京都市外の穴場のおすすめ紅葉名所2022~一休寺、浄瑠璃寺など~

府立笠置山自然公園/笠置町

京都市外の穴場のおすすめ紅葉名所2022~一休寺、浄瑠璃寺など~

秋におすすめ 紅葉 紅葉狩り 紅葉ライトアップ 寺社 公園
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都市外のおすすめ紅葉名所(例年の見頃時期:11月上旬~11月下旬)をご紹介。京都市内から少し離れた郊外にも、一休寺(酬恩庵)や浄瑠璃寺など、ツウならぜひ訪れてほしい紅葉名所がたくさんあります。市内の喧騒に疲れたら郊外にも足を伸ばして、風情ある紅葉を楽しんでみてくださいね。

Summary

一休寺(酬恩庵)(京都府/京田辺市)

一休寺(酬恩庵)

水野 克比古

一休禅師が晩年を過ごした寺。鎌倉時代に妙勝寺として創建、その後兵火に遭ったが、一休が康正年間(1455~56)に再興、酬恩庵と号した。今では一休寺の別名で知られる。一休は81歳で大徳寺住職となった時もここから通い、88歳で没した。苔におおわれ、しっとりと風情のある境内に本堂(重要文化財)、方丈(重要文化財)、庫裏(重要文化財)が立ち、方丈庭園と虎丘庵[こきゅうあん]は名勝に指定されている。秋にはイロハモミジなどがあでやかに色づき、紅葉を楽しむことができる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:境内の苔と紅葉のコントラストがおすすめ
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、高校生400円、中学生300円、小学生200円、団体(30名以上)450円
  • 時間:9~17時(宝物殿は9時30分~16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.ikkyuji.org/

浄瑠璃寺(京都府/木津川市)

浄瑠璃寺

(C)浄瑠璃寺

寺伝によると、永承2年(1047)創建の西小田原寺[にしおだわらでら]を前身とする。平安貴族が憧れた浄土を形にした寺といわれ、浄土式庭園(史跡・特別名勝)を挟んで本堂(国宝)と三重塔(国宝)が向かい合う。嘉承2年(1107)建立の本堂には、藤原時代の木造阿弥陀如来坐像(国宝)が9体祀られ(5年計画で順次修理中)、穏やかな表情の四天王立像(国宝)なども安置。鎌倉時代の妖艶な秘仏吉祥天立像(重要文化財)は1月と春秋に開扉される。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~下旬
  • 主な標高:175m
  • 主な紅葉樹種:カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:庭の散策
  • <基本情報>
  • 料金:無料(本堂参拝の場合は有料)
  • 時間:9~17時(12~2月は10~16時)※入園は閉園30分前まで
  • 休み:無休

府立笠置山自然公園(京都府/相楽郡笠置町)

府立笠置山自然公園

笠置町

笠置山上に位置し、1300年の歴史をもつ笠置寺境内にある「もみじ公園」では、時期になると鮮やかに敷き詰められた落ち葉とともに、真っ赤に染められた紅葉が見られ、夜のライトアップもみどころ。また、笠置山の麓には、木津川の美しく見事な渓谷も見られる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~下旬
  • 主な標高:289m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:笠置寺境内のもみじ公園
  • <ライトアップ>
  • 期間:2022年11月1~30日
  • 時間:17~21時
  • <基本情報>
  • 料金:大人300円、中学生100円 ※ただしライトアップ時間中は無料
  • 時間:散策自由、拝観受付8~17時(冬期は~16時)、ライトアップ期間中は~21時まで拝観可
  • 休み:散策自由
  • URL:https://kasagi-rock.kyoto/
  • 掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください