京都府のお花見・桜の名所(2022年最新)夜桜・ライトアップや桜祭りも

醍醐寺(京都市伏見区)

京都府のお花見・桜の名所(2022年最新)夜桜・ライトアップや桜祭りも

春におすすめ お花見 夜桜 桜ライトアップ 桜祭り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都府でおすすめのお花見・桜の名所を、「さくら名所100選」の仁和寺や嵐山、醍醐寺、笠置キャンプ場をはじめ31件ご紹介。例年の見頃時期が3月中旬から5月上旬までのスポットがあります。夜桜・ライトアップや桜祭りなど、2022年の情報をチェックしてみて。

Summary

大沢池(京都府/京都市右京区)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月上旬

No Image

平安初期、大覚寺が嵯峨天皇の離宮だった時代に、造園されたもの。周囲約1kmの池の堤には、桜や紅葉が植えられ、池の中には天神島と菊ケ島間に庭湖石を配置する。桜の開花時期には薄桃色に彩られた大沢池の景色が楽しめる。また、勅使門前のシダレザクラ(4月中)も美しい。北には、百人一首の藤原公任[ふじわらのきんとう]の歌で知られる名古曾[なこそ]の滝跡とする滝組跡も残る。古来、観月の名所としても知られる。

  • <桜・お花見情報>
  • 桜の本数:約500本
  • 桜の主な種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラほか
  • URL:https://www.daikakuji.or.jp/

【西山】…勝持寺、善峯寺

勝持寺(京都府/京都市西京区)

[例年の見頃時期] 4月上旬

勝持寺

役行者が開き、最澄が再興したが、仁寿2年(852)に勝持寺と改名したと伝える。西行がここで庵を結び1株の桜を植えて吟愛したことから、この桜を「西行桜」と呼び、以後「花の寺」と親しまれるようになった。春は境内が桜でおおわれる。本尊に薬師如来像(重要文化財)を祭り、近年まで預かっていた如意輪観音半跏像(国宝)は、東隣の願徳寺(料金:300円、2月のみ要予約)で拝観できる。

  • <桜・お花見情報>
  • 桜の本数:約100本
  • 桜の主な種類:ソメイヨシノほか
  • URL:http://www.shoujiji.jp/

善峯寺(京都府/京都市西京区)

[例年の見頃時期] 4月上旬~中旬

善峯寺

京都 西山善峯寺

山中にある西国第20番札所。3万坪の境内地には山門、本堂、多宝塔、薬師堂などの諸堂が立ち並ぶ。春にはシダレザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなどが美しく咲き、特に桂昌院が手植えした樹齢300年におよぶシダレザクラが有名。樹齢600年を誇る遊龍の松[ゆうりゅうのまつ](天然記念物)は、横に長く見事な幹を延ばしている。寺は長元2年(1029)恵心僧都の高弟・源算上人の開基。応仁の乱で衰退し、その後、桂昌院により復興した。

  • <桜・お花見情報>
  • 桜の本数:100本
  • 桜の主な種類:シダレザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、ボタンザクラ
  • URL:http://www.yoshiminedera.com/

【山科・醍醐】…醍醐寺、毘沙門堂など

醍醐寺(京都府/京都市伏見区)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月上旬

[特徴] 桜祭りさくら名所100選

醍醐寺

醍醐寺

真言宗醍醐派の総本山で、京都府下最古の木造建築である五重塔がある。一山の総門から仁王門までの間を「桜の馬場」といい、春には道の両脇に植えられた桜並木をはじめ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約1000本の桜が咲き誇る。醍醐寺は、慶長3年(1598)春に、太閤・豊臣秀吉が秀頼、北政所、淀殿など約1300名を従えて「醍醐の花見」を催したことでも有名。

桜祭り「豊太閤花見行列」
期間:2022年4月10日(日)
» 桜祭りの詳細

  • <桜・お花見情報>
  • 桜の本数:約1000本
  • 桜の主な種類:ヒガンザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ
  • URL:https://www.daigoji.or.jp/
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください