プラス1テクで即イメチェン!自撮りしたくなる春のカラーアイメイク

プラス1テクで即イメチェン!自撮りしたくなる春のカラーアイメイク

ライフスタイル ライフスタイル メイク ポイントメイク アイメイク デート
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

やわらかな日差しに心もウキウキ弾む季節は、髪を切ったり洋服を買ったり、おしゃれ欲が高まりますよね。そんな時こそ思い切って新しいメイクにも挑戦したい!そこで、普段のメイクにプラスしたり少し変えたりするだけでイメチェンできる3つのポイントをご紹介。さらに、イメチェンした自分は自撮りしたくなるもの!自撮りが映える旬のフォトスポットもあわせてご提案します。

Summary

定番のブラウンアイシャドウをピンクにチェンジ!

春のトレンドカラーといえばピンク!「腫れぼったくなる」「ちょっと派手かも…」と敬遠しがちなピンクですが、使い慣れたブラウンシャドウの上から重ねれば取り入れやすくなるうえに印象もがらりと変わります。ラベンダー寄りのピンクをチョイスすると大人っぽく仕上がり、トレンド感もアップ!

<HOW-TO>
ピンクのアイシャドウを指に取ったら、いつも通りブラウンのアイシャドウを塗ったアイホール中央部分だけにポンポンと置くようにのせます。中央のみに塗ることと指でポンポン塗りすることで春らしい軽やかさを演出!

マンネリアイブロウをほんのり暖色カラーにイメチェン!

顔の印象を左右する眉は、ほんのり赤みや黄みのある暖色カラーのアイシャドウを重ねることで簡単にイメチェンが可能。しかも顔全体に統一感が出て、いつものブラウン眉の延長線として挑戦しやすいのでおすすめです。

<HOW-TO>
いつものように眉を描いたら、暖色カラー寄りのブラウンアイシャドウをチップに取り、眉になじませるようにのせます。
1を2〜3度繰り返して好みの濃さに仕上げましょう。

ワンパターン化した黒&茶のアイラインをカラーにチェンジ!

メイク上級者さんのためのものだと思いがちな「カラーアイライン」。でも、色味の濃いものを選べば目元が浮かずに失敗しません。例えば深みのあるボルドーやネイビーなど。今回はピンクのアイシャドウに合わせてレッド系のアイライナーをチョイス!

<HOW-TO>
1.黒目の終わりからラインを引き、目尻は2〜3mm長めに伸ばします。

左:普段のメイク、右:春のカラーアイメイク
左:普段のメイク、右:春のカラーアイメイク

写真左の普段のメイクと比べると、春のカラーアイメイクをしたほうは格段に華やかさがプラスされました!いつものメイクを少し変えるだけで脱マンネリが叶う3つのポイントは、どれも手持ちのアイテムでトライできるものばかり。イメチェンした自分なら、もっと自撮りに自信が持てるかも!?

自撮りが映える、おすすめスポットも合わせてチェックしてみてくださいね。


監修・photo:大西マリコ
ライター、西洋占星術家。美容ジャンルを中心に取材執筆する一方、西洋占星術を用いて占い師としても活動中。ライターとしてのライティング力を活かし、「美×星座」のコンテンツ作成が得意。http://mariko-onishi.com/

※当記事の情報は、編集部の取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください