「浅草 靑-AO-」

JR浅草橋駅東口から徒歩約7分。隅田川にほど近い浅草橋の静かなエリアにオープンした、ミニマルホテル「OUROUR(アゥア)」の1階にある食パン専門店「浅草 靑-AO-」。

浅草 靑 -AO-
浅草 靑 -AO-

こちらで販売されているのは、「大吟醸小麦」と呼ばれるオーストラリア産の最高級小麦粉と生クリームを使った、しっとりクリーミーな食感にこだわった食パン。
香りがよくふわふわの食感としっとりした口当たりの食パンは、そのままでももちろん絶品。バターやジャムとの相性も抜群!

日本人が毎日食べても飽きない、“お米のような存在”の食パン作りを目指しているという「浅草 靑-AO-」。プレーンの「靑の食パン」800円(税抜)は2斤のボリュームがあるので、毎日たっぷり楽しむことができますよ。

プレーンのほかに、「チーズ」「抹茶あん」「小倉あん」の3種類のフレーバーパンも販売されています。
全種類を大人買いしたいですね!

■参考記事:ふわっふわでしっとりクリーミー!3日違ったおいしさを楽しめる高級食パン(配信日:2019.07.18)

世界一のふわふわ食感!「ESPRESSO D WORKS 池袋」

2019年7月19日(金)、池袋の新商業施設『キュープラザ池袋』内に高級食パン《100 one hundred(ワンハンドレッド)》を販売する「ESPRESSO D WORKS 池袋」がオープンしました。

世界初の食パン《100 one hundred》1斤600円
世界初の食パン《100 one hundred》1斤600円

これが世界一ふわふわな食感が楽しめるといわれている「世界初の食パン《100 one hundred(ワンハンドレッド)》」。
ふわふわな食感の秘密は、パンに含まれる水分量なのだとか。小麦粉と水分のバランスが食感と味わいを左右し、水分が多すぎても少なすぎてもおいしい食パンにはならないそう。
それでも小麦粉100に対して水分100に挑戦し、開発を繰り返した結果、今までの限界を覆すことに成功し《100 one hundred》が誕生!

「世界初の食パン《100 one hundred》」のコンセプトは「朝起きるのが楽しみになる」。これを食べるために、食べたいから起きられるほど、朝の憂鬱な時間もこの食パンがあれば乗り越えられるかもしれませんね。
※「世界一」はESPRESSO D WORKS(株式会社DREAM ON)調べによるものです。

■参考記事:高級食パンブームの最先端!世界一ふわふわの食パンが池袋に新登場(配信日:2019.07.18)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

まだある関連記事はこちら!
●食パンブームはまだまだ続く!?一度は食べたい関東の絶品食パン5選
●驚くほどもっちもち!新宿で見つけた3種類の食感から選べる絶品食パン
●しっとりもっちり食感!隠し味に驚く“和風”高級食パン


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください