• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 東京都
  • 【東京都内】注目のスポーツが体験できる施設17選|ボルダリングや、トランポリンなど、初心者から上級者まで楽しめる施設がいっぱい!
【東京都内】注目のスポーツが体験できる施設17選|ボルダリングや、トランポリンなど、初心者から上級者まで楽しめる施設がいっぱい!

【東京都内】注目のスポーツが体験できる施設17選|ボルダリングや、トランポリンなど、初心者から上級者まで楽しめる施設がいっぱい!

東京都 スポーツ サーフィン ボルダリング サッカー 食・グルメ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

今、話題のスポーツを楽しんでみない?東京オリンピックで公式種目としても注目を集めたボルダリングや、トランポリン、スケートボードなど、東京都内でできる注目のスポーツ施設を「るるぶ&more.」からご紹介します。あわせて、え、東京でもできるの!? と驚くマリンスポーツや、今後注目度がUPしそうなおすすめスポーツもピックアップ。運動に馴染みのない方は、卓球カフェなどから気軽にスポーツを始めてみてはいかが?

Summary

初心者おすすめスポーツ2 技ができると、どんどん楽しくなるトランポリン3選

Spot.1
【板橋区】「トランポランドTokyo」アットホームな施設で、楽しく全身運動!

東京オリンピックの公式種目のなかで、初心者でも楽しめると注目を集めるトランポリン。実は東京都内にもたくさんの専用施設があるんですよ。板橋駅から徒歩10分、キュートな紫色の建物が見えてきたら、そこが「トランポランドTOKYO」です。

お店に入ったら、まずは会員登録から。初めての場合は初回登録料550円がかかり、使用料は時間制で60分1650円、90分2150円、30分延長ごとに550円という料金形態になっています。

まずは常駐しているスタッフの方から、トランポリンをやるうえでの注意事項を聞きましょう。「トランポランドTOKYO」には1人用のトランポリンが5つと、細長いトランポリンが1つあります。

驚くのは、ちょっとジャンプしただけでも汗がにじんでくること。トランポリンは、楽しみながらできる全身運動。体幹を鍛えたり、バランス感覚を養うことができる上に有酸素運動としての効果も高いのです。

面白いのが、こちらの細長いゾーン。
走っていってトランポリンを使って方向転換したり、連続ジャンプをしていくのも楽しいんです!

こじんまりとしたスペースだからこそ、スタッフの方との距離感も近く、アットホームな雰囲気が魅力な「トランポランドTokyo」。毎週木曜日のレディースデイなどお得なキャンペーンもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

■参考記事:トランポリンの非日常な浮遊感がクセになる!板橋の「トランポランドTokyo」(配信日:2021.06.27)

Spot.2
【八王子市】「TRAMPON八王子店」トランポリンを使って、いろいろな遊び方ができるのが魅力

「TRAMPON(トランポン) 八王子店」は京王堀之内駅から徒歩約15分、室内でトランポリンが楽しめるスポーツ施設。運動神経抜群なスタッフの方がレクチャーしてくれるので、子どもや初心者も安心して楽しむことができます。

ロングトランポリンやウォールトランポリンなど、さまざまな遊び方ができるのが「TRAMPON」の魅力。初回登録料は200円で、平日は60分大人1400円、土・日曜、祝日は1600円、それ以降は延長30分ごとに500円追加という料金体系となっています。予約不要でいつでも来店OK。更衣室も完備されているので、お仕事やおでかけの前後に訪れるのもいいですね。

■参考記事:初心者でも安心!東京・八王子のトランポリン施設「TRAMPON」で楽しみながら運動不足解消!(配信日:2021.06.29)

Spot.3
【新宿区】「jump one」クラブみたいに刺激的なトランポリンフィットネス

JR新宿駅東口から徒歩1分の好立地にあるトランポリンフィットネススタジオ「jump one(ジャンプワン)」。45分間ノリノリの音楽をBGMに運動するだけで、なんと450~800 kcalも消費されるのだそう!今回は、そんな「ジャンプワン」の新宿スタジオに伺いました。

スタジオの中にズラリと並ぶトランポリン。照明が落ち、ブラックライトが当たると、ネオンカラーに光ります。音楽や照明はレッスンによって変わり、まるでクラブにいるかのような高揚感を味わえるんです!

上下運動を続けることでリンパが流れ、さらに、内蔵が刺激され老廃物が除去されるなど美容効果につながる点も、トランポリンフィットネスの魅力!女性に嬉しい効果ばかりですね。

楽しみながらカロリーも消費できちゃう欲張りなエクササイズをぜひ体験してみて。

■参考記事:ここはクラブ!?トランポリンフィットネスでストレスもカロリーも吹っ飛ばそう(配信日:2018.04.18)

え、本当に東京でできるの!?
マリンアクティビティ施設2選

Spot.1
【江戸川区】「Outdoor Sports Club ZAC」海じゃなくて川!? 注目のSUP体験を東京で!

SUPというスポーツをご存知でしょうか。サーフボードのような専用のボードの上に立って水面を漕いで移動するスポーツで、一般的には海の上で行われることが多いもの。水の上でバランスを取ることは体幹の強化にも繋がるので、美容や健康の意識が高い女性の間で話題のスポーツなんです!そんなSUPを海ではなく、なんと川で体験できるスポットを発見。

今回取材させていただいた「Outdoor Sports Club ZAC(アウトドアスポーツクラブ ザック)」の「東京SUP体験」は、都営新宿線東大島駅から徒歩10分のところで開催されています。舞台は旧中川!とても静かで穏やかなエリアでした。

まずは準備体操! SUPは体幹のほかに腕周りと脚の筋肉を主に使うので、しっかり伸ばしていきます。準備運動後に、地上でパドルの使い方を教わり、簡単な練習をしたらいざ出航!

パドルをどう漕いだらどう進むかを理解できるまで、先生が「右ー右ー右ー、1回左入れましょう」と誘導してくれるので、思いのほか上手に進行できました。

やってみると、SUP、最高です。何がいいって、漕ぐのに必死でほかのことをいっさい考えなくなり、日常の雑念から解放されてリフレッシュできるのです。
川沿いは閑静な住宅街。人通りも多くないので、運動中のところをあまり見られたくないという人にもうってつけですよ。

適度な運動、ついついさぼりがちですが、SUPなら癒されながら運動ができるので忙しく働く女性にもおすすめ。さらに平日7時からのクラスもあるので、朝活に利用する人も多いんだそう。朝からSUPして出勤なんて、かっこいい…!

ただし、翌日の筋肉痛は覚悟してくださいね!

■参考記事:海じゃなくて川でSUP!?リフレッシュ効果抜群&気軽に挑戦できる(配信日:2018.06.30)

Spot.2
【渋谷区】「Surf Fit Studio」サーフエクササイズで、仕事のストレスを0に!

渋谷駅から徒歩5分のサーフエクササイズスタジオ「Surf Fit Studio(サーフ フィット スタジオ)渋谷店」。西海岸のビーチを思わせる温かいスタジオ内で体験できるのは、最新型のサーフボードに乗って行う新感覚のサーフフィットネス。都会の真ん中でサーフトリップ気分が味わえるスポットなんです!

こちらで体験できるのは、サーフボードの下にバランスボールが付いている機器に乗ってトレーニングを行うロサンゼルス発の最新エクササイズ。
室温は32度と温かく保たれていて、まるでビーチサイドにいるみたい。サーフボードの上で「パドル」、「ウォーターウォーク」、「テイクオフ」などサーフィンの動作を行いながら、体幹を鍛えて、ダイエット&ボディメイクしていきます。

一見すると優雅にポーズを取っているようですが、実はサーフボードの上でバランスをとるのは至難の技。常に腹筋に力を入れながらポーズをとるので、体幹トレーニングにもってこいです。アップテンポの洋楽をBGMに行うので、楽しみながら運動できるのがうれしいですね!

「Surf Fit Studio渋谷店」では、スタジオ内にプロジェクションマッピングを設置。壁と床に映し出された西海岸の波の映像はとっても本格的なんです!本物の波に乗っている気分で、サーフィンを楽んで。

■参考記事:サーフトリップで仕事のストレスを0に!「Surf Fit Studio」のサーフエクササイズに挑戦(配信日:2018.05.08)

将来は日本代表選手!?
これからもっと注目度がUPするスポーツ3選

Spot.1
【府中市】「WESTROCK」綱渡りで筋肉フル稼働!スラックライン体験

ヨガやランニング、話題のスポーツはひと通り試した人におすすめなのが、“スラックライン”という綱渡りのような新感覚スポーツ。日本ではまだマイナーですが、欧米ではビーチで遊ぶ人をよく見かけるメジャーなスポーツなんです。

スラックラインができるのは、「WEST ROCK(ウエスト ロック)府中店」。1~2階がボルダリング、3階がスラックラインという作りで、会員になればどちらも使えるのだとか。

こちらが3階のスラックラインコーナー。高さの異なるスラックラインが3本はられています。幅5cmほどのベルト状のラインは、手で押すだけで沈むほどの伸縮性です。シューズを履く人もいますが、裸足でもOK!動きやすい服装さえあれば始められる気軽さも嬉しいポイントです。

初心者なので、まずは1番低いラインの上を歩くことから挑戦!いざ乗ってみると、ぐらぐら…!歩くなんて考えられないほど不安定です。おそるおそる踏み出しては、バランスを崩して落ちて…の繰り返し。

激しく運動した感覚はないのに、じんわり汗をかいていてびっくり!無意識に全身の筋肉をフル稼働させているようです。

練習の結果、「ラインの上に立ってからしゃがむ」という技に成功しました!歩くのもままならなかった当初に比べると、かなりの上達ぶり。この姿勢を保つ間もぐらぐらするので、落ちないように全身の筋肉を使って、バランスをキープします。

技が完成したところで、集中力も体も限界!ラインを降りて床を歩くと、足がガクガクでした。

まだ競技人口が少ないので、今から始めて大会に出るのも夢じゃないそう!日本で流行る前の今こそ、スラックラインを始めてみませんか?

■WEST ROCK 府中店
住所:東京都府中市分梅町5-9-1
TEL:042-306-6341
営業時間:13~23時(土曜は10~22時、日曜、祝日は10~21時)
定休日:なし

■参考記事:綱渡りで筋肉フル稼働!「WESTROCK」で“スラックライン”体験(配信日:2018.10.27)

Spot.2
【中央区】「YOSEIDO銀座店」日本でここだけ!?話題の北欧スポーツ・モルックが楽しめるのが魅力

銀座駅から徒歩1分の場所にある「YOSEIDO銀座店」は、まるで北欧の森に迷い込んでしまったかのような白樺の大樹が印象的な店構え。1階には白樺樹液を使ったスキンケアブランド「KOIVE」のショップ、2階には北欧インテリアのなかで白樺樹液を使ったグルメが食べられる「KOIVE CAFE(コイヴ カフェ)」がひとつのビルに揃います。

地下1階には今話題のフィンランド発祥のスポーツ「モルック」を楽しむことができるアクティビティスペースが! モルックとはフィンランド発祥のスポーツで、白樺でできた木製のピンを投げて、点数の描かれたピンを倒すスポーツ。

点数は50点ぴったりを獲得すると勝ちとなりますが、50点を超えてしまうと25点からリスタート。点数を計算しながら相手の得点を阻止するとっても頭を使うスポーツなんです!

子供から大人まで楽しめるモルックは、初心者がプロに勝ってしまうこともあるんだそう。モルックは要予約で講習を受けることもできますよ!

こちらのスペースではヨガやアート展示、トークショーなど様々なイベントを開催していて、モルックは不定期開催。モルックをする場合には、事前に店舗までお問合せを。ビューティーから絶品フード、スポーツまで楽しめちゃう「YOSEIDO銀座店」で、ぜひ心も体も癒されてくださいね。

■YOSEIDO銀座店
住所:東京都中央区銀座4丁目5−1 聖書館ビル
TEL:03-5579-5024
営業時間:11〜19時
定休日:年末年始
※モルックは不定期開催のため、詳細は店舗までお問合せください。

■参考記事:銀座に白樺の森?グルメからスポーツまで楽しめる北欧風カフェ「KOIVE CAFE」(配信日:2021.03.18)

Spot.3
【港区】「Pole & Aerial Studio Polish 六本木スタジオ」エアリアルシルクで憧れの美ボディに

サーカスなどでおなじみの、天井から吊るされた布を使って舞う華麗なパフォーマンス「エアリアルシルク」。フィットネスとして始める人も多いですが、世界的コンテストも行われる人気のスポーツです。優雅でしなやかな動きで人々を魅了するこのパフォーマンスを、運動経験ゼロでも習える場所があると聞いて、さっそく体験レッスンに行ってきました。

やってきたのは「Polish(ポリッシュ)六本木スタジオ」(体験レッスン2000円)。六本木駅から徒歩1分のビルの地下に、天井までの高さ約4.5m解放的な空間が広がっています。天井からは色とりどりのシルクがぶら下がり、まるでサーカスの舞台のような非日常的な雰囲気です。

まずは2本のシルクを結んで作った足場の上に、片足ずつ乗ります。シルクが揺れないように、体幹を使って、バランスをとりながら慎重に…。シルクの上で立てたら、基本の大の字のポーズの練習。一見簡単そうですが、シルクをピンと張ってキレイに見せるために筋肉はフル稼働!背筋を伸ばして、お尻をあげて…たった20秒でギブアップ。

先生のお手本を拝見!シルクに手足を絡めてあっと言う間に天井近くまで登り、美しいポーズを決めたり、くるくる回って見せたり…。しなやかで優雅な動きに思わず見とれて、自分もこんな風に動けるようになるのかとワクワク!

キュッと上がったヒップに引き締まった手足というスタイルの良さにもほれぼれ!エアリアルシルクでは、揺れるシルクを登ったりポーズを安定させたりする上で全身の筋肉をくまなく使うため、シェイプアップ効果も抜群!柔軟性と筋肉の両方を身につけることで、女性らしいしなやかな動きができるようになるのだとか。

全身の筋肉を使うハードなエクササイズですが、先生の引き締まったスタイルを見れば、自然とモチベーションも上がるはず!女性らしいしなやかなスタイルを手に入れたい方は、一度体験してみてください。

■参考記事:筋肉痛も引き締め効果もヤバい!「エアリアルシルク」で憧れの美ボディに(配信日:2018.11.27)

ゆったり食事もスポーツもできる!卓球カフェ2選

Spot.1
【豊島区】「ping pong ba」OMO5東京大塚の地下にある卓球カフェバー

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル”をコンセプトに2018年誕生した人気ホテル「星野リゾート OMO5 東京大塚」。その地下にあるのが「ping pong ba(ピンポンバ)」です。卓球を通して“大塚の街”と“人”を繋ぐをコンセプトに誕生したコミュニティ・ラウンジ(café&bar)です。

フロアは、「ガストロパブ」×「卓球」がテーマ。5台の卓球台とDJブースもあり、落ち着いた雰囲気の照明と心地よい音楽が包み込む空間で、パブの本場ロンドンで人気のビールや本格的な食事が味わえます。

11時30分~17時のランチタイムは、サラダとドリンクが付いた「イングリッシュブレックファースト」1300円や「アボカドとエッグのオープンサンド」900円などのフードメニューに加えて、「バニラシェイク」750円、「チョコレートシェイク」800円、「ミックスベリー」800円、「スモアシェイク」850円のランチドリンク(いずれも単品)がおすすめです。

17時~20時30分のバー&ディナータイムは、ビールと楽しめるおつまみも本格的。「サンデーロースト」1800円や「フィッシュアンドチップス」1300円など、イギリスの文化を感じられるメニューが豊富です。

池袋からのアクセスも良く、幅広い人々が訪れる今注目の街“大塚”で、気軽に卓球を楽しんでみませんか。

■ping pong ba ピンポンバ
住所:東京都豊島区北大塚2-26-1 ba01 B1F
TEL:080-7171-5744
営業時間:11時30分~23時30分(23時LO、日曜~21時)
定休日:火曜
料金:卓球台1台30分:11時30分~18時500円、18時~23時30分1000円

■参考記事:お泊りしなくてもOK!星野リゾートOMO東京大塚の地下にオトナの遊び場がオープン(配信日:2019.07.24)

Spot.2
【渋谷区】「渋谷卓球倶楽部」デートにぴったり。食事も楽しめるおしゃれ卓球場

渋谷駅から徒歩1分。総合アミューズメント施設・EST 渋谷東口会館の9階にある「渋谷卓球倶楽部」。フードやドリンクを楽しみながら卓球をプレイできる卓球場です。“卓球場”と言っても、その雰囲気はまるでおしゃれなカフェのよう!ブルックリン風の店内は、温かみがあり落ち着いた雰囲気です。

フロアには全15台の卓球台が完備。1台最大6名までの利用が可能で、シューズの無料貸し出しもあり、ブーツやヒールで来店してしまっても安心。
料金は平日700円〜(1台30分)とリーズナブル。10時〜翌5時30分まで営業しているので、休日のグループデートやディナー後の2軒目使いなど、さまざまなシーンで活躍してくれそう。

「4種のソーセージ」550円、オリジナルカクテル「レジュブルー カクテル」500円、「ハイネケン」600円
「4種のソーセージ」550円、オリジナルカクテル「レジュブルー カクテル」500円、「ハイネケン」600円

軽食やお酒が充実しているのもこちらのお店の特徴。
フードメニュー1番人気の4種のソーセージは、小腹を満たしたいときにも、お酒のおつまみとしてもぴったり!

鮮やかなブルーが目を引くオリジナルカクテルは、卓球台カラーをモチーフにしているんだそう。美しい見た目はもちろん、ライムジュースやジンジャエールのさわやかな味わいも魅力。
ここでしか飲めない特別感あるメニューは、マストで頼みたい一杯。ノンアルカクテル 400円もあるので、お酒が飲めないという人も安心です。

ハイネケンなど世界各国のビールもラインナップ。
ほろ酔い気分で行う卓球は、いつも以上にヒートアップ。テンションが上がりまくること間違いなしです!

※現在、アルコール類の提供は休止しています。

■参考記事:なにこれ楽しい!渋谷駅から徒歩1分の卓球場でほろ酔いデート(配信日:2019.04.18)

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は、一部『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください