鶴岡八幡宮 つるがおかはちまんぐう

康平6年(1063)、源頼義が奥州平定の帰途、京都の石清水八幡宮を由比ケ浜近くにひそかにおまつりしたのが始まり。その後、源頼朝校が現在の地に祀った。四季を通じ美しい風情が楽しめ、古都鎌倉のシンボルとなっている。ソメイヨシノ、ヤエザクラなどの源平池の桜が見事。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 3月下旬~4月上旬
本数 不明
桜の種類 ソメイヨシノほか
夜桜・ライトアップ なし
所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
営業・拝観時間 8時30分~20時30分(社務所)
問合先 0467-22-0315/社務所
料金 境内自由
定休日 無休
交通 交通情報:鎌倉駅東口→徒歩10分。または江ノ島電鉄鎌倉駅東口→徒歩10分/車:横浜横須賀道路朝比奈ICから県道204号経由5km15分
駐車場 あり/40台/1時間600円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鶴岡八幡宮

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください