こんなに華やかなのに1000円以下!絶対に食べてほしい全国の絶品パフェ30選【前編】

こんなに華やかなのに1000円以下!絶対に食べてほしい全国の絶品パフェ30選【前編】

パフェ パフェ巡り フルーツパフェ 抹茶パフェ シメパフェ 食・グルメ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

“パフェ”と聞くと、豪華でお高いイメージがありませんか?実はそんなことないんです!お手頃価格なのに華やかで満足感たっぷりのパフェは、日本全国にたくさん存在しています!今回取り上げるのは一度は食べてほしいおすすめのものばかり。ぜひ、おでかけの際にはお店に立ち寄って味わってみてくださいね。

Summary


北海道を代表する乳業メーカーのパフェ「よつ葉 ホワイトコージ」(北海道)

北海道を代表する乳業メーカーといえば「よつば乳業」。その乳製品が楽しめるとあって、直営のデザートカフェ「ミルク&パフェ よつ葉 ホワイトコージ」は大人気。

こちらは チーズムースと3種ベリーの“極みモンブラン”1000円。
チーズムースやベリーの層の上にチーズペーストをモンブランのように飾り付けした人気の一品です。

■参考記事:さすが酪農王国!ハイレベルな札幌ミルクスイーツ4選(配信日:2019.06.26)

ファクトリーでいただける限定スイーツ「白い恋人パーク」(北海道)

札幌中心地から地下鉄で一本。森の香りがする手稲山の近くにある、お城のような佇まいの「白い恋人パーク」。
こちらのチョコレートラウンジでいただける限定スイーツ「白い恋人パフェ」(756円)は、ISHIYA人気のスイーツたちを一度に食べられる、とっても欲張りなパフェです。

バウムクーヘン「白いバウムTSUMUGI」とミルフィーユ菓子「美冬(みふゆ)」のパイの上に、白い恋人のチョコレートを使用した「白い恋人ソフトクリーム」のミックス。
そして、お決まりの「白い恋人」と、フルーツまでトッピングされていますよ。

■参考記事:ふわ甘の限定スイーツで幸せ!「白い恋人パーク」はおいしくって楽しい(配信日:2018.08.05)

仙台の老舗茶舗パフェ「お茶の井ケ田 一番町本店」(宮城)

「プチずんだパフェ」400円
「プチずんだパフェ」400円

大正時代から続く仙台の老舗茶舗「お茶の井ケ田 一番町本店」。茶葉や茶器のほか、濃厚な風味の抹茶を使ったパフェやソフトクリーム300円~などのスイーツも販売しています。
こちらは「プチずんだパフェ」。抹茶ソフトクリームとずんだ餅は、相性抜群です!

テイクアウトにピッタリの食べきりサイズスイーツは、店内の大正モダン風カフェスペースでも食べられますよ。

■参考記事:絶品仙台グルメ! 必ず食べたい、ずんだスイーツの店3選(配信日:2019.10.02)

果物屋さんの贅沢パフェ「パーラー シシド」(東京)

「パーラー シシド」へは、京王電鉄・東京急行電鉄の下高井戸駅の北口階段を降りてすぐ。
1階は果物やフルーツサンドの販売スペースとベビーカーも入れる飲食スペース。2階には広々としたカフェスペースがあります。

人気なのは、ベーシックな「フルーツパフェ」。
メロン、イチゴ、黄桃、キウイ、パイナップル、ブルーベリーがたっぷり盛られ、なかには生クリームとバニラアイスが。また、底にはゴロゴロとイチゴも入っている贅沢なパフェです。

このボリュームでなんと650円(税抜)!
フレッシュ、かつ高品質なフルーツがこんなにたくさん味わえてこの値段はとってもお得ですね。

■参考記事:これで650円の衝撃!食べごろフルーツがたっぷりの華やかパフェ(配信日:2019.09.25)

チョコミン党必見のさわやかパフェ「喫茶 とりの巣」(東京)

人形町駅から徒歩5分、なにげないビルの2階に「喫茶 とりの巣」があります。小さな立て看板を見ていないと、うっかり通り過ぎてしまいそう。

幸せのミントパフェ 700円(税別)
幸せのミントパフェ 700円(税別)

みてください!このミントパフェ!! 看板メニューの「幸せのミントパフェ」です。幸せの青い鳥からヒントを得て、ミントブルーのパフェを考案したそう。

チョコミントアイス、ミントクリーム、ミントゼリーがモリモリ。真ん中にはバニラアイスも入っています。最後までいろいろな味が登場するので、飽きずにペロリと完食できます。
翼の「フォトスポット」も窓際に用意されていますよ。

■参考記事:ミントブルーが幸せを運ぶ!?隠れ家カフェの鮮やかな“映え”パフェ(配信日:2019.06.09)

ほっこり空間でいただくプリンパフェ「uni CAFE」(東京)

JR錦糸町駅北口から四つ目通り沿いに徒歩5分、シンプルで洗練された雰囲気の外観が見えてきます。こちらが今回ご紹介する「uni CAFE (ウニカフェ)」です。

プリンパフェ 750円(税込)
プリンパフェ 750円(税込)

お店の一番人気メニューが、こちらの「プリンパフェ」。14時からオーダー可能な、豪華でかわいいスイーツです。
彩り豊かなパフェには、驚くほどトッピングがもりもり!実際に食べると、想像以上にフルーツがぎっしり詰まっていますよ。

フルーツはいちご、ブルーベリー、バナナ、みかん、さくらんぼ、カットされた白桃が入っていました。 さらに、パフェの土台とトップの飾りにはチュイル、ミニプリン、バニラアイス、生クリーム、クリームチーズクリーム、ベリーソース、スポンジ生地、クランブルなどが入っています。※パフェの中身は時期によって変わります。

大きなパフェではありませんが、これだけたくさんのトッピングで構成されているのでしっかりと食べ応えがありますよ。

■参考記事:フルーツたっぷりで超華やか!驚くほどトッピングもりもりな贅沢プリンパフェ(配信日:2019.09.22)

カスタマイズして世界にひとつだけのぱふぇを「かぐらちゃかぱふぇ」(東京)

東京メトロ浅草駅から徒歩10分弱、つくばエクスプレス浅草駅からは徒歩1分のところにある、カウンター席とテラス席1つで構成された小さな和カフェ。それが「かぐらちゃかプチ浅草」です。

かぐらちゃかぱふぇ 各 税抜722円
かぐらちゃかぱふぇ 各 税抜722円

看板メニューの「かぐらちゃかぱふぇ」は、「カスタマイズして世界にひとつだけのぱふぇを。」と掲げているように、自分好みのトッピングをカスタマイズして完成するパフェなのです。
自分で選んだ5つのトッピングで盛り付けられたパフェには、仕上げにくまさんが上に乗って登場!とってもキュートでフォトジェニックな仕上がりに。

トッピングの味をひとつずつ確かめてみたり、1度に数種のトッピングを合わせて食べてみたり…。自分の好きなものだけで構成されたカスタマイズパフェで、うっとり幸せ気分に浸りましょう。

■参考記事:浅草観光の新定番!?カスタマイズして作る贅沢な和パフェが絶品(配信日:2019.06.23)

昔ながらの昭和パフェ「Coffee Shop ギャラン」(東京)

上野駅から徒歩1分。レトロな外観の「Coffee Shop ギャラン」が見えてきます。
店頭に置かれているのは、ちょっぴりレトロなサンプル。 道行く人は、これに引き寄せられ、ついお店に入ってしまう…そんな懐かしい雰囲気があふれるお店です。

「チョコレートパフェ」(950円)
「チョコレートパフェ」(950円)

1番人気の「チョコレートパフェ」にはバニラアイス・ホイップクリーム・みかん・さくらんぼを使用。
たっぷりのクリームと大きなアイスは、チョコレートソースとの相性も抜群!食べ進めると、一番下にはみかんが敷き詰められており、甘さになじんだ舌がさっぱり。
最後までおいしくいただくことができますよ。

■参考記事:昭和へタイムスリップ!時間を忘れる上野のレトロな喫茶店(配信日:2019.06.19)

都会の喧騒を忘れてまったり抹茶パフェ「神楽坂 茶寮 本店」(東京)

神楽坂駅より徒歩4分。多くの人で賑わうメインストリートから少し路地に入った、閑静な場所に位置する「神楽坂 茶寮 本店」。
隠れ家的な立地ながら連日多くの人が訪れ、長きにわたり愛される人気店です。

こちらを訪れたらぜひ味わいたいのが、抹茶を使用した和スイーツ。
「お茶香る茶寮の和パフェ」(874円)は、“和素材の集合”がテーマ。 抹茶プリンと抹茶ゼリーの上に、ほうじ茶クリームやアイスクリーム、白玉、小豆など和の食材がふんだんに飾られた贅沢な一品です。

パウンドケーキやグラノーラもトッピングされ、さまざまな食感が口のなかに広がり、飽きることなく食べ進めることができますよ。

■参考記事:開放感たっぷりのテラス席!大人の街・神楽坂で味わう本格和スイーツ(配信日:2019.04.29)

キュートなテーブルで食べる季節のパフェ「Chou de ruban」(東京)

スイーツや軽食を楽しめる中目黒の「Chou de ruban(シュー ドゥ リュバン)」。フラワーショップが運営しているため、店内は花や緑であふれ至福のひと時を過ごせると人気です。

スイーツを食べる時間をさらに楽しくしてくれるのが、こちらのテーブル。
ガラスの下にはグリーンと季節に合わせた造花がディスプレイされ、スイーツをキュートに演出してくれます。

季節パフェ 756円
季節パフェ 756円

お店で一番人気のスイーツが「季節パフェ」。ベースとなる自家製のスポンジケーキはクランベリー味でさっぱりと。生クリームやバニラアイスを重ね、仕上げに季節のフルーツがたっぷりと添えられています。
口当たりが軽く、さらっと食べられるので甘いものが苦手な人にもおすすめですよ。

■参考記事:お花に囲まれて可愛すぎるカフェタイムを!フラワーショップ&カフェ「Chou de ruban」(配信日:2018.09.06)

どうぶつクッキーがのったキュートパフェ「henteco 森の洋菓子店」(東京)

都立大学駅と学芸大学駅のちょうど間、目黒区碑文谷に「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」はあります。
こちらで話題なのが、森の動物たちがちょこんとのったスイーツ!

モンブランパフェ 850円(通年)、どうぶつクッキー 400円
モンブランパフェ 850円(通年)、どうぶつクッキー 400円

今、人気なのがこちらの「どうぶつクッキー」をのせたパフェ!写真は「モンブランパフェ」ですが、プラス400円すれば、メニューにあるどのスイーツにものせられます。

気になるパフェの中身はというと、上部のモンブランクリームの中には、なんとプリンが隠れています!
その下にはチョコレート生地、バニラアイス、ラズベリージャムが。特に、モンブランクリームとプリンは相性抜群!
クッキーにモンブランクリームをのせて食べてもおいしく、いろいろな食べ方できるので飽きずにペロッと食べてしまいます。

■参考記事:ある日、都会の森で出合いました。愛らしさMAXのアニマルパフェ(配信日:2018.08.05)

80年代風!レトロ可愛いパフェ「パフェテラス ミルキーウェイ」(東京)

池袋駅から徒歩1分の「パフェテラス ミルキーウェイ」は、1980年代から営業しているお店。
店内に足を一歩踏み入れると、いたるところに星のモチーフがちりばめられています。お店のロゴもどこかレトロな雰囲気が漂っていてかわいい!

そんな「パフェテラス ミルキーウェイ」の看板メニューは、13星座それぞれをイメージした星座パフェ。自分の星座を選ぶもよし、好きな味から選ぶもよし。迷って2個食べ!なんて人もいるそうです。

その中でも一番人気は「乙女座パフェ」(885円)。2段になったストロベリーアイスにはベリーソースと練乳がかかっていて、絶妙な酸味と甘さがクセになる味です。サクサクのワッフルが羽のように飾ってあり、カラフルな色合いも相まって、これぞ乙女!

どの星座パフェも趣向を凝らしているので、ついついコンプリートしたい気持ちになっちゃいそう!

■参考記事:80年代のレトロかわいいが詰まってる!星に囲まれたパフェテラス(配信日:2018.05.09)

まるで盆栽?フォトジェニックスイーツ「鶴亀樓」(東京)

裏原宿にある「鶴亀樓」へ行くには地下鉄の明治神宮前(原宿)駅を利用するのがおすすめ。5分足らずで到着する駅近な立地も魅力です。

鶴亀盆栽(抹茶パフェ)800円
鶴亀盆栽(抹茶パフェ)800円

こちらが話題沸騰中の盆栽パフェ。味は抹茶、チョコ、ベリーバナナの3種類。なかでも抹茶の盆栽パフェは、あずきバーとたい焼きがまるごと乗った豪快なビジュアルの1品です。

抹茶クリームに抹茶アイス、白玉、小豆など和スイーツに欠かせない王道のトッピングが施された「盆栽パフェ」。
食べる組み合わせを変えながら最後まで飽きずに食べられますよ。

■参考記事:たい焼きが丸ごとどーん!のパフェ。原宿の和食料理店が映えもコスパもスゴい(配信日:2018.07.22)

メイソンジャーにはいったフォトジェニパフェ「CAFÉ ENZO」(埼玉)

JR京浜東北線「蕨駅」から徒歩約10分。昔ながらの住宅街を歩いていくと、パッと目を惹く外観のお店が現われます。ここが、「CAFÉ ENZO」です。

季節限定品も多いということで、今回は定番品の人気商品を教えていただきました。 左から、「キャラメルバナナスモア」「オレオ抹茶」「オレオティラミス」です。左右がジャーケーキ(680円)、真ん中がジャーパフェ(880円)。

ジャーパフェの「オレオ抹茶」の中身は、抹茶スポンジとオレオ、グラノーラです。トッピングにはマシュマロも。
さらに、上にはアイスが盛り付けられていますよ。

■参考記事:甘い味覚の大洪水!住宅街のカフェで楽しむジャーケーキ&パフェ(配信日:2018.11.11)

自由自在にトッピングをカスタムする究極のオリジナルパフェ「山小屋」(神奈川)

JR二宮駅南口から目と鼻の先にある喫茶店「山小屋」。

名物の“オリジナルパフェ”は、700円という手頃な値段でありながら、アイス・フルーツ・ソース・トッピングを自由にカスタムして、この世にたったひとつしかない自分だけのパフェを注文することができるんです!
しかも具材は選び放題&組合せ無限!

今回は、“SNS映え&インパクト大のパフェ”というデザインリクエストのもと、アイスクリーム全8種の中から“洋梨とかぼちゃ”。そして、フルーツは“リンゴ・バナナ・マンゴー”を選択。トッピングにはヨーグルト、ソースはラズベリーをセレクトしました!

完成したパフェがコチラ!まるで翼を広げたファニックスのような、美しく芸術的なパフェです。今回のイメージは、“羽の生えたパフェ”。

一皿一皿細やかな作業が求められるため、混雑時にはオリジナルパフェの提供をストップする場合もあるそう。
確実に味わいたい人は、ランチ後の14時以降の来店をおすすめします!

■参考記事:具材の組合せは無限大!「山小屋」のカスタム型パフェが凄い!(配信日:2019.04.01)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください