• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 大阪府
  • 【2022最新】大阪の人気カフェTOP36 ランキング|インスタ映えスイーツや韓国っぽカフェ、台湾カフェ、ランチにおすすめ、話題のNEWオープン店も!
【2022最新】大阪の人気カフェTOP36 ランキング|インスタ映えスイーツや韓国っぽカフェ、台湾カフェ、ランチにおすすめ、話題のNEWオープン店も!

【2022最新】大阪の人気カフェTOP36 ランキング|インスタ映えスイーツや韓国っぽカフェ、台湾カフェ、ランチにおすすめ、話題のNEWオープン店も!

大阪府 食・グルメ カフェ スイーツ デザート インスタ映え
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

おいしいもの満載の大阪で人気のカフェを「るるぶ&more.」公開1週間の閲覧数を元にランキング形式でご紹介します!おしゃれでかわいいカフェが集まる梅田・なんば駅周辺や、ちょっと足を延ばした郊外の個性派カフェなど、どれもおすすめのカフェばかりがランクイン!大阪の最新人気カフェをさっそくチェックしてみてくださいね。

Summary

1.
【梅田】高層ビル最上階で天空カフェランチ!/The 33 Tea&Bar Terrace

「The33 ホワイト&ブラックカレー(ソフトドリンク付)」1980円
「The33 ホワイト&ブラックカレー(ソフトドリンク付)」1980円

JR大阪駅桜橋口から徒歩5分、「ブリーゼブリーゼ」の最上階・33階にある「The 33 Tea&Bar Terrace」。店内は床から天井までが窓になっていて、高層ビルが眼下に一望できる絶好のロケーション!

ランチタイムの数量限定のメニューとして登場し、新たに話題を集めているのが、シーフードのホワイトカレーとビーフカレーのブラックの両方を楽しめる「The33 ホワイト&ブラックカレー」です。ビジュアルがとっても芸術的!見た目と味を両立させた、フレンチのシェフならではの大満足の一皿です。

雰囲気はもちろん、味もサービスも一流の大阪・梅田の天空レストラン。ランチなら2000円以下で楽しめますよ。

■The 33 Tea&Bar Terrace
(ざ さーてぃすりー てぃーあんどばー てらす)

住所:大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ 33階
TEL:06-6347-8633
営業時間:11~16時、17~23時
定休日:不定休

■参考記事:梅田・高層ビル最上階「The 33 Tea&Bar Terrace」で天空カフェランチ【大阪カフェごはん#14】(配信日:2021.12.25)

2.
【長堀橋】台湾出身のリンさんが作る本格台湾ごはんが絶品!/圓子カフェ

「鹹豆漿(シェントージャン)」550円(大盛り+150円)おかず3品セット+250円
「鹹豆漿(シェントージャン)」550円(大盛り+150円)おかず3品セット+250円

長堀橋の「圓子カフェ(まるこかふぇ)」は、台湾出身のリンさんが健康に良い食事をテーマに、スープやタレまで野菜からきちんと作る台湾料理のお店。

豆腐メニューの「鹹豆漿(シェントージャン)」は、台湾では朝ごはんに好んで食べられているもの。豆乳が「澄まし粉」とよばれる食用の石膏でゆっくりと時間をかけて固められているため、舌触りはとてもなめらか。中にはザーサイ、干しエビ、オニオン揚げパン、ネギ、ゴマ油が絶妙の配合で入り、特製のラー油で味をまとめあげます。朝食はもちろん、夜ごはんにも良さそう!

絶品ごはんのほかに、じっくり煮込んだ自家製生姜シロップを使った豆花も人気。楽しくておいしい、そして本格的でヘルシーな台湾料理が味わえる「圓子カフェ」。日々の食事を大事にしたい人におすすめのお店です。

■参考記事:台湾出身のリンさんが作る郷土料理が絶品「圓子カフェ」!大阪で美味しい台湾料理を食べるならココで決まり!(配信日:2021.09.13)

3.
【中崎町】次世代パティシエが主役のニューパティスリー/hannoc

「ニュアージュ」682円
「ニュアージュ」682円

2021年3月に「中崎町駅」からすぐの場所にオープンした「hannoc(ハノック)」。一流ホテルの製菓部門や人気パティスリー出身の若きパティシエ5名が、それぞれの感性を生かしてお菓子作りに励んでいます。

とくに早い時間に売り切れるという、フランス語で“雲”という意味のケーキ「ニュアージュ」は、もこもこのビジュアルが好奇心を刺激!アーモンド風味のジョコンド生地の上に、チョコレートをまぶしたカリカリクレープ、ライムクリーム、いちごのジュレを重ね、これをココナッツムースでくるんでホワイトチョコを吹きつけた逸品です。

■参考記事:大阪・中崎町に「hannoc(ハノック)」がオープン!次世代パティエが主役のニューパティスリーに注目(配信日:2021.04.06)

4.
【天神橋筋六丁目】プリン×あずきミルクの甘々コラボ!絶品台湾かき氷/南所豆花

「プリンあずきミルクかき氷」1155円
「プリンあずきミルクかき氷」1155円

大豆から作る台湾スイーツ・豆花(トウファ)を大阪に広めたカフェ「南所豆花(なんしょとうふぁ)」。小ぢんまりとしたシンプルな佇まいは、台湾の屋台と同じスタイル。先にオーダーを済ませてから、席に着いてスイーツを待ちます。

さまざまな台湾スイーツが揃うこちらでは、かき氷も大人気!全4種あるかき氷のうち、特に話題なのが「プリンあずきミルクかき氷」です。粒あんたっぷりのあずきミルクの上には、さらにプリンもトッピング。ほかの店にはない意外な組み合わせが新鮮です。

自家製のプリンや豆花はテイクアウトもOK。「南所豆花」の台湾スイーツを食べれば、台湾に出かけた気分が味わえちゃうかも!?

■参考記事:大阪「南所豆花(ナンショトウファ)」で台湾かき氷!プリン×あずきミルクの甘々コラボ(配信日:2021.07.25)

5.
【扇町】レトロなアーケード街で見つけた、隠れ家的カフェ/Orange Fields Tea Garden

「本気のたまごサンド(サラダ付き)」960円 +TEA FREE 500円
「本気のたまごサンド(サラダ付き)」960円 +TEA FREE 500円

レトロな雰囲気漂う天神橋筋商店街のちょうど真ん中あたりに位置する、隠れ家的カフェ「Orange Fields Tea Garden(オレンジフィールズ ティーガーデン)」。

こちらで話題のメニューが、小さめ食パン一斤を丸ごと容器にした、その名も「本気のたまごサンド」!中をくり抜いたパンには、大分県のブランド卵「ルビーの瞳」を3つも使用した、とろっと軟らかいスクランブルエッグが、奥までもりもりに詰まっています。オレンジといっても過言でないほど濃い色のスクランブルエッグは、味も比例するかのように濃厚!

単品だけではなくフードとのセットでも注文できる、スリランカから届く約30種類の紅茶のフリーフローも要チェックです。

■Orange Fields Tea Graden(オレンジフィールドティーガーデン)
住所:大阪府大阪市北区天神橋3丁目7-26
TEL:06-6948-6290
営業時間:11~18時(17時30分LO)、木~土曜は~22時(21時30分LO)
定休日:無休(日~水曜はディナー営業休み)

■参考記事:【大阪カフェごはん#4】天神橋筋商店街の隠れ家カフェで見つけた!「本気のたまごサンド」が凄い(配信日:2021.09.30)

6.
【鶴橋】韓国発トゥンカロンがかわいすぎ♡人気沸騰中の韓国スイーツ/MACA PRESSO

「トゥンカロン」(左上から時計回りにミルク、ソルティキャラメル、オレンジ、オレオ)各380円 
「トゥンカロン」(左上から時計回りにミルク、ソルティキャラメル、オレンジ、オレオ)各380円 
「ストロベリーマカチーノ」
「ストロベリーマカチーノ」

大阪・生野コリアタウンに2020年7月にオープンした「MACA PRESO(マカプレッソ)」は、東京・新大久保に次ぐ2店舗目の韓国マカロン「トゥンカロン」の専門店です。

ブルーのマカロンとオレオの黒が目を引く「オレオ」や、塩味をきかせたキャラメルクリームとサクサクのプレッツェルが相性抜群の「ソルティキャラメル」など、「トゥンカロン」はどれもオリジナリティたっぷり。トゥンカロンと人気を二分する、マカロンのせオリジナルドリンク「マカチーノ」は、シャリシャリとしたフローズン状のドリンクにふわふわの生クリームとミニマカロンをトッピング。5種類のマカチーノは、どれも映えるビジュアルです。

ゆったりとテーブルを配置した明るい店内に流れる音楽は、もちろんK-POP。スタッフが韓国語で話す会話が聞こえてきたら、まるで韓国にいるような…。「大阪の韓国」で旅行気分を楽しんで。

■MACA PRESSO(マカプレッソ)
住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-8-11
TEL:06-6484-6654
営業時間:10時~19時30分(19時LO)
定休日:不定休

■参考記事:韓国発トゥンカロンがかわいすぎ♡大阪「マカプレッソ」の人気沸騰中の最新トレンドスイーツを紹介(配信日:2020.09.16)

7.
【平野】韓国インテリアに映えティラミスで気分はソウル!/CAFE no.888

2021年3月に大阪・平野区にオープンした韓国カフェ「CAFE no.888(カフェナンバーエイト)」。工場が立ち並ぶエリアで異彩を放つモノトーンのシンプルな建物の中は、アクリルボックスをテーブルや椅子にした、韓国インテリアそのままのシックでおしゃれな空間が広がります。

「ティラミス」650円、「カフェラテ」530円
「ティラミス」700円、「カフェラテ」550円

一番人気のメニュー「ティラミス」は、エスプレッソをプラスしたチョコスポンジにマスカルポーネがマッチ。甘さ控えめでコーヒーによく合います。透明のアクリルケースのような器に入っていて、これも韓国経由で取り寄せたもの。フルーツの断面も見えて、映えるビジュアルです。

ソウルでも工場が集まるエリアにカフェやかわいいお店ができて人気になっていますが、そんな共通点も韓国カフェマニアにはうれしく感じられますね。

■参考記事:大阪・工場エリアにある韓国カフェ「CAFE no.888」。韓国インテリアに映えティラミスで気分はソウル!(配信日:2021.04.15)

8.
【大阪梅田】体験型ラウンジにも注目/ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ

「ティラミス」748 円(イートインのみ) ※提供は13~22時
「ティラミス」748 円(イートインのみ) ※提供は13~22時

世界で100店舗以上を展開するカリフォルニア発のブルーボトルコーヒーが、2021年7月、待ちに待った大阪1号店を茶屋町にオープン!木材を用いたスタイリッシュながらも暖かみのある空間で、ブルーボトルコーヒーのなかでも国内最大級のカフェです。

バリスタさんが丁寧にドリップしてくれるコーヒーと合わせて味わいたいのが、梅田茶屋町カフェ店限定の「ティラミス」。ブルーボトルのコーヒーを染み込ませた生地と、ティラミスには欠かせないマスカルポーネチーズを使った手作りのクリームを層にし、コク深い味わいに。

また、2階にはブルーボトルコーヒー初の体験型ラウンジ「Sense Lounge(センス ラウンジ)」も。限定メニューやグッズ、空間を満喫して、五感で楽しむ初めてのコーヒー体験をしてみませんか。

■参考記事:大阪に「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」がついにオープン!限定メニューや体験型ラウンジに注目(配信日:2021.09.05)

9.
【天満橋】とってもかわいい、街の小さなパン屋さん/コバトパン工場

天満橋の駅から川を渡ってすぐの場所にある「コバトパン工場」。テイクアウトのお店ですが、晴れた日にはちょっと腰掛けられるテーブル席も出ます。

人気はランチや夜食に食べたいおかずコッペパン!「コバトパン工場」のアイコン的な存在になっている「タマ助」は、人気のタマゴサラダになつかしの赤ウィンナーを挟んで。目の部分はクリームではなくて、別で焼いてつけるという繊細な手作業で作られています。コミカルな表情が愛らしくて、絶対写真を撮りたくなる一品!

右から「たまご焼きそば(小)」194円、「白身タルタル(小)」205円、「タマ助(1サイズ)」194円
右から「たまご焼きそば(小)」194円、「白身タルタル(小)」205円、「タマ助(1サイズ)」194円

実は日本生まれのコッペパン。現在のコッペパンの原型を作ったという「丸十ぱん店」の“十”の文字にちなんで、毎月10日はコッペパンの日だそう。毎月10日になったら、ふわふわ柔らかい「コバトパン工場」のコッペパンを思い出しそうです。

■参考記事:天満橋の「コバトパン工場」で絶対買いたい!かわいく&おいしく進化したコッペパン【大阪カフェごはん#5】(配信日:2021.10.09)


10.
【四天王寺前夕陽ケ丘】漢方たっぷり麺で元気を補給!/台湾料理&ハーブティーカフェ 元気茶房

「薬膳ラーメン(焼酒鶏麺)」1000円
「薬膳ラーメン(焼酒鶏麺)」1000円

天王寺区逢阪エリアにある人気の台湾料理店「元気茶房」。手づくりの温かみある店内は、ついつい長居したくなる居心地のよい雰囲気です。

「元気茶房」で提供される台湾料理は、日本ではメジャーではないけれども実はおいしい!と評判の「薬膳ラーメン」。こちら麺料理なのに、水は一滴も使っていないそう。スープは焼酒鶏(サオチョウジー)という酒で漢方を長時間煮込み、鶏肉を加えたもの。アルコールはすべて飛んでいるので、お子さまが食べても安心です。歯ごたえしっかりの卵麺に、お酒の風味を感じるスープがとっても美味!

台湾料理はもちろん、台湾茶、ハーブティーの種類も豊富なので、ぜひ一息つきに訪れてみて!

■台湾料理&ハーブティーカフェ 元気茶房
住所:大阪府大阪市天王寺区逢阪2丁目4-22
TEL:090-7766-7265
営業時間:11時30分~19時LO
定休日:月・金曜

■参考記事:四天王寺の台湾カフェ「元気茶房」の漢方たっぷり麺で元気を補給!【大阪カフェごはん#9】(配信日:2021.11.01)

11.
【大阪城北詰】文化や芸術を体験!美術館ならではの茶屋/あみじま茶屋

JR大阪城北詰駅からすぐの場所にある「藤田美術館」。2022年4月のリニューアルまで美術館は休館中ですが、施設の一部を開放し先行営業するのが、“食”に関する体験を提案する場として誕生した「あみじま茶屋」です。

「だんごセット」500円
「だんごセット」500円

提供しているメニューは、醤油とあんこの団子が1本ずついただける、「だんごセット」。お茶は抹茶のほか、煎茶、番茶が選べます。器などは若手作家の作品が使われ、力強い質感のお茶碗は伊賀焼、端正で美しいお盆は岐阜県美濃の木工作品。作品である本物の器を手に取り、実際に使う体験ができるのも魅力のひとつです。

“いざ、美術鑑賞!”と肩肘張らずとも自然に、そして気軽に立ち寄れる存在になるべく進化中の「あみじま茶屋」と「藤田美術館」。芸術や日本の文化をより身近な存在として楽しませてくれるネオ美術館&茶屋へ、新しいアート体験をしに出かけてみませんか。

■参考記事:【大阪・京橋】藤田美術館内の「あみじま茶屋」へ。日本茶とお団子を味わってステキな和の文化と伝統を体験(配信日:2021.11.09)


 

s
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください