しっとりふわふわで絶品!何度も食べたい都内のパンケーキ13選

しっとりふわふわで絶品!何度も食べたい都内のパンケーキ13選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ スイーツ パンケーキ カフェ モーニング
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

今やスイーツの定番となったパンケーキ。でも、一口にパンケーキといっても、見た目に驚きのあるものや味や食感に特徴のあるものなどお店によってさまざまですよね。そこで今回は、都内にあるパンケーキのお店を13軒ご紹介します。どれも絶品で、一度食べたらやみつきになってしまうこと間違いなしですよ!

Summary

インパクト大!「BURN SIDE ST CAFE」の漆黒パンケーキ

原宿駅から徒歩6分。東急プラザ表参道原宿の近く、表参道の大通りを少し入ったところに、突如おしゃれな外観のお店が現れます。
こちらが今回ご紹介する「BURN SIDE ST CAFE(バーンサイドストリートカフェ)」です。

竹炭ブラックとホワイトチョコソース 1580円(税抜き)
竹炭ブラックとホワイトチョコソース 1580円(税抜き)

一目見た瞬間、驚くこと間違いなしの真っ黒なパンケーキ!ぽってりと分厚いパンケーキが3枚重なり、大充実のトッピングとともに登場です。
その黒さの正体は、竹炭。竹炭には、ミネラルが多く含まれているそうですよ。

トッピングにはあずきをのせたアイスクリーム、いちごホイップ、ホワイトチョコレートソース、いちご、そしてパンケーキの上には抹茶パウダーがかかっていてとても豪華な一皿です。

竹炭が練りこまれた生地にはあずきや抹茶パウダーの和風の味わいがぴったり。そこにアイスクリームやホワイトチョコレートソースの甘み、いちごホイップのまろやかさを合わせて味を広げていく楽しさもたまりません。

お友達と一緒に盛り上がりながら食べたい一品ですね。

■BURN SIDE ST CAFE
住所: 東京都渋谷区神宮前4-29-9
TEL: 03-3403-0660
営業時間: 平日 9~21時 /土日祝 8時30分~21時
(フード20時LO ドリンク20時30分LO)

■参考記事:衝撃の黒さの正体は?原宿で楽しむ漆黒パンケーキ(配信日:2019.05.31)

「Urth Caffe」のシェアして楽しむ分厚いパンケーキ

「Urth Caffe(アースカフェ)」は上質なオーガニックコーヒーをはじめ、食事やデザートまで楽しめるロサンゼルス発のお店。2013年に代官山に上陸し、そこから表参道・横浜・湘南と進出している大人気のカフェです。今回ご紹介する「Urth Caffe(アースカフェ)表参道」は、表参道駅から徒歩3分ほどのところにあります。

「パンケーキ」1380円(税込み)
「パンケーキ」1380円(税込み)

シンプルながらも十分にインパクトを発揮してくれる大きくて分厚いパンケーキ。
トッピングにはメープルシロップとスライスのオレンジが添えられています。追加料金でフルーツのトッピングも可能。

断面からも伝わってくる分厚さにびっくりですね!ボリューム満点なので、シェアすることをおすすめします。

分厚いパンケーキに、メープルシロップがしっかり映えます!
エアリー食感のふわふわパンケーキにメープルシロップをしみこませて思いきりほおばれば、まさに至福のとき。

プレーンパンケーキのほかにも、コーヒークリームや抹茶クリームなど豪華なトッピングメニューもあるので、お好みの味わいでぜひ楽しんでみてくださいね。

■Urth Caffe 表参道(あーすかふぇおもてさんどう)
住所: 東京都渋谷区神宮前4-9-8 SO-CAL LINK OMOTESANDO
TEL: 03-6447-4771
営業時間: 10~20時LO19時

■参考記事:極厚パンケーキとタピオカが絶品!表参道のテラス席で至福の時間を(配信日:2019.05.27)

「MICASA DECO&CAFÉ」口どけリコッタパンケーキ

原宿・キャットストリートある、毎日のように行列ができるカフェ「MICASA DECO&CAFÉ(ミカサデコ&カフェ)神宮前」。

「ミカサデコ&カフェ」のパンケーキは数種類ありますが、圧倒的に人気なのはSNSでも話題の「ふわふわリコッタチーズパンケーキ」!
見た目はボリューミーですが、とろける軽い食感でぱくぱくと食べ進められると噂です。

パンケーキと一緒に運ばれてくるメープルシロップをたっぷりかけて召し上がれ。

口の中に入れると一瞬でとろけます!リコッタチーズの重たさもまったく感じない、軽くてさわやかな味わいです。

パンケーキの横に添えてある生クリームには、隠し味で少量の塩が入っています。塩と生クリーム特有の甘さが丁度よく混じり合うことで、後味すっきりなクリームに。

パンケーキにはもう飽きた、という人も今までにないふわふわ・ぷるぷる・とろとろなパンケーキは一食の価値ありです!

■MICASA DECO&CAFÉ 神宮前
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-5 HOLONⅢ2階
TEL:03-6892-7006
営業時間:11~19時(18時30分LO)
定休日:不定休

■参考記事:厚さ10cm以上!ふわふわ・ぷるぷる・とろとろで今にも崩れそうな噂のパンケーキ(配信日:2018.07.09)

「RAINBOW PANCAKE」でほっこりキュートパンケーキ

「RAINBOW PANCAKE(レインボーパンケーキ)」は、東京メトロ千代田線、副都心線の明治神宮前原宿駅から徒歩3分。

今回はお店1番人気のメニュー「マカダミアナッツソースパンケーキ」(1250円)をがこちら。
ふっくらとした厚めのパンケーキは二段に重ねられ、とろりとした濃厚なマカダミアナッツソースとクラッシュナッツがたっぷりかかっています。

横に添えられたフォークとナイフは、パンケーキの生地で作られた砂糖がたっぷりかかったサクサクのラスク。そんなかわいらしい遊び心も食べる人を笑顔にしてくれます!

ふんわりしたパンケーキの食感と濃厚なマカダミアナッツソースは、おいしくないはずがない最高の組み合わせ。そこにカリカリとしたナッツの食感が加わることで、食べる手が止まりません。

「レインボーパンケーキ」でおいしいパンケーキを食べれば、きっと虹のような笑顔が弾けるはず!

■RAINBOW PANCAKE(レインボーパンケーキ)
住所:東京都渋谷区神宮前4-28-4 ARESGARDEN OMOTESANDO
TEL:03-6434-0466
営業時間: 9時30分〜21時(1階個室・要予約)、10~18時(2階テーブル席)※17時LO
定休日:火曜 (祝日の場合は翌日)

■参考記事:つい笑顔になっちゃう!虹色のドーム個室が人気のパンケーキ専門店(配信日:2018.07.07)

さわやかなパンケーキなら「Megan-bar&patisserie」

渋谷にオープンした「MUSTARD HOTEL(マスタード ホテル)」は、ホテル名にもあるようにマスタードカラーがアクセントになったシティホテルです。

このホテルに併設するカフェ・ラウンジとしてオープンしたのが、今回紹介するパティスリー・カフェ・バーの複合ショップ「Megan-bar&patisserie(ミーガン バー&パティスリー)」。
営業時間は朝の8時~24時。ブレックファストからランチタイム、ディナーからバータイムまで、さまざまな利用ができるオールラウンドレストランです。

モーニングメニューで人気なのがバターミルクのパンケーキ。
「プレーン」、「バナナ&ウォルナッツ」、「季節のフルーツ」、「ベーコン&フライドエッグ」の4種類があるのですが、なかでもおすすめは「プレーン」(税込1000円)。

表面がツヤツヤで焼き目が美しい!添えられているのはメープルシロップとクリーム、そしてフレッシュレモンです。

バターミルクのパンケーキはふわふわ。クリームをのせて食べましょう。
ひとくち食べてみると、フレッシュなレモンがとってもさわやか。ふわふわ軽いパンケーキにさわやかなレモンのアクセントはモーニングにピッタリです。

パンケーキは17時までオーダーできるので、休日のブランチやランチにもおすすめですよ。

■Megan-bar&patisserie(ミーガン バー&パティスリー)
住所:東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジB棟内 MUSTARD HOTEL SHIBUYA1階
TEL:03-5962-7648
営業時間:
8~24時(火~土曜)
8~11時30分(BREAK FIRST)
11時30分~17時(LUNCH&TEA)
17~24時(DINNER)
10~19時(PATISSERIE)
(ショーケース陳列は19時で一旦クローズ。店内利用での提供は23時30分まで可能。)
※パンケーキの提供時間は8時~17時

8~17時(日・月曜)
8~11時30分(BREAK FIRST)
11時30分~17時(LUNCH&TEA)
10~17時(PATISSERIE)
(ディナー営業なし)
※パンケーキの提供時間は8~17時

定休日:無休

■参考記事:ギュッと絞るレモンがさわやか!渋谷の“ふわふわ”絶品パンケーキ(配信日:2019.06.12)

出来立てを食べられる「Meals」のサクふわパンケーキ

人気食器ブランド「studio m'(スタジオ エム)」、「sobokai(ソボカイ)」を手がけ、器やテーブルウェアの企画・制作・販売を行う「マルミツポテリ」の直営店「Meals are Delightful(ミールズ・アー・デライトフル)」。
そのなかにある食堂カフェ「Meals(ミールズ)」は、“食器によって楽しむ食事”をリアルに体感できるカフェです。

「Meals」の人気スイーツが「パンケーキ ラムバター」800円(税込)。
「大人が楽しめるように」と自家製ラムバターが添えられた「Meals」自慢のパンケーキです。

実はこのパンケーキ、オーダーから出来あがりまで30分かけて作る、こだわりのひと品。注文を受けてから粉をふるい、卵や牛乳などと混ぜて生地を作ります。そのあと、2段階の火入れでじっくり焼きあげ完成。

最初はそのまま、お好みでバターを添えて。表面はサクサク、中はふわふわ!そして驚くほどしっとり。ほんのり甘くてどこか懐かしい味わい。そこにバターが加わると、一気に大人のおやつに変身する楽しいおいしさです。

おいしさの秘密は「マルミツポテリ」オリジナルのエッグパンにも。
陶器でできたエッグパンは吸水性が高いため、生地と接する表面の部分はサクッと、でもなかはしっかり水分を保って仕上がるのだそう。

市販のスキレットではまねできない、「Meals」ならではのパンケーキをぜひ楽しんでみて。

■参考記事:注文からかかる時間は30分!それでも食べたい絶品サクふわパンケーキ(配信日:2019.05.22)

おしゃれな贅沢モーニングなら「IVY PLACE」

代官山T-SITEの敷地内にある「IVY PLACE(アイヴィープレイス)」は、都心にありながら軽井沢に来たかと錯覚するほどおしゃれで洗練された雰囲気の一軒家レストラン。
豊かな緑に囲まれ、ここが都会の真ん中ということを忘れさせてくれます。

小麦とバターの豊かな香りとともにテーブルに運ばれてきたのが、今回のお目当て「クラシックバターミルクパンケーキ」(1300円)。
フォトジェニックなふわふわパンケーキもいいけれど、これぞ王道のパンケーキ!と言わんばかりの上品でシンプルなビジュアルにぐっと心惹かれます。

さっそくいただいてみると、小麦のほんのりした甘さとコクのある自家製バターが絶妙にマッチ!
どっしりしたタイプの生地かと思いきや、意外にもしっとり軽い口当たり。ふわもち食感の生地からは、噛めば噛むほどに味わい深さが感じられ、おいしさが溢れ出していました。

さらに、フレッシュクリーム(280円)やフレッシュフルーツ(380円)などの追加トッピングも可能。
その日の気分に合わせてカスタマイズできるので、何度訪れても新しい味が楽しめますよ。

■参考記事:「IVY PLACE」のもちふわパンケーキで幸せ気分全開!ロケーションも抜群(配信日:2018.09.01)

デザートもお食事系もそろう「Parlor Vinefru銀座」

銀座一丁目駅から徒歩5分。銀座の中央通りから少しだけ離れたところに、トマトの絵が描かれたユニークなビルがあります。その名も、「トマトビル」。
少しがんばって階段で3階まであがれば、「Parlor Vinefru銀座(パーラービネフル銀座)」に到着です。

紅ほっぺ苺エスプーマパンケーキ 1300円(税抜き)
紅ほっぺ苺エスプーマパンケーキ 1300円(税抜き)

お皿いっぱいに広がるパンケーキとトッピングは眺めているだけでも至福。
ホイップクリームがたっぷりとかけられたパンケーキの周りには、ミルクアイスにいちご、そしてほわりと軽い泡のような食感が楽しめるいちごのエスプーマソースがたっぷりと添えられています。

カルボナーラパンケーキ 1200円(税抜き)
カルボナーラパンケーキ 1200円(税抜き)

お食事系のパンケーキもインパクト大!こちらはカルボナーラの味わいをパスタではなくパンケーキで楽しむという斬新な一品。ビジュアルだけでも食欲がそそられます。
ジャガイモとチーズを合わせたエスプーマソース・卵黄・カリカリベーコンの組み合わせは、意外にもふわふわパンケーキとしっかりマッチ。ちょっと変わり種ですが、おいしさは傑作級です。

たまにはちょっとツウな場所で、大人のパンケーキタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

■Parlor Vinefru銀座
住所: 東京都中央区銀座1-20-10 トマトハウス3F
TEL: 070-5517-9506
営業時間: 11~19時20分LO(平日)、11~18時20分LO(土日祝)
定休日: 水曜

■参考記事:至福の時間!ほわっと泡を感じるいちごのふわふわパンケーキ(配信日:2019.05.17)

今までにない新食感!「椿サロン」のとろけるパンケーキ

銀座のみゆき通りを少し入ったところにあるビルの3階に「椿サロン 銀座」があります。ビルが見つけにくい場合は、外に出ている看板を目印に入りましょう。

「椿サロン銀座」の看板メニューである「北海道ほっとけーき」は、なんと完全無添加!小麦粉とでんぷん、卵、てんさい糖、海の荒塩のみという、シンプルかつ上質な食材で構成されています。
また、オリジナルの手法で、食材のおいしさと独自の食感を作り出すために、時間をかけてしっかり焼き上げられています。

生地は、メレンゲをたっぷり使い仕上げられています。形状を保っているのが不思議なほど繊細な、ぷるぷるふわふわ感。
一口食べると、とろけるようで至福の味わいです。

ゆったりと落ち着いて、上質なパンケーキをほおばる至福の時間。
ちょっと疲れているときや忙しい日常のなかで、自分へのご褒美として行ってみてはいかがでしょうか。

■参考記事:“ぷるっぷる”で感激!今までにない食感が楽しめる新感覚パンケーキ(配信日:2019.07.02)

定番に飽きた人に「No Reservations」の伝統パンケーキ

1988年に人形町で開業以来、さまざまな著名人が足を運び続けているアメリカ料理店「No Reservations(ノーリザベーションズ)」。そこで食べられる絶品パンケーキ「ロイヤルケーキ」は、あまりのおいしさに“これはパンケーキの枠を超えている”とまで言われた、信じられないほどの口溶けなんです!

こちらがうわさの「ロイヤルケーキ」(1200円)。開業当初から作られているこの一品は通常のパンケーキと違い、ぽってりとしたボール形なのが特徴。よく見る、平べったく丸いパンケーキからはかけ離れた見た目です。
砂糖不使用で甘さ控えめのホイップクリームと、柚子のママレード、そしてグラノーラがのり、そこにメープルシロップを好きなだけかけて召しあがれ!

口に入れて驚き!「ロイヤルケーキ」のほわっほわ具合は衝撃的です!軽いホイップ、とろりとしたママレード、そしてグラノーラのサクサクとした食感がマッチ。さらに、たっぷりかけたメープルシロップの甘みが絡みます。
確かにこれはただのパンケーキではありません。ジュワッとした口あたりとほわほわの食感、そして優しい甘みにとろけそう!

30年の歴史を持つ「ロイヤルケーキ」。ほかでは味わえないその食感と味わいは、絶対に食べないと損ですよ!

■参考記事:普通のパンケーキは食べ飽きた!そんな女子に捧ぐ「No Reservations」のほわっほわロイヤルケーキ(配信日:2018.05.13)

卵にこだわったブリュレパンケーキ「eggg cafe」

「eggg cafe(えぐぅ〜 かふぇ)」は国内で小平本店と国分寺の2店舗がオープンしています。今回お邪魔したのは本店。
営業開始と同時にパンケーキを求めてたくさんのお客さんが訪れていました。

席についてさっそくオーダーしたのが、一番人気の「ブリュレパンケーキ」(650円)。
焼きたてふるふるの生地をカットすると、中からたっぷりのカスタードが!
ほろ苦いカラメルソースをかけていただけば、幸福感が口いっぱいにひろがり、あっという間に胃の中へ。
カスタードクリームのしっとり濃厚な味わいと、絹のようにきめ細かい生地のバランスが絶妙です。

変わりダネとしても人気なのが「和風なパンケーキ」(650円)。
あんことバターがトッピングされた和な一品。抹茶ソースをかけていただきましょう。
あんこのやさしい甘さと、抹茶ソースのコンビネーションが抜群に合います。甘さ控えめな大人のパンケーキです。

わざわざ足を運ぶ価値アリな「えぐぅ〜 かふぇ」。ぜひ行ってみてください!

■eggg cafe小平本店
住所:東京都小平市鈴木町1-466-16
TEL:042-321-6999
営業時間:11〜21時(20時LO)
定休日:無休(年末年始を除く)

■参考記事:指でつまめる「幸せたまご」を使ったブリュレパンケーキ、もう食べた?(配信日:2018.09.01)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

「茶香」の並んでも食べたい下町の元祖ふわふわパンケーキ

下町情緒あふれる北千住の商店街にパンケーキ専門店「茶香」はあります。ブーム前から提供し続けている、いわばふわふわパンケーキのパイオニア。今では人気のあまりレジェンド的な存在です。

まずいただいたのは「茶香」の1番人気メニューの「星(あかり)」(1330円)。
焼きあがってすぐに提供されるパンケーキは、1秒ずつ形が変化していくほどふわふわ。お皿を揺らした瞬間にぷるぷると揺れるパンケーキに大興奮するはず!

口に入れた瞬間にスッと溶ける生地は、まさに味わったことのない新食感。かなりのインパクトですが、一人でもペロリと食べられますよ。

生地のふわふわ感をいちばん楽しみたいなら「太陽」(1280円)がおすすめ。シンプルな見た目ですが、バターミルクたっぷりの極上メレンゲを堪能できます。
20分ほどかけてじっくりと焼き上げる企業秘密の生地を研究しようと、同業者もこっそり通うほどなんだとか。

並んでもわざわざ食べたい「茶香」のパンケーキ。一度味わうと本当に忘れられなくなる新食感を体験できます。

■参考記事:「茶香」の激レアパンケーキ。一度食べると忘れられない、は本当だった(配信日:2018.07.14)

コーヒーと相性抜群なリコッタパンケーキの「iki ESPRESSO」

清澄白河駅から徒歩5分のところにある「iki ESPRESSO(イキ エスプレッソ)」。駅からお店に向かい歩いていると、遠目から見てもわくわくするようなスタイリッシュな外観見えてきます。

倉庫をリノベーションして作られたカフェスペースは、天井が高く風通しも抜群。気兼ねなく立ち寄りやすい雰囲気です。

リコッタチーズパンケーキ 1350円(税込)
リコッタチーズパンケーキ 1350円(税込)

洗練されたビジュアルと分厚いパンケーキ生地にうっとり。「iki ESPRESSO」の大人気メニューです。
トッピングにはキャラメリゼされたバナナとくるみ、そして生クリームが添えられています。コーヒーのお供にぴったりのスイーツとして楽しむことができますよ。

パンケーキの生地にはリコッタチーズが入っており、ふわふわとした食感とともにむっちりとした弾力感とチーズのほのかなコクを感じることができ、やみつきになること間違いなしの味わい。スイーツ好きの方は必食です!

清澄白河へ足を運ぶ際は、ぜひ行ってみてくださいね!

■iki ESPRESSO (イキエスプレッソ)
住所: 東京都江東区常盤2-2-12
TEL: 03-6659-4654
営業時間: 8~18時LO
定休日:無休

■参考記事:朝8時から営業!清澄白河のカフェで味わう“ふわふわむっちり”パンケーキ(配信日:2019.06.18)

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • あや猫 あや猫
  • きょん。 きょん。
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • Masa Masa
  • 6151 6151
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ