東京のおすすめプリン11選!手土産にも人気な都内最強のプリンはどれ?【後編】

東京のおすすめプリン11選!手土産にも人気な都内最強のプリンはどれ?【後編】

食・グルメ スイーツ プリン 手土産 カフェ 喫茶店
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京で一番おいしいプリンはどれ?いまやスイーツ巡りの定番となりつつあるほど人気のプリンですが、ひとえにプリンといっても、固さや味付けなどでお店の色が出やすいスイーツでもありますよね。今回は、東京都内にある絶品プリンが食べられるお店を11店ご紹介します。これを読んで、マイ・東京ベストプリンを見つけてくださいね!

Summary


東京おすすめプリン7 原宿「FLIPPER’S STAND」のスフレパンケーキプリン

奇跡のスフレパンケーキプリン プレーン 540円
奇跡のスフレパンケーキプリン プレーン 540円

東京最強のプリンはどれ?続いては、下北沢などで人気のとろけるスフレパンケーキのお店「FLIPPER’S(フリッパーズ)」が、原宿にオープンしたテイクアウトスタイルのスイーツ専門店「FLIPPER’S STAND(フリッパーズスタンド)」です。

東京最強プリン候補の看板メニュー「奇跡のスフレパンケーキプリン」は、スフレパンケーキとプリンがコラボレートした新スタイルのスイーツ。

メープルシロップと香り高い発酵バターを煮詰めたメープルバタークリームをフィリングしたスフレパンケーキは、スプーンが抵抗なく入っていくきめ細かさに期待度アップ!下には卵黄をたっぷり使ったカスタードプリンが待っています。

スフレパンケーキは「フリッパーズ」と同じく、小麦粉も牛乳も国産にこだわり、徹底した温度管理で仕上げられ、厚みがあるのにフワフワと軽い口どけ。

自分へのごほうびにはもちろん、女子会の差し入れとしても絶対に喜ばれる1品です。

○参考記事:「FLIPPER’S STAND」のスフレパンケーキプリンがふわとろすぎてとろける!(配信日:2018.10.18)


東京おすすめプリン8 武蔵境「NORIZ COFFEE」の自家製プリン

東京最強プリンを探す旅、続いてはJR武蔵境駅から徒歩5〜6分の通り沿いにある「NORIZ COFFEE(ノリズコーヒー)」へ。自家焙煎のコーヒーのお店ですが、自家製のプリン、ロールケーキなどもSNSで話題になり、遠くからも多くの方が訪れる人気店です。

自家製スイーツは、一品一品丁寧に作られているので数に限りがありますが、ぜひコーヒーやラテと一緒に味わってほしい美味しさ。

「自家製プリン」(380円、税込)は、美しい形に、たっぷりのカラメル。

固めでなめらかな理想のプリンに思わず笑みがこぼれます。 ちょっとほろ苦カラメルソースで、コーヒーやラテとの相性もピッタリ! 

素敵な雰囲気、丁寧なスタッフの方々、美味しいコーヒーとスイーツ。きっと満足できるこの空間で、素敵な時間を過ごしてくださいね。

○参考記事:プリンやロールケーキなどスイーツも美味しい自家焙煎珈琲店【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.13】(配信日:2019.02.20)

東京おすすめプリン9 浅草「西浅草黒猫亭」の絶品プリン

東京で一番おいしいプリン探し、続いては西浅草にある昭和モダンなカフェ&バー「黒猫亭」。

2017年11月にオープンした新しいお店ですが、店内の雰囲気や、ひとつひとつの小物や食器など、細部まで店主こだわりの昭和初期の雰囲気を感じられて、まるでタイムスリップをしたみたいです。

「黒猫亭」お目当ての東京最強プリン候補は、昭和レトロな足つきのシルバーの器で食べる「黒猫亭プリン」。インスタ映え間違いなしのビジュアルです。

「黒猫亭プリン」は遅い時間になると売り切れてしまうことも多いそう。

ちょっと固めで、滑らかな卵感もしっかりある絶品プリン。たっぷりのほろ苦カラメルで、おいしさ倍増!上にのるシロップ漬けのチェリーも、昭和レトロ感が増してポイント高いです。

昭和レトロの世界にタイムスリップした気分を味わえる素敵なお店で、トレンドの固めプリンをぜひ味わってみてくださいね。

○参考記事:浅草の昭和モダンな黒猫亭で絶品プリン【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.7】(配信日:2018.12.03)

東京おすすめプリン10 三田「Gouter de Maman」の地元で愛されるプリン

東京で一番おいしいプリンはどれ?続いては、親しみやすい手書き調のロゴが印象的なパティスリー「Gouter de Maman(グーテ・ド・ママン)」。

店名はフランス語で「ママのおやつ」という意味だそう。その名の通り、ママが手作りしたような優しい味わいで愛され続ける洋菓子店です。

こちらが東京最強プリン候補のひとつ「キャラメルプディング」(420円)。一見、アルミカップに入ったシンプルなプリンですが、11時の開店と同時に、多くのお客さんがこれを求めてやってきます。 このプリン、長崎カステラを焼くときに使われる特別なオーブンで、ゆっくりじっくりと時間をかけて焼いているのだとか。

その日の気温を見ながら温度や時間調整をしなければならないという、非常に手間ひまがかかっているパティシエ泣かせの1品なのです。そんな職人技のもとできあがるプリンは、弾力があり、なめらかな仕上がり!

お店がおすすめする食べ方は、プリンをひっくり返してお皿に乗せ、キャラメルソースとプリンをよく絡めながら味わう食べ方、とのこと。

いざ、スプーンを入れるとぷるるんっと弾力がありますが、口に入れるとなめらかに溶け出します。

そして、何よりも注目したいのが想像以上のほろ苦さ!毎朝作っているという焦がしキャラメルソースが、甘さ控えめのプリンとマッチして、ぱくぱくと食べ進められてしまいます。長年愛され続けるこのおいしさ、ぜひ一度味わってみてくださいね!

○参考記事:ビターでしっかり、大人のプリン!「Gouter de Maman」の優しい洋菓子たち(配信日:2018.07.16)

東京おすすめプリン11 浅草「FEBRUARY KITCHEN」の焦がしカラメルプリン

東京で一番おいしいプリンはどれ?最後に紹介するお店があるのは、浅草駅から歩いて10分弱。

遊園地「浅草花やしき」の脇の小さな通りに、2019年2月末、浅草の人気カフェ「FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)」の3号店となる「FEBRUARY KITCHEN(フェブラリーキッチン)」がオープンしました。

東京最強プリン候補として注目したいのは「焦がしカラメルプリン」。パンチのある苦味の効いたカラメルに負けないようにと、いろいろな卵を使って何度も試作して完成させたそう。「フェブラリーキッチン」自慢のおやつです。

濃厚な卵をたっぷり使ったプリンの、やや硬めの食感も譲れないこだわり。本格的なのに、どこか懐かしい味わいのプリンは、地元のおじいちゃんもペロリと食べていくのだとか。

ゆっくりブランチを楽しんだら、「花やしき」で遊ぶもよし、お買い物や街散策もよし。浅草を満喫しにでかけましょう!

○参考記事:グリドルで焼くサクサクトーストが絶品!浅草のカフェでのんびりブランチデート(配信日:2019.04.28)

東京おすすめプリン11店、あなたの最強プリンはどれ?

「東京最強プリン」を探す旅はいかがでしたか?東京には、味、食感、見た目にとことんこだわったプリンがいっぱい。

各店のこだわりの詰まったプリンを食べ比べて、あなただけの最強プリンを見つけてください!


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


まだある関連記事はこちら!
●実はとってもヘルシー!とろとろ濃厚プリン&ソフトクリームの秘密とは
●幸せになれるかも?完売必至の“縁結び”プリンが話題の神社カフェ
●ビターでしっかり、大人のプリン!「Gouter de Maman」の優しい洋菓子たち
●東京の絶品プリン2019年最新版!絶対おすすめのトレンド店5選



Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください