白金青い池 しろがねあおいいけ スポット

北海道 湖沼・池
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ

十勝岳の防災工事の際、堰堤にたまった水が、不思議なほど青い色をたたえ、立ち枯れのカラマツとあいまって幻想的な風景に。いつしか「青い池」とよばれるようになった。これは、白金温泉街にある白ひげの滝など、水酸化アルミニウムなどを含んだ水が美瑛川の水と混ざり、コロイドという微粒子を生成。その粒子に太陽の光が当たると波長の短い青い光が散乱されて目には青く見えるからとか。美瑛川を別名「ブルーリバー」ともいい、この水がたまったものが青い池。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 北海道上川郡美瑛町白金
TEL 0166-94-3355(道の駅びえい「白金ビルケ」)
営業時間 見学は17時頃まで(夏は~18時頃)※ゲートが無いため自由に入れるが、日没後は周りが真っ暗に
アクセス 公共交通:JR美瑛駅→道北バス白金温泉行きで20分、バス停:白金青い池入口下車、徒歩10分
車:道央道旭川鷹栖ICから国道237号、道道966号経由48km1時間25分
駐車場 あり/270台/バス17台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

白金青い池

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください