昔懐かしさにキュン!レトロ喫茶特集

昔懐かしさにキュン!レトロ喫茶特集

食・グルメ 喫茶店 レトロ クリームソーダ プリン 純喫茶
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

インスタ映えするカフェもいいけれど、たまには昔懐かしい喫茶店はいかがですか?今、昭和の世界にタイムスリップしたような気分になれる、レトロな喫茶店が注目を集めています。定番のクリームソーダやプリン、喫茶店ならではのこだわりメニューなどを揃えた、気になるお店が満載!昭和から続く歴史ある喫茶店のほか、レトロと新しさが融合した話題の“ネオ喫茶”にも注目です!

Summary

喫茶店の楽しみ方、教えちゃいます

マネすればもっとカフェ時間が充実する!喫茶店マニアがやっている7つのこと

食べてくつろいで写真を撮って…それだけでも十分楽しいけど、純喫茶はよくよく見ると、もっと味わい深い小ネタでいっぱい!そこで今回は、都内を中心とした喫茶店レポート投稿が人気の「純喫茶めぐり(@junkissa_coffee)」ことShioriさんに、喫茶店めぐりのマイルールをヒアリング。200%喫茶店を楽しむ7つの方法を紹介します。

昭和創業の雰囲気抜群な老舗喫茶店へ

新宿「純喫茶らんぶる」|昭和にタイムスリップ?クラシカルな店内に心ときめく

日本有数のショッピングスポット、ビジネス街、歓楽街…とさまざまな表情を見せる街、新宿。その大通りの1本裏に、古くから愛されている純喫茶が「らんぶる」。高い天井から吊るされたシャンデリアに、赤いベルベットの椅子…昭和レトロ感ただよう店内に、純喫茶ラバーなら胸が高鳴ること間違いなしです。クラシカルな雰囲気の店内でおいしいドリンクをいただけば、心ときめく時間を過ごせそう!

上野「Coffee Shop ギャラン」|レトロな喫茶店の昔懐かしいパフェ

上野に、昭和にタイムスリップしたような気分にさせてくれる喫茶店があるのをご存知でしょうか?その喫茶店の名前は「Coffee Shop ギャラン」。こだわりの店内は1977年の創業当時から変わらないまま。テーブル席とカウンター席があるので、1人でも複数人でも楽しめますよ。おすすめメニューは「チョコ」「バナナ」「フルーツ」の3種のパフェ。飾りすぎない昔ながらの定番パフェの見た目に、思わず「これこれ!」と声が漏れてしまうはず!

神奈川「コーヒーの大学院」|鎧の騎士が出迎えてくれる豪華絢爛な老舗喫茶

1974年から横浜スタジアムの目の前に店を構える老舗喫茶店「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」をご存知ですか?コーヒーについて勉強する学校…ではないんです。“香り高い一杯のコーヒーを吟味してお出しする”という理念から、最高学府である「大学院」を名に冠したそうなんです。つまり、とってもおいしいコーヒーが飲めるお店ということ。でもただそれだけではないんです…。豪華すぎる店内をご覧あれ。

 
吉祥寺「COFFEE HALL くぐつ草」|まるで洞窟のような異空間でまったり非日常時間を

昭和54年にオープンした、非日常の演出をコンセプトに誕生した老舗の喫茶店。立ち上げたのは、「江戸糸あやつり人形劇団 結城座」の劇団員というから驚きです。長年多くのお客さんから愛されている理由は、商店街にあるとは思えない異空間と手間暇を掛けて作られるおいしいメニュー。「くぐつ草カレー 」は、玉ねぎの甘さとスパイスの刺激が絶妙に調和したお店のナンバーワンメニューです。

京都「喫茶フルール」|もはや文化財級?レトロ喫茶店のダブルプリンとミックスジュースに萌え!

これぞ求めていたレトロかわいいプリンの理想形「ダブルプリン」を、京都府長岡京市で発見!昭和44年開店の「喫茶フルール」は、食品サンプルのメニューあり、店内に池ありと昭和の雰囲気をそのままに残した、いまや希少な昔ながらの喫茶店。朝1時間だけ提供される、ふわっふわ玉子があふれんばかりに入ったモーニングBセットでも有名なお店です。

おひとりさまにおすすめ!静かに非日常を楽しむ喫茶店

渋谷「ライオン」|昭和レトロな異世界でデジタルデトックス!渋谷のクラシック名曲喫茶

渋谷・道玄坂の奥に佇む昭和遺産ともいえるクラシック喫茶。今も戦後1950年代に特注で製造されたパイオニア製の巨大スピーカーが、クラシックの名曲の数々を奏でています。「昭和にタイムスリップできる超インスタ映えスポットなのに、店内は写真撮影禁止&おしゃべり禁止」という喫茶店のヒミツとは?

高円寺「アール座読書館」|みどり豊かな店内は会話禁止!?読書をするための静寂にこだわる喫茶店

休日はお気に入りのカフェで読書を楽しみたい…のに周囲の会話や物音で集中できない!なんてことはありませんか?静かな環境で自分だけの時間を楽しみたい人たちから「静寂を楽しむための空間」として愛されているのが「アール座読書館」です。「会話目的の方はご遠慮ください」という張り紙が入り口に貼られるなど、私語厳禁のルールまである個性派カフェとは一体、どのような空間なのでしょうか?

京都「カフェ・モンタージュ」|アナログ音を楽しむおひとり様のための音楽喫茶室と室内楽の小さな劇場

高級住宅街の京都・御所南。閑静な住宅街にプロの演奏家たちが不定期で生演奏する、小さな室内楽の会場があります。演奏会がない日は、おひとり様のための音楽喫茶室となる「カフェ・モンタージュ」。雑音のない世界で、選び抜かれたお茶やお菓子とともにアナログのレコード音を楽しむ時間。誰にも邪魔されず、静かに過ごしたい人にこっそり教えたい秘密の隠れ家です。

 

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください