広島県でおすすめのいちご狩り2020(時期:12月~6月)食べ放題が人気!

豊平どんぐり農園

広島県でおすすめのいちご狩り2020(時期:12月~6月)食べ放題が人気!

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
冬におすすめ 春におすすめ いちご狩り 食べ放題 デート 味覚狩り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

広島県(三原・三次など)でおすすめのいちご狩りスポットをご紹介。収穫時期は12月上旬~6月下旬(予定)のスポットがあります。品種は「かおりの」、「紅ほっぺ」など。食べ放題、収穫がラクな高設栽培あり、車椅子OKなどの特徴が人気。甘いいちごをたっぷり楽しみましょう。

Summary

白龍湖観光農園(広島県/三原市)

[特徴] 高設栽培あり車椅子OK

広島空港に近い緑に育まれた農園。12~5月はイチゴ狩り、8~10月は梨狩り、ぶどう狩り、通年パークゴルフを営業。イチゴ園では、ハウス7棟で章姫、紅ほっぺなど約2万5000株を栽培。

白龍湖観光農園
  • <いちご狩り情報>
  • 収穫時期:2019年12月上旬~2020年5月下旬
  • 採れる品種:章姫、紅ほっぺ、かおり野、おいCベリー(12月上旬~5月下旬)
  • 料金:40分食べ放題。大人1900円、小人(小学生)1400円、幼児(3歳以上)800円、3歳未満無料、料金は季節により異なる、※一度イチゴ園を出た後の再入園は再度料金が必要
  • 営業時間:受付時間9~16時(熟したイチゴがなくなり次第終了)
  • 定休日:無休
  • 予約:予約不要(先着順のため、当日分なくなり次第終了)
  • 持ち帰り:不可
  • ジャム作り体験:なし
  • 高設栽培:あり
  • 車椅子入園:
  • その他の味覚狩り:梨、さくらんぼ、ぶどう
  • URL:https://hakuryuko.net/fruit/

果実の森公園(広島県/三原市)

[特徴] 高設栽培あり

四季を通して、1年中果実が実る白龍湖近くのフルーツランド。初夏から夏にかけてさくらんぼ、ブルーベリーの味覚狩りを行っている。そのほか味覚狩りが楽しめる果実は、冬はイチゴ、秋はぶどう、梨、りんご、キウイフルーツなど。園内ではジェラートなどが味わえ、おみやげにも好評だ。

果実の森公園
  • <いちご狩り情報>
  • 収穫時期:2020年1月下旬~5月上旬
  • 採れる品種:レッドパール、さちのか、紅ほっぺ、ほか
  • 料金:30分食べ放題(参考価格):中学生以上1900円、小学生1500円、幼児(3歳以上)900円 ※変更の可能性あり
  • 営業時間:10~16時
  • 定休日:無休(12~3月は一部休館施設あり)
  • 予約:予約不要
  • 持ち帰り:不可
  • ジャム作り体験:なし
  • 高設栽培:あり
  • 車椅子入園:不可
  • その他の味覚狩り:さくらんぼ、ブルーベリー、ぶどう、梨、りんご、キウイフルーツ
  • URL:http://www.kajitsunomori.co.jp/

豊平どんぐり農園(広島県/山県郡北広島町)

[特徴] 高設栽培あり車椅子OK

6~8月までブルーベリー狩り、7月上旬~8月下旬までトマト狩り、8~10月までぶどう狩りが楽しめる。フレッシュなブルーベリースムージーやイチゴスムージーも毎日販売している。広島市内から車で約1時間、道の駅豊平どんぐり村のすぐ近くにある。コースにより要予約、生育状況を来園前に必ず要確認。

豊平どんぐり農園
  • <いちご狩り情報>
  • 収穫時期:2019年12月中旬~2020年6月下旬
  • 採れる品種:紅ほっぺ(12~6月)、おいCベリー(12~6月)、かおり野(12~6月)、章姫(12~6月)、やよいひめ(12~6月)、おおきみ(12~6月)、もういっこ(12~6月)、とちおとめ(12~6月)、カレンベリー(12~6月)、よつぼし(12~6月)
  • 料金:40分食べ放題:中学生以上1750円、小学生1550円、3歳以上800円
  • 営業時間:10~16時(イチゴ狩りのみ土・日曜、祝日は9時~)
  • 定休日:月・火曜(祝日の場合は営業)
  • 予約:予約可(電話での予約優先、20名以上の団体は要予約)
  • 持ち帰り:可/要問合せ
  • ジャム作り体験:なし
  • 高設栽培:あり
  • 車椅子入園:
  • その他の味覚狩り:トマト、ブルーベリー、ぶどう
  • URL:http://www.donguri-farm.jp

平田観光農園(広島県/三次市)

[特徴] 高設栽培あり

初夏のさくらんぼや夏の桃狩りほか、春のイチゴ、秋のりんご、ぶどうなど1年中果物狩りが楽しめる大型観光農園。さくらんぼ狩りは西日本では珍しく、真っ赤にすずなりに実るさくらんぼは見るだけでも楽しめる。園内にはカフェレストラン「noqoo」やバーベキューハウスもあり、食事処も充実している。

平田観光農園
  • <いちご狩り情報>
  • 収穫時期:2019年12月8日~2020年6月上旬(いちごディスカバリーは1月~5月下旬)
  • 採れる品種:よつぼし、紅ほっぺ、章姫、かおりの
  • 料金:40分食べ放題(1パックお土産付、税別)。12月:大人2500円、小学生2300円、幼児(3歳以上)1700円、1月:大人2300円、小学生2100円、幼児(3歳以上)1500円、2月以降:大人2100円、小学生1900円、幼児(3歳以上)1300円※幼児はお土産なし。いちごディスカバリー(20分食べ放題+スイーツ作り体験)大人2500~2300円、小学生2300~2100円、幼児(3歳以上)1250~850円(幼児はスイーツ作り体験なし)※すべて税別
  • 営業時間:10~17時(12~2月は~15時)
  • 定休日:期間中無休(12~2月は木・金曜)
  • 予約:完全予約制
  • 持ち帰り:不可
  • ジャム作り体験:なし
  • 高設栽培:あり
  • 車椅子入園:不可
  • その他の味覚狩り:さくらんぼ、プラム、りんご、ぶどう、桃、梨、栗、西洋梨、ブルーベリー
  • URL:http://www.marumero.com/
  • 気候や生育状況により、情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず農園にご確認ください。
  • 「駅近」とは、最寄り駅より徒歩10分以内の施設を指します。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください