東京パフェ巡り!スイーツ好きの心をぎゅっとつかむカワイイ!東京のパフェ30選【前編】

「いちごたっぷりいちごパフェ」/ Cafe de Peru

東京パフェ巡り!スイーツ好きの心をぎゅっとつかむカワイイ!東京のパフェ30選【前編】

パフェ パフェ巡り フルーツパフェ シメパフェ アートのようなスイーツ フォトジェニックスイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ハシゴもあり!フルーツパフェ、和パフェ、フォトジェニックパフェ、東京にはときめくパフェがたくさん。お気に入りのパフェを見つけに週末はパフェ巡り! 季節限定、完全予約制、入店待ち必至のお店まで、お出かけ前に要チェックです。

Summary

赤い果肉と青い果肉の2種類のメロンを使ったメロンパフェ [神楽坂]

「赤と青のメロンパフェ」 1750円
「赤と青のメロンパフェ」 1750円

日本と世界から集めた旬のメロンのオリジナルメニューを、カフェとテイクアウトで楽しめるメロン専門店「果房 メロンとロマン」。赤い果肉と青い果肉の2種類のメロンを使ったメロンパフェは、生メロン、メロンクリーム、メロンシャーベット、メロンゼリーを色鮮やかに盛り付けています。これぞ、専門店の贅沢メロンパフェです!

■果房 メロンとロマン
住所:東京都新宿区神楽坂3-6-92
TEL:03-6280-7020
時間:11時30分~17時30分
定休日:月・火曜、年末年始

■参考記事:日本初のメロン工房「果房 メロンとロマン」が東京・神楽坂にオープン!(配信日:2019.08.26)

レトロな「Coffee Shop ギャラン」の1番人気のチョコレートパフェ [上野]

「チョコレートパフェ」(950円)
「チョコレートパフェ」950円

1977年の創業以来、変わらないレトロな雰囲気の店内で、1番人気の昔ながらの「チョコレートパフェ」。飾りすぎない昔ながらの定番パフェの見た目に、思わず「これこれ!」と声が漏れてしまいます!昭和へタイムスリップ!

■参考記事:昭和へタイムスリップ!時間を忘れる上野のレトロな喫茶店(配信日:2019.06.19)

自分好みのトッピングをカスタマイズして完成する和パフェ! [浅草]

かぐらちゃかぱふぇ 各 税抜722円
かぐらちゃかぱふぇ 各722円(税抜)

風情ある街歩きの最中に、浅草気分をさらに盛り上げてくれる和スイーツのお店「かぐらちゃかプチ浅草」では、自分好みにカスタマイズした和パフェが楽しむことができます!自分好みのトッピングで、パフェを仕上げ、くま最中に胸キュン!

■かぐらちゃかプチ浅草
住所:東京都台東区西浅草2-27-11
TEL:03-6231-7490
営業時間:12~22時(水・金・土曜)、12~20時(木曜)、12~18時(日曜)、12~17時(月曜)、(ラストオーダーは閉店時間の30分前)
定休日:火曜

■参考記事:浅草観光の新定番!?カスタマイズして作る贅沢な和パフェが絶品(配信日:2019.06.23)

KAWAIIが具現化された食のテーマパークのカラフルポイズンパフェ [原宿]

「カラフルポイズンパフェ・エクストリーム」(2300円)
「カラフルポイズンパフェ・エクストリーム」(2300円)

アートディレクターの増田セバスチャン氏が手がける、原宿のKAWAII文化を具現化したカフェ・レストラン。非日常的な空間の極彩色の店内に圧倒されます!「カラフルポイズンパフェ・エクストリーム」は、カラフルな生クリームやアイスがたっぷりの看板パフェです。

■参考記事:クレイジーな原宿KAWAIIのカフェレストラン!極彩色の世界はまるでテーマパーク!?(配信日:2018.04.26)

Q-pot.のかわいいアクセサリーがそのままスイーツに! [表参道]

メルティーパフェ~ホイップストロベリー~(ドリンクセット)1890円
メルティーパフェ~ホイップストロベリー~(ドリンクセット)1890円

乙女チックなQ-pot.のアクセサリーが、世界観はそのままにスイーツで提供されています。どこを撮ってもSNS映えする店内!メルティーパフェ~ホイップストロベリー~(ドリンクセット)は、塩ミルクアイスとイチゴの酸味が絶妙なフォトジェニックな一品です。

■Q-pot CAFÉ.表参道本店
住所:渋谷区神宮前3-4-8
電話番号:03-6447-1218
営業時間:11~20時
定休日:無休

■参考記事:食べられるアクセサリー!?「Q-pot CAFE.」がさらにカワイくなって帰ってきた!(配信日:2018.08.13)


季節ごとに通いたい!超贅沢な完全予約制のメガ盛りパフェ [千鳥町]

THE LIVING
THE LIVING

入り口が分かりづらいため、知る人ぞ知る隠れ家カフェ「THE LIVING」。世界中を旅してきたオーナーが、「おいしい!」と感じたものを提供しています。一番人気は季節限定メガ盛りパフェ。季節のフルーツをたっぷり使ったパフェは超贅沢!完全予約制のため予約必須!

■参考記事:噂が広がり大人気!超贅沢な完全予約制のメガ盛りパフェ(配信日:2019.07.16)

期間限定「栗のパフェ」は器にあふれんばかりの栗づくし! [都立大学]

「栗のパフェ」(1200円)
「栗のパフェ」1200円

駅から少し離れたロケーションのため、ちょっとした穴場感もあって居心地も抜群の「カーピーパーラー」。これから冬にかけて旬を迎える「栗」を使った、期間限定の「栗のパフェ」は、とにかくモンブランの量がすごいです!

■カーピーパーラー
住所:東京都目黒区中根2-5-10
TEL:03-6459-5895
営業時間:10時30分~18時
定休日:水曜、不定休

■参考記事:モンブランクリームの量がとにかくスゴい!まるでケーキな「栗のパフェ」(配信日:2018.11.21)


老舗純喫茶「白鳥」のフルーツパフェに心ときめく! [小岩]

「フルーツパフェ」(770円)
「フルーツパフェ」770円

昔ながらの老舗純喫茶が多いことでも知られる小岩は、名店と呼ばれるお店も数多く存在しています。喫茶店「白鳥」もその一つ。1976年の創業から40年以上も愛され続けてきた、小岩住民の憩いの場「白鳥」の一番のオススメは、創業当時から変わらない懐かしの「フルーツパフェ」!

■参考記事:飲む前にちょっと寄りたい!乙女ゴコロをくすぐる「小岩」の散策コース(配信日:2018.11.05)


パフェの頂上にブリオッシュ!?新宿のモードすぎる“女優パフェ” [新宿]

「季節のパフェ」(1836円)
季節のパフェ1836円

アパレル会社が手がけるレストラン「SALON BAKE & TEA」のパフェの高さは30cmものビックサイズ。アゴの高さまでありボリューム満点。なにやら普通のパフェと違う?今まで見たことのないスイーツが頂上に鎮座しています!

■参考記事:パフェの頂上にブリオッシュ!?新宿のモードすぎる“女優パフェ”に釘付け(配信日:2018.09.26)

紅茶専門店による“紅茶のためのパフェ”は感動の味! [吉祥寺]

「キャラメルと洋梨の紅茶パフェ」(ドリンクセット1850円)
「キャラメルと洋梨の紅茶パフェ」(ドリンクセット1850円)

週末には行列をなすほど人気の紅茶専門店「ティーサロンジークレフ」のお客さんのお目当ては1年を通して人気の「キャラメルと洋梨と紅茶のパフェ」!紅茶、キャラメル、洋梨の素材をふんだんに使ったスイーツを楽しむことができます。

■参考記事:行列のできる紅茶専門店!「ジークレフ」の紅茶×キャラメル×洋梨のパフェが絶品!(配信日:2018.09.13)

キュートなテーブルで食べたい絶品フルーツパフェ [中目黒]

季節パフェ 756円
季節パフェ 756円

フラワーショップが運営しているため、店内は花や緑であふれ至福のひと時を過ごせると人気の「Chou de ruban」の一番人気のスイーツが「季節パフェ」。口当たりが軽く、さらっと食べられるので甘いものが苦手な人にもオススメ!

■参考記事:お花に囲まれて可愛すぎるカフェタイムを!フラワーショップ&カフェ「Chou de ruban」(配信日:2018.09.06)

ある日、都会の森で出合いました。愛らしさMAXのアニマルパフェ [碑文谷]

モンブランパフェ 850円(通年)、マンゴーチーズパフェ 900円、どうぶつクッキー 400円
モンブランパフェ 850円(通年)、マンゴーチーズパフェ 900円、どうぶつクッキー 各400円

都会に現れた童話のようなカフェ「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、ウッドテイストのナチュラルな雰囲気。人気なのが森の動物たちがちょこんとのった「どうぶつクッキー」をのせたパフェ。「モンブランパフェ」にはなんとプリンが隠れています!

■参考記事:ある日、都会の森で出合いました。愛らしさMAXのアニマルパフェ(配信日:2018.08.05)

目にも鮮やか!絶対食べたいアーティスティックなパフェ [巣鴨]

「完熟桃のパフェ」(1400円)
完熟桃のパフェ1400円

生菓子から焼菓子まで種類豊富なスイーツが揃う洋菓子店「PÂTISSERIE Yoshinori Asami」で注目を浴びているのが、フランスで修業したオーナーシェフが作り出す、こぼれ落ちそうなトッピングが目を引くパフェ!花びらをイメージしたピンク色のチョコレートやメレンゲは見ているだけでハッピーに!

■参考記事:パーフェクトなパフェでご機嫌になれる!こぼれ落ちそうなトッピングは必見(配信日:2018.08.10)

想像を超えるボリュームのフルーツ尽くしの名物パフェ [新宿]

「フルーツパフェ」(1100円)
フルーツパフェ(1100円)

さまざまな飲食店が入れ替わりながら林立する新宿に、ひっそりと人気を集め続けている「珈琲西武」は開業から50年以上経つ老舗の喫茶店。昭和の香りが残るレトロな内装が居心地がよいほかにも人気の理由は、フルーツ尽くしの名物パフェ!

■参考記事:これでもか!とフルーツを盛り込んだ「喫茶西武」のボリュームパフェに大満足!(配信日:2018.07.01)

繊細な味わいのシーズナルパフェに、毎月ワクワク! [代々木上原]

酒粕 ジンジャー ショコラ
酒粕 ジンジャー ショコラ

ジェラートにクリーム、メレンゲ、クッキー…考えただけでも思わず笑顔になってしまうスイーツを、みずみずしいフルーツやハーブと重ね合わせた月替わりの「シーズナルパフェ」が大人気の「BIEN-ETRE」。まるで宝石のような1杯に夢中になる女子が続出!

■参考記事:計算された見た目と味わいのマリアージュ!女子の大好きが詰まった幸せの月替りパフェ(配信日:2018.06.23)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください