夏でも涼しい!?爽快感バツグンの絶景おでかけスポット8選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
おでかけ 夏におすすめ 絶景 自然 公園
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

毎日暑い日が続いていますね。いまの時期、おでかけするなら涼しいスポットに行きたい!と探している人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、全国の涼しげなスポットをまとめました。この夏のおでかけの参考にしてみてくださいね。

Summary

六花亭の包装紙の世界が広がる庭園「六花の森」(北海道)

北海道を代表する銘菓舗、帯広に本社を置く「六花亭帯広本店」が運営する庭園「六花の森」。山岳画家・坂本直行さんが六花亭の包装紙に描いた“十勝六花”をはじめ、北海道の山野の花が咲き誇り、絵の世界を具現化しています。
園内には7塘の美術館棟が点在し、ショップも併設しているので立ち寄ってみて。

■六花の森
住所:北海道中礼内村常盤西3線249-6
電話:0155-63-1000(開園期間のみ)
料金:入園800円
営業時間:10~17時(7・8月は9時~、9月25日からは~16時)
定休日:期間中無休
駐車場:80台


■参考記事:夏の十勝は花々の楽園!北海道ガーデン街道めぐり(配信日:2019.07.11)

思わず歓声があがる!尾瀬沼の絶景(福島)

7月から8月中旬にはニッコウキスゲの咲く、湿原の広がる尾瀬ヶ原。
尾瀬の入山口として最も多く人が集まる鳩待峠のバス停からスタート。尾瀬山の鼻ビジターセンターを経由し、牛首分岐とヨッピ川に架かるヨッピ吊橋までの間が群生のみどころです。

標高約1662mの沼尻休憩所から眺める尾瀬沼。テラスに設置されたパラソルの下から下界を眺めることができます。

■参考記事:絶景の尾瀬でウォーキングを楽しんだら…汗を流したい立ち寄り温泉3選(配信日:2019.06.21)

爽快感バツグン!エメラルドグリーンに輝く多摩川(東京)

東京都心部からはJR中央線、JR青梅線を乗り継ぎ、片道約2時間。JR御嶽駅で降りると、美しい山並みやエメラルドグリーンに輝く多摩川を見渡せます。
大自然に囲まれ、広々とした多摩川沿いはキャンプ地としても人気。特に夏は澄んだ渓流でラフティングやカヤックなど、ウォータースポーツも満喫できるエリアです。

多摩川沿いには整備された御岳渓谷遊歩道があるので、川を眺めながら散策もでき爽快感バツグン。緑に囲まれた場所で小鳥のさえずりや川の音を聞きながらゆったりと過ごす時間は、リフレッシュできること間違いなし!

■参考記事:GWは都内発の“ちょい旅”へ!片道2時間、奥多摩の大自然でリフレッシュ(配信日:2019.04.22)

天空の絶景をひとりじめ!標高1900mのテラス(山梨)

冬はスキー場、初夏から秋にかけては絶景を望むテラスになる「サンメドウズ清里ハイランドパーク」。
「清里テラス」は標高1900m。テラスから望む青空と緑、清里高原のパノラマビューは圧巻の一言です。
ベンチにゴロリと寝転んで、天空の絶景をひとりじめしてしまいましょう。

■参考記事:絶景ビューと高原グルメに癒される!高原リゾート・清里へ出かけよう(配信日:2019.05.05)

スリル満点!ひんやり気持ちよい川下り(京都)

保津峡の大絶景を眺めながら、船頭さんの楽しいガイドで下る全長16kmの船旅。流れの速い急流ポイントや行く手をふさぐ巨岩・奇岩が点在し、スリル満点の川下りです。
四季折々の雄大な渓谷美を間近に、ひんやり気持ちよいビュー体験をどうぞ。

■保津川下り(ほづがわくだり)
住所:京都府亀岡市保津町下中島
TEL:0771-22-5846(保津川遊船企業組合)
営業時間:9時~15時30分(12月1~9日は14時30分が最終船)、9時から1時間ごと(12月10日~3月9日は10時から1時間30分おきに4便)、ただし定員になり次第随時運航
定休日:暴風雨および増水や渇水による川止め時
料金:乗船大人4100円、4歳~小学生2700円

■参考記事:川下りやトロッコ列車でひと味違うビュー体験!保津峡絶景めぐり:2019.08.04)

感動ものの絶景!360度瀬戸内を見渡せる「亀老山展望公園」(愛媛)

愛媛県のしまなみ街道で一番の絶景スポット「亀老山展望公園」。愛媛県今治市の大島にあり、標高は307.8mで360度瀬戸内を見渡すことができます。

きれいな光のスポットライトは感動ものです。

■参考記事:広島から愛媛へ。「しまなみ海道」のフォトスポット案内【もろんのんが切り取る景色vol.13】(配信日:2019.04.20)

壱岐島No1の絶景スポット!「鬼の足跡」(長崎)

長崎にある離島・壱岐島No1の絶景スポットが牧崎公園の「鬼の足跡」です。絶壁に巨人が蹴って空けたような大きな穴が空いています。
縦の大きさはなんと110mもあるそう。 これは長い時間をかけて波が浸食した海蝕洞の先端部が、陥没してできた穴なんだとか。迫力がありますね。

ただ、牧原公園は「鬼の足跡」だけで終わりません。このスポットからさらに先の草原へ向かうと…。

絶壁の上から、日本海を一望することができますよ。

■参考記事:博多から日帰りで。離島・壱岐島の絶景【もろんのんの旅する写真日記vol.3】(配信日:2019.06.14)

海との距離はほぼゼロ!理想的な海カフェ(沖縄)

沖縄海カフェのパイオニア「浜辺の茶屋」。店名の通り立地は浜辺。海との距離はほぼゼロというまさに理想的な海カフェです。
特等席は海が一望できるカウンター。

メニューは、自家製パンを使った沖縄フルーツと野菜のカンパーニュサンド594円や琉球花紅茶540円など。

南国らしさ溢れる店内で、贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

■参考記事:沖縄の海カフェをご紹介。オーシャンビューの絶景カフェ4選(配信日:2018.05.10)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • きょん。 きょん。
  • 村上萌 村上萌
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • もろんのん もろんのん
  • セレイナアン セレイナアン
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ