シーサイドに創りあげられる10日間だけの夢の空間「逗子海岸映画祭」が今年も開催!

シーサイドに創りあげられる10日間だけの夢の空間「逗子海岸映画祭」が今年も開催!

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
イベント NEWS 映画祭 海岸 オープンエア 映画
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

海岸に10日間だけ現れる、夢のような世界。2018年4月27日(金)~5月6日(日)、今年も神奈川県逗子海岸にて「逗子海岸映画祭」が開催されます。日中は、自然やその背景にある文化、音楽、食などが楽しめるイベントを、日没には波音と星空を背景に映画を楽しむ、そんな非日常的な空間と時間を体験してみませんか?

Summary

9年間の活動の軌跡と世界のつながりを感じる映画祭

「逗子海岸映画祭」は、世界を旅する野外映画館プロジェクト「CINEMA CARAVAN」プロデュースによる屋外型の映画祭。2009年のスタート時からすべて手づくりという会場制作にはじまり、同イベントを通し、世界とのつながりの扉を開く活動が続けられてきました。

さまざまなプログラムに加え、テーマに合わせたフードの提供も

各日に設けられたテーマに合わせ、日替わりのメニューを提供するフードコートや、「砂浜のスケートランプ」「メリーゴーラウンド」など、さまざまなブースが登場。

まるで異国の市場のような「バザール」でのショッピングや、波の音を聞きながらマッサージが体験できるリラクゼーションブースも。

人数限定の「海のレストラン」や、毎日開催されるビーチヨガ、ビーチサッカーなどのプログラムは予約必須です!

日没の海岸で上映される映画の数々。今年のオープニング映画はあの名作!

2016年に公開されロングランを記録した「この世界の片隅に」を皮切りに、10日間の上映が始まります。空には星空、背景には海という絶好のロケーションで国内外の優れた映画を楽しめます。

最終日は、CINEMA CARAVAN代表 志津野雷氏のオリジナル作品「Play with the Earth」の最新バージョンをお届け。昨年、映像に合わせた生演奏で上映され、好評を博したという作品は、より心に響く深い作品となっています。

上映される映画や、プログラムのスケジュール、企画の詳細などは随時公式サイトにて更新されるので確認を忘れずに。

幻想的で、非日常的な夢のような時が過ぎると、余韻だけを残したまま海岸は何事もなかったかのような元の静けさに。この10日間、あなたもぜひ体験してみて。

■逗子海岸映画祭
開催期間:2018年4月27日(金)~5月6日(日)
開催場所:〒249-0007 神奈川県逗子市新宿1丁目4(国道 134 号線沿い)
問い合わせ:info@zushifilm.com
営業時間:11時開場(4月28日、5月1日、2日の平日は15時開場)
料金:映画 / 一般 1500円 高校生以下無料 ※要身分証明書
逗子市民は身分証明書の提示により500円 ※要身分証明書
チケット販売開始時間は開場の1時間前から
定休日:会期中無休

公式サイト:https://zushifilm.com/

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください