• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 神奈川県
  • 【2021】鎌倉のあじさい 17選|明月院・長谷寺の人気スポットからゆっくり散策できる穴場まで!~目から楽しむ鎌倉の紫陽花~
【2021】鎌倉のあじさい 17選|明月院・長谷寺の人気スポットからゆっくり散策できる穴場まで!~目から楽しむ鎌倉の紫陽花~,あじさい,紫陽花,アジサイ,鎌倉,名所,スポット,撮影,明月院, 浄智寺,長谷寺,極楽寺,光則寺,鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区,一条恵観山荘,報国寺,瑞泉寺,浄妙寺,葛原岡神社,本覚寺,妙本寺,海蔵寺,源氏山公園,浄光明寺,安国論寺,

【2021】鎌倉のあじさい 17選|明月院・長谷寺の人気スポットからゆっくり散策できる穴場まで!~目から楽しむ鎌倉の紫陽花~

アジサイ 絶景 お寺めぐり 寺社 ご利益 縁結び
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

関東随一の日帰りスポットとして人気の鎌倉。6月といえば、色とりどりの“あじさい観賞”は欠かせません。コロナの影響で、なかなか安心して外出できないけれど、見て、知って、目から紫陽花を楽しんでみませんか?鎌倉の人気スポットから穴場まで、あじさいの名所の最新情報に加えて縁結びや寺カフェもご紹介!近くの方は人混みを避けて、遠くの方は散策できる日までのお楽しみに。あじさいの絶景をご堪能ください。

Summary

長谷寺と一緒にめぐりたい「由比ヶ浜・長谷・極楽寺」のあじさい名所

spot.1
【長谷】2500株のあじさいに囲まれた名刹で、由比ヶ浜との絶景を/長谷寺

江ノ電長谷駅から歩くこと約5分。鎌倉の人気エリアである長谷を見守るようにたたずむのが、花に彩られた寺院の長谷寺です。長谷寺の歴史は奈良時代にあたる天平8年(736)に遡ります。こちらも花の寺として知られる奈良の長谷寺を開創した徳道上人の発願により創建されました。

長谷寺のあじさいは例年、5月下旬から7月上旬にかけてがシーズン。今年は例年より1週間ほど早く咲き始め、見頃も早く終わりを迎えそうですが、この時期には境内にある眺望散策路、通称「あじさい路」で青や紫、ピンクのあじさいを観賞できます。それだけでなく、あじさいは池に浮かべられるなど、境内のあちこちに。気分を高揚させながら、境内の奥に延びる花道へと足を運びましょう。

長谷寺の境内は観音山の裾野に広がる下境内と、中腹に切り開かれた上境内に分かれています。下境内から上がり、上境内の観音堂の脇にある入口へ。開花がピークを迎える3週間ほどは、「拝観券」(400円)とは別に「あじさい鑑賞券」(300円)が必要です。そして遊歩道を進めば、そこはもうあじさい路。山の斜面を埋め尽くすように2500株以上のあじさいが咲き乱れます。

あじさい路は頂上付近でふた手に分かれます。
下の道を進めばあじさいをバックにした石塔など、古刹らしい厳かな写真も撮影可能です。

一方、上の道を進めば、あじさい越しに鎌倉の町、そして相模湾まで一望できます。あじさいのみどころが豊富な鎌倉とはいえ、海と一緒に観賞できる場所はそう多くありません。上下どちらの道もお見逃しなく。

あじさいを目当てに多くの観光客が集う初夏の長谷寺。平日の午前中、休日なら開門から間もない時間帯の訪問がおすすめです。花の寺ともいわれる理由を、あじさい路の絶景観賞で確かめてみてはどうでしょう。

【あじさい開花状況】
・例年の見頃:5月上旬~7月上旬

※あじさいの見頃の最盛期を迎える3週間程は、拝観券のほかに「あじさい鑑賞券」(300円)の購入が必要となります。

■参考記事:【2021】鎌倉・長谷寺のあじさい|初夏の鎌倉は花の寺へ。色彩が鮮やかに踊る長谷寺の「あじさい路」(配信日:2021.06.18)

spot.2
【極楽寺】江ノ電からも、あじさいの咲き誇る姿が/極楽寺

正元元年(1259)に創建された真言律宗の寺。開山は、貧者救済や病人の治療に尽くしたことで知られる忍性菩薩。山門の前には紫や青、濃いピンクなど色鮮やかなあじさいが植えられ、江ノ電からも目を楽しませてくれます。

全盛期には七堂伽藍をはじめ49の塔頭を備えた大寺院でしたが、度重なる火災や戦乱により、そのほとんどが失われました。境内の撮影は条件付き(※)ですが、本堂前にはお釈迦様の誕生を祝う灌仏会(花祭り)で仏像に注ぐ甘茶の原材料となるあじさいの一種「甘茶」も植えられ、ガク咲きの可憐な姿を見ることができます。

※境内では、自撮り棒使用禁止、三脚・一脚使用禁止、および写生禁止となりますので、ご注意ください。

【あじさい開花状況】
・開花時期:6月上旬~7月上旬
・例年の見頃:6月中旬~6月下旬

spot.3
【長谷】全国から集められた約200種の鉢植えあじさい/光則寺

画像提供:PIXTA
画像提供:PIXTA

長谷駅から徒歩6分。長谷寺と一緒に訪れたいのが、文永11年(1274)に創建された日蓮宗の光則寺です。日蓮聖人が佐渡に流罪になった際、日朗上人が幽閉されていた寺としても有名で、右手山中腹にはその時に幽閉された土牢が残されています。

境内には梅や椿など四季折々の花木が植えられ、4月上旬に薄紅色の花を咲かせるカイドウの巨木が有名。そして、約200種のヤマアジサイなどの鉢植えが、5月上旬~6月上旬に見頃を迎えます。少し遅れて、土牢石段や本堂横の庭園のあじさいが見頃を迎え、こちらもおすすめです。

【あじさい開花状況】
・例年の見頃:5月上旬~6月中旬

spot.4
【稲村ヶ崎】七里ヶ浜と、あじさいと。絶景を愛でる/鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区

画像提供:PIXTA
画像提供:PIXTA

稲村ヶ崎駅から徒歩5分の鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区は、由比ヶ浜の南西端に突き出す懸崖にあります。公園入口には国指定史跡「新田義貞徒渉伝説地」の碑があり、展望台からは江の島や富士山、水平線に沈む美しい夕日を望み、「かながわの景勝50選」「関東の富士見100景」に選定される絶景地となっています。

園内各所にあじさいが植えられていますが、特に頂上の展望台へ向かう一角にはあじさいが群生していて、あじさいと七里ヶ浜を一緒に撮影できる絶景スポットになっています。

【あじさい開花状況】
・例年の見頃:6月上旬~6月中旬

■鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区
住所:鎌倉市稲村ガ崎1-1
TEL:0467-45-2750(鎌倉中央公園)
料金:入園自由

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください